ポータブル電源でリモートワークtop

車中泊にあると便利な「ポータブル電源」、その種類と選ぶ基準とは?!



快適な車中泊のためには、もはやなくてはならないアイテムとなっている「ポータブル電源」。

筆者も車中泊の頻度が上がるにつれ、サイズやパワーの違うポータブル電源をいくつか所有するようになりました。

実は筆者が車中泊をはじめた3年ほど前は、IHクッキングヒーターなどの高出力家電を動かすことのできるポータブル電源というのはなく、車中泊時の調理家電は選択肢も少なかったため、車内調理時にとても苦労したのを覚えています。

しかしこの数年でポータブル電源の性能も上がり、いまでは電子レンジやドライヤーを問題なく使える大容量・高出力のポータブル電源も数多くのメーカーから販売されています。

実際ハイパワータイプのポータブル電源を使用するようになって、車中泊時の不便がかなり解消されたように思います。

容量や出力などに違いのある、バリエーション豊かな数多くのポータブル電源が発売されましたが、その反面、あまりの数の多さに「どんなポータブル電源を選んだらいいのかわからなくなってしまった」という方も多いかもしれません。

そこで今回の記事では、車中泊の必須アイテムとなりつつある「ポータブル電源」を大きく3タイプにわけ、選ぶ際のポイントや基準、使用に最適なシーンや、どういった方におすすめなのかなどをご紹介していきたいと思います。

車中泊のためにポータブル電源を購入したい!数や種類が多すぎてどれを選んだらわからない・・・、という方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

「車中泊・ポータブル電源」は、パワー別に3タイプ!

vanに乗るポータブル電源

現在販売しているポータブル電源は、大きさや容量・出力、値段別に3つほどに分類できると思います。

その3つのタイプとは、

①300W程度の定格出力で小型軽量&低価格タイプ
②定格500〜800W程度で持ち運びもしやすい大きさのタイプ
③IHや電子レンジも使えるような大容量&ハイパワー(定格出力1000〜3000Wほど)でかなり大きく重量もあるタイプ

となります。

ではこの3タイプは、それぞれどのような特徴があり、どんな場面で使うことができるのでしょうか。

すべてのタイプのポータブル電源を使用したことがある筆者が、ひとつずつの特徴や「どのような用途に向いているのか」「どういう方に最適なのか」などを、以下でご紹介していきます。

スルガ銀行キャンピングカーローン

容量・出力別ポータブル電源1.小型・軽量タイプは購入しやすい低価格が魅力

ポータブル電源で仕事

①300W程度の定格出力で小型軽量&低価格タイプ」は、定格出力が200〜300Wほど、容量も200〜300Wh程度のポータブル電源を指します。

価格も3〜4万円ほどのお値段で購入が可能。

お値段も安く小型軽量で持ち運びもしやすいため、特にポータブル電源を初めて購入する方や、車中泊初心者さん、別に容量の大きいポータブル電源を持っている方のサブ機としておすすめです。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどの充電ももちろんOKですし、短時間&低温であれば電気毛布を使うこともできます。

朝までしっかり冷暖房器具を使用したいのであれば、もうすこし大容量&パワーの大きいタイプ方が良いとは思います。

しかしそもそも車中泊にあまり慣れていない方が、灼熱の真夏や極寒の冬時期に車中泊をすること自体あまりおすすめできません。

春秋など比較的気温が落ち着いた、車内で長時間過ごすのに最適な季節の車中泊時の使用で、かつ電気を使っての車内調理等を想定していないのであれば、小型軽量&低容量のポータブル電源がぴったりだと思います。

次のページ▷ 定格出力500以上はのものは?