アイキャッチ

オーストラリアで人気のルーフラックは、趣味にあわせて最適なものを選ぶのがおすすめ!



こんにちは、オーストラリアパース在住のbemntyです。

オーバーランダーやキャンプが本場のオーストラリアですが、アウトドア用具を収納するためにセットアップされたオーバーランダーの車の殆どには、ルーフラックが取り付けてされています。

市場にはさまざまなオプションがあり、あらゆる要件に適合するものがあります

そのため、さまざまな種類の中で、何に使用できるか、合法的にどれだけの重量を運ぶことができるか、ということについて少し知っておく必要があります。

今回は本場オーストラリアのオーバーランダーやキャンプ用にセットアップされた車に多く見られる、ルーフラック、キャリアーのご紹介させていただきます。

ルーフラックの目的

写真1

ルーフラックの目的は、主にセカンドバッテリーに電力を供給するソーラーパネルなど、車外により多くの収納をすることです。

マウンテンバイク、サーフボード、カヤック、ルーフトップテントなど、一般的には車の屋根の上で輸送することができます。

そのようなアウトドアグッズを、車の外に保管する必要があるときには、ルーフラックの存在はとても便利です。

ガソリン、ディーゼル、LPGボトルなどの燃料は、車内で臭いがすることもあるため、ルーフラックの上によく見られます。

スルガ銀行キャンピングカーローン

ルーフラック、キャリアーの種類

ルーフバー

ルーフバー

ルーフバーは、最も軽量であり、機能の少ないラックになります。

釣り竿や軽量のテント、サーフボード、またはバーの上に気軽に何かを取り付けたいだけの場合、完璧な解決策になります。

ルーフバーの欠点は、物を固定するための表面があまりないため、持ち運びできるものにかなりの制限があることです。

ただし、カヤック、サーフボード、釣り竿、キャンプテーブル、テントなどの長いアイテムを積載したい人には理想的です。

ラック自体軽量であるため、車両の積載量において貴重な重量を無駄に使うことはありません。

バスケット

バスケット

バスケットは文字通りのもので、さまざまなギアを入れることができる金属製のバスケットで、エッジが側面を囲い、その間にメッシュがあります。

バスケット自体は軽量であり、 標準のルーフバスケットはとても気軽なオプションです。

取り付け場所については、クロスバーへの取り付けが一般的です。

フルレングス ケージ

ルーフラック2

このタイプはオーストラリアの市場で人気のあるルーフラックであり、バスケット以上に丈夫な造りとなっています。

周りがしっかり囲われているため、大きなアイテムを積載させることができます。

長期でオーバーランダーする際、持ち運ぶ必要のあるギアがたくさんある場合が多く、そんな時にはフルレングスケージは人気のあるオプションです。

シングルキャブとデュアルキャブがあり、目的や用途に合わせて選ぶことができます。

プラットフォーム

ルーフラック3

オーストラリアで最も人気のあるのは、プラットフォームタイプのルーフラックです。

さまざまなサイズで提供され、ギアを固定するには便利なフラットベースになります。

そのため、さまざまなアイテムを固定することができることから、単純なクロスバーよりも用途が広く、カヤックやソーラーパネルなどの特定のアイテムを取り付けるのにも最適です。

ただし、プラットフォームはクロスバーに取り付ける必要があるものもあるので、その場合は両方の重量を考慮する必要があります。(写真のプラットフォーム ラックはクロスバーが必要でないタイプになります)

アップライトトラックのトレイラック

ピックアップトラック

オーストラリアではピックアップトラックが1番人気の車種だということを以前にご紹介しましたが、ピックアップトラックの荷台へルーフテントを取り付けする際、トレイラックタイプにしている姿をよく見かけます。

トレイラックを取り付けすることで、ルーフテントを荷台の高い位置に取り付けることができ、荷台には荷物を積めるスペースも確保できるという便利なラックです。

次のページ⇨ 積載量やルーフの素材について詳しく解説します!