レンタルキャンピングカーを利用すると得する?損する?うまく活用して旅を楽しもう!!



「欲しいけれど、使いこなせるかどうか不安」

「忙しくてそんなに使わない気がする…」

そんな方にお勧めなのがレンタルキャンピングカーだ。

少し前まではキャンピングカーをレンタルする会社は少なかった。

あったとしても用意されている台数が限られていて、あまりポピュラーとは言えなかったが、昨今のブームでレンタル会社も大増殖。

あちこちで見かけるようになってきた。

そこで、キャンピングカーをレンタルするときのメリットとデメリットについて考えてみよう。

キャンピングカーをレンタルするメリットとデメリットとは?

キャンピングカーをレンタルするメリット

駐車しているキャンピングカー

キャンピングカーをレンタルするメリット1.とにかくコストがかからない

一般の乗用車も同様だが、使う頻度が低いならば借りた方がコストは安く済む。

購入する場合と比べて、はるかに安価でキャンピングカーを使うことができるし、後々のメンテナンスを含め、維持費もかからない。

キャンピングカーをレンタルするメリット2.いろんな種類を試すチャンス

キャンピングカーのレンタルが広まったことで、扱われる車種も増えた。

現在では国産の軽キャンパーからアメリカ製の大型車まで、色々な種類のレンタルがある。

気になるタイプを使い比べてみたり、自分にとって必要な装備の見極め、便利なレイアウトを探る絶好のチャンスと言える。

キャンピングカーをレンタルするメリット3.メンテが不要

1.でも書いた通り、自分のものとなったらメンテナンスは必須。

だが、レンタルならばそのまま返すだけで済む。

車の整備はもちろん、洗車の手間も不要。

キャンピングカーの場合は車両メンテナンスだけでなく居室部分の面倒も見なければならない。

それらがすべて不要、と考えるとかなりお手軽と言えるだろう。

スルガ銀行キャンピングカーローン

キャンピングカーをレンタルするデメリット

駐車しているキャンピングカー

キャンピングカーをレンタルするデメリット1.好きな時に使えない(かもしれない)

いくら増えたとはいえ、キャンピングカーのレンタルはまだまだ少数派。

乗用車のようなわけにはいかない。

連休などハイシーズンは予約が集中しがちだから、早くから計画して予約しておく必要がある。

また、ホテルやその他旅行代金同様、繁忙期は料金も高くなる。

キャンピングカーをレンタルするデメリット2.どこで借りる?

1.同様、増えてきたとはいえ、まだまだ少数派なのがキャンピングカーのレンタルだ。

自宅からほど近いところにうまくあればラッキーだが、便利のよい場所にあるとは限らない。

借り出す場所まで出かけて荷物を積み込んでそこから出発するのか・一度自宅まで持ち帰って、改めて自宅から出発するのか。自宅・借り場所・目的地の関係をよく考えて計画しよう。

キャンピングカーをレンタルするデメリット3.ペット同伴には制約がある

ペットと一緒に旅がしたくてキャンピングカーを導入する人は多い。

そこで「我が子」を連れて旅行するとどんな感じなのか、我が子の反応を確かめるためにもレンタルでお試ししたい、と言う人も多いだろう。

だが、レンタルのキャンピングカーの場合、ペット同伴には制約がある場合がほとんどなので注意しよう。

会社や車種によって、ペットNGだったり、ペット同伴の場合は追加料金が発生するケースもある。

次のページ▷ レンタルキャンピングカーの利用者が増えている理由