軽キャンパーなのに対座シート!新型アトレーがベース。 マリナ’RV キャビンⅡミニ BASE



運転しやすいし、荷物もたくさん載る、リセールバリューもある。

軽自動車は便利で、普段乗りはもちろん車中泊にも十分使えます。

とはいえ、さすがに向かい合ってシートに座るのは無理でしょう、と思っていたらありました。

それが今回紹介するマリナ’RV のキャビンⅡミニ BASE

今年2月のジャパンキャンピングカーショー2022でデビューした新モデルです。

ベース車は、昨年の12月に17年ぶりにモデルチェンジしたダイハツのアトレー。

軽キャンピングカー好きには気になる1台。

くわしく見ていきましょう。

基本情報
車種名 キャビンⅡミニ BASE
ビルダー マリナRV
ベース車両 ダイハツ アトレー
価格 2,640,000円(税込)~
乗車人数 4名
就寝人数 2名
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,890mm

マリナ’RV キャビンⅡミニ BASEのコンセプト

キャビンⅡミニ BASE

滋賀県に本拠地があり30年以上の歴史を持つキャンピングカービルダー・マリナ’RV。

バスコンやバンコン、軽キャンピングカー、軽トラックに着脱できる移動式商談ルームなどをラインナップしています。

マリナ’RVは以前から、スズキ エブリイをベースにしたキャビンⅡミニを販売していましたが、昨年のダイハツ アトレーのモデルチェンジを機に、アトレーベースのキャビンⅡミニ BASEを発売。

スズキ エブリイベースのキャビンⅡミニでは、軽自動車でも「大人2人がしっかり寝られる」ことをアピールしていましたが、アトレーベースのキャビンⅡミニ BASEは、脚を下して対面対座で座れるのでさしずめコンセプトは「大人2人がしっかり座れる」といったところでしょうか。

軽バンや軽ワゴンベースのキャンピングカーや車中泊仕様車というと、フルフラットにした後部居室に正座かあぐらをかいて座るスタイルをよく見ますが、対面対座できるシートがあるのは画期的だと思います。

スルガ銀行キャンピングカーローン

マリナ’RV キャビンⅡミニ BASEの外装

キャビンⅡミニ BASE

キャビンⅡミニ BASEの外観はベース車のダイハツ アトレーからほぼ変更はないようです。

ジャパンキャンピングショー2022に出ていた写真の展示車には、ルーフキャリアと14インチのアルミホイール&タイヤがオプション(合わせて224,400円/税込)で装着されていました。

屋根とタイヤ周りを少し変えるだけで、アウトドアなかんじが演出されますね。

天井部分

外から見てもわかりませんが、展示車は天井部分が防音断熱加工済み。

こちらはオプションとのことです。

アトレーは昨年12月に17年ぶりのモデルチェンジで、乗用車から商用車(4ナンバー)登録へ。

軽自動車として最高レベルの14種類の予防安全機能(スマートアシスト)や電動ミラー、両側オートスライドドアまで付いていて、失礼ながら商用車とは思えない装備の充実ぶり。

長距離を運転することが多いであろう車中泊やキャンプでは、スマートアシストは運転の疲れを減らしてくれるし、オートスライドドアはキャンプ道具など荷物の積み降ろしの際に、あれば便利なこと間違いなしです。

車中泊やキャンプでの需要を見込んでこれらの機能を付けたわけではないでしょうが、新しくなったアトレーはそのままでも車中泊に向いていると思いました。

次のページ▷ 気になる内装もご紹介していきます!