パッと見は普通乗用車、でも中はキャンピングカー! 普段使いにも満足な、車中泊仕様のトヨタ・NOAH【愛車紹介】



昨今、軽自動車やミニバンをベースにしたレジャーから普段使いにも多目的に使えて、気軽に車中泊を楽しめるライトキャンパーが注目を集めています。

そこで今回は、納車まで9カ月!待ちに待ってやってきた我が家の愛車、トヨタ・NOAH(ノア)をベースにしたライトキャンパーNOAH DAYSの購入を決めた理由、そしてお気に入りな点と不満に感じているところも紹介します。

なぜ、このキャンピングカーを選んだのか?

私達がキャンピングカーの購入を検討したのは、友人夫婦がバンコン(バンコーバージョン)タイプのキャンピングカーを購入したのがきっかけでした。

話を聞いている時は面白そうだなと思っていただけでしたが、車の買い替えを検討していたこともあり次の車は何にしようかと悩んでいた時に、ふと友人のキャンピングカーのことを思い出し、車中泊ができる車にしたらどうかと考えました。

なぜなら、私達は以前から車でよくロードトリップ(車旅)をしていたので、長い道のりで疲れた時に気軽に休憩をし、渋滞を避けられる方法はないかなと思っていました。

そこで車中泊ができる車なら、気軽に途中で休みながら渋滞を避けることもでき、キャンプなどレジャーにも使えるので私達には最適だと考え、購入を検討することしました。

そうと決めてから、すぐにキャンピングカービルダーの店舗やイベントへ行きましたが、納得のいく車に出会うまでには時間がかりました。

私達が求めるキャンピングカーの条件は以下でした。

・駐車場に停められる(サイズ・重量)
・夫の身長でも問題なく寝ることができる(185cm)
・普段使いにも不便なく使える
・運転が快適で乗り心地の良い車
・シンクが装備されている

この条件でライトキャンパーを探すとなると、車種が限られました。

バンコンタイプのキャンピングカーは商用バンをベースとしたタイプが主流で、小型商用バンではニッサンの NV200やトヨタのタウンエースをベースとした車が多くありました。

私達は商用バンには今まで乗ったことがないので、乗り心地と運転支援機能・安全装備・快適装備が乗用車ほどは付いていないことに不安があったため、普通乗用車のミニバンタイプのモデルに絞りました。

初めてのキャンピングカー選びは知識もなかったので簡単ではありませんでしたが、いくつものキャンピングカービルダーに足を運び、ついに理想のモデルを見つけることができました!

それが、ホワイトハウスキャンパーというキャンピングカービルダーのトヨタNOAHをベースにしたキャンピングカーです。

スルガ銀行キャンピングカーローン

限られたスペースを活かした、機能や装備

大幅な架装はしていないライトキャンパーなので、豪華な装備や機能は備わってはませんが、キャンピングカー初心者の今の私達には丁度よいのかなと思っています。

駐車時のキャンピングカー

ポップアップルーフ

サイズ:長さ約:2130mm×幅約:1050mm

ポップアップルーフは身長185cmの夫でも安心して寝られるサイズです。

どうしてもミニバンタイプはポップアップルーフが小さめで夫には窮屈なものが多かったのですが、ホワイトハウスキャンパーのポップアップルーフは身長185cm程の人でも問題なく寝ることができます。

フルフラットのベッドスペース

セカンドシートはフルフラットになり、サードシートの場所に付属のベッドマットを置くことで大人2名でもゆっくりと寝られるベッドスペースになります。

ポップアップルーフ2名と合わせて計4名が就寝できるとのことです。

ベッドスペース

シンク・電子レンジ

シンクは給排水各10Lのタンクが設置され、電子レンジも標準装備です。

FFヒーター

エンジンを切っていても暖房が使える、FFヒーターも標準装備されていました。

サブバッテリー

サブバッテリーも標準装備

1500Wのインバーターを介して車内のACコンセントから電気が取れます。

外部電源取り込み口も標準で付いていて、こちらも車内のACコンセントにつながっています。

電子レンジなどの家電やパソコン、車内のLED照明にも使えるので、車中泊の際にも快適に過ごせます。

次に、まだ納車されて2カ月ですが、使ってみて気に入っているところと、不満なところをご紹介します。

乗用車のミニバンタイプのキャンピングカーの購入を検討されている方は参考にしていただけたらうれしいです。
次のページ▷ NOAH DAYSの『お気に入り&ちょっと不満…』ポイントをご紹介!