【新モデル】車中泊時は広々、走行時はコンパクトなトラックキャンパー! MYSミスティック Desierto-01



トラックキャンパー(トラキャン)は、ピックアップトラックの荷台に、脱着可能なキャンパーシェル(居住スペース)を積載するタイプ。

日本ではバンコンやキャブコンが主流で、あまりお目にかかりませんが、海外のオートキャンプや車中泊愛好者の間では高い人気を誇っています。

MYSミスティックは、国内でトラックキャンパーを得意としている数少ないビルダー。

輸入車・国産車のピックアップトラック向けに「J-cabin」というシリーズをかなり以前から発売しています。

今回紹介する「Desierto-01(デシエルト)」は、そんなMYSミスティックのトラキャンの最新作。

これまでの「J-cabin」シリーズとは、一線を画した意欲策です。

どこがどのように一線を画しているのか。

くわしく見てみましょう。

Desierto-01
ビルダー: MYSミスティック
タイプ:キャンパー
ベース車両:トヨタ ハイラックスに脱着可能(ハイラックス N125型専用)
燃料の種類:架装のため自走不可
就寝定員:3名
全長:3,360mm
全幅:1,720mm
全高:1,530mm
価格:2,798,000円~
公式サイト:MYSミスティック Desierto-01

Desierto-01のコンセプト

山梨県に本社工場があるMYSミスティックは、創業30年以上の老舗キャンピングカービルダー。

様々なキャンピングカーやトレーラー、トラックキャンパーを製作しています。

2020年度には3回目のグッドデザイン賞を受賞するなど、キャンピングカービルダーとして長い歴史と実績があります。

そんなMYSミスティックの、新作トラックキャンパーがDesierto-01(デシエルト)。

今年の2月に開催されたジャパンキャンピングカーショー2022でお披露目となりました。

Desierto-01のコンセプトは、「冒険心の旺盛な方が、荒野でも安心して進み過ごせるトラキャン」。

MYSミスティックのトラキャンの中で唯一、ポップアップルーフを採用することで、走行時はコンパクトで運転しやすく、車中泊時は屋根を拡げて広いスペースを確保。

機動性と居住性を両立させています。

スルガ銀行キャンピングカーローン

Desierto-01の外装

Desierto-01の外装

国産車で新車で買えるピックアップトラックとしてファンも多いトヨタハイラックス。

Desierto-01の外装

その荷台と一体化したDesierto-01は、まるで最初からこういう車だったのではないかと思うほど、しっくり馴染んでいます。

標準のボディカラーは白ですが、オプションで艶消しまたは艶ありの黒も選べます。

そして、Desierto-01のいちばん特徴ともいえるのがポップアップルーフ

↑こちらは同じMYSミスティックのJ-cabin HN、キャンパーシェルの屋根が高いのがわかります。

↑こちらがDesierto-01のポップアップルーフを閉じた状態。

キャンパーシェルの屋根がJ-cabin HNに比べて低いので、低重心となり走行安定性に貢献してくれるでしょう。

また、木が生い茂った林道のようなところでも、頭上をあまり気にせず走行できそうです。

Desierto-01

上の写真にある電動のサイドオーニング(200✕150mm)も標準装備。

出入口は、キャンパーシェルの後部にハッチが上下に開くタイプが設けられています。

小型のジェット機みたいでカッコいいですね。

次のページ▷ デザインへのこだわりは内装にも? 機能性の高いシンプルなデザイン!