おしゃれでミニマリズムな北欧デザインのキャンピングトレーラー紹介 Mink 2.0 Sports Camper



広い室内に、2段ベッドやキッチン、テーブル、ソファ、エアコン……。

快適設備がなんでも付いている大きなキャンピングカーやキャンピングトレーラーは確かに魅力的。

なのですが、キャンピングカー先進国とも言えるヨーロッパでは最近、必要最低限の荷物とシンプルな設備しかないミニマリズムなキャンピングカーが流行っているようです。

そんな中で目に留まったのが、とてもコンパクトなのに室内はくつろぐには十分な広さ、しかもステキなデザインの北欧で産まれたキャンピングトレーラー!

いままでまったく見たことなかったタイプだと思います。

アイスランドで産まれたMink 2.0 Sports Camperのコンセプト

キャンピングトレーラー

キャンピングトレーラー・ミンク2.0は、ミニマリズムにインスパイアされて作られています。

ミニマリズムというのは、もともとは1950~60年代から提唱され始めた建築や芸術分野の表現形式。

現在では、最小限のもので暮らす生活スタイルのことも指すそうです。

ミンク2.0はまさにそのコンセプトの通り、ミニマルながら車中泊に必要な設備は十分に備わっているという、コンパクトに快適に旅をしたい方の最適な相棒となりそうなキャンピングトレーラーです。

Mink 2.0 Sports Camperの基本スペック

Mink 2.0 Sports Camper (以下、ミンク2.0)の基本スペック

総重量 750kg
正味重量 520 kg
全長 4116 mm
キャビン長 2811 mm
全高 1829 mm
全幅 2080 mm
キャビン幅 1511 mm
ロードクリアランス 330 mm

スルガ銀行キャンピングカーローン

ミンク2.0の外装について

ミンク2.0は、エアロダイナミックシェイプと、フレームレスソリッドシェル構造(特許出願中)という新しい素材を採用することにより、キャンピングトレーラーとしては相当に軽量なモデルとなっています。

そして同時に低重心化も実現。

これらにより、道の状態わ選ばず、いつでも安定した走行が可能です。

車体の重量はわずか520㎏

車体の軽量化により、燃費も抑えられます。

地球にもお財布にもやさしいキャンピングトレーラーです。

車体のサイズを見てみると、幅はいちばん広いところで2mほど、高さは1.8mほど。

これなら高さ制限のある駐車場にも問題なく止められそうですね。

強い外装材を採用。断熱処理もしっかり。

ミンク2.0のボディパネルは30mmの厚さで、高品質の溶融ABS樹脂でできています。

そして19mmの断熱材を入れているので、オプションで装備可能なべバスト社の暖房システムと組み合わせれば真冬でも暖かく過ごせるでしょう。

次のページ▷ Mink 2.0 Sports Camperの内装をご紹介します!