北海道標津郡開陽台 筆者所有のキャンピングカー・ファンルーチェ ヨセミテスポーツ

【体験談】育児期こそキャンピングカーをおすすめする理由あれこれ。



休日は、3人の子どものワンオペ育児を余儀なくされていた筆者。

子どもに充実した休みを過ごさせることができない自分に、落ち込んでいました。

そんなときに、アウトドア好きの夫に提案されたのが、キャンピングカーの購入。

実際に使ってみると小さな子どもがたくさんいる家庭こそ、キャンピングカーでのお出かけが向いているとわかりました。

本記事では育児期に9年間、子どもとあちこち出かけて実感したキャンピングカーのメリットについてお話したいと思います。

ワンオペ育児にこそキャンピングカーを購入した理由①準備や片付けが断然ラクになる!

北海道標津郡開陽台 筆者所有のキャンピングカー・ファンルーチェ ヨセミテスポーツ

北海道標津郡開陽台 筆者所有のキャンピングカー・ファンルーチェ ヨセミテスポーツ

仕事の関係で休みのサイクルが夫とまったく違っていて、休日は3人の子どものワンオペ育児を余儀なくされていた筆者は、子どもに充実した休みを過ごさせることができない自分にイライラしたり落ち込んだりすることがありました。

子どもは日々成長していきます。

限りある子どもと一緒に過ごせる時間を充実したものにするため、アウトドア好きの主人に提案されたのが、キャンピングカーの購入でした。

当時筆者は、キャンピングカーの所有は一部のセレブがすることだと思っていましたので、その提案に反対。

しかし、熱心に購入を提案してくる主人に根負けし、キャンピングカーの展示場に足を運ぶとそこには、筆者の知らない世界が広がっていました。

様々なタイプのキャンピングカーを見ていると魅力的な点にたくさん気づき、筆者の購買意欲は高まっていきました。

そして、キャンピングカーは高価ですが、使い方によっては最高のパートナーになってくれるコストパフォーマンスの高いアイテムだと気づき、購入へと踏み切ることにしたのです。

キャンピングカーを購入してから劇的に変わったことのひとつに準備と後片付けが楽になったことが挙げられます。

子どもとのお出かけにはオムツ用品に着替え、飲み物やお菓子に加え、夏なら熱中症対策、冬には防寒対策など大量の荷物が必要です。

それが、キャンプや旅行など泊まりでのお出かけになると荷物はさらに増えます。

子どもと一緒に休みを過ごすことのできないパパに思い出写真を残すためのカメラを用意したり、行先によってはベビーカーも必要になったりするなど、荷物は増える一方。

また、帰宅後にはそれらを片付ける手間を考えるとお出かけ自体がおっくうになることも想像していただけるのではないでしょうか。

しかしキャンピングカーで出かけるようになってからは、おむつや簡単な着替えのセットは備え付けの棚に常備して置くことができ、毎回用意する必要がなくなりました。

夏には、防止や防虫対策アイテム、冬にはジャンパーなどもキャンピングカーに置いておくことができます。

面倒だった準備と片付けの負担が一気に軽減されました。

収納ボックス

スルガ銀行キャンピングカーローン

次のページ▷なぜワンオペ育児にキャンピングカーが必要なのか?