家族の絆を深めてくれたキャンピングカー

忙しい家族に!絆が深まるキャンピングカーのすすめ



我が家にキャンピングカーが納車されてから、約1年になります。

コロナ禍により、遠出がなかなか難しい中ですが、キャンピングカーで近場をちょくちょく旅してきました。

そうするようになって、確実に私たち家族の絆は深まったと実感しています。

そんな私たち家族(夫婦、小学校高学年・息子、小学校1年生・娘)が、キャンピングカーのおかげで家族の絆が深まったと感じたことを、実体験として紹介したいと思います。

キャンピングカーの旅は、家族4人でいる時間が濃厚

部活動で忙しい息子と

キャンピングカーと景色

小学校高学年の息子は、野球をしています。私たち夫婦の土日は丸二日、息子の部活動の世話で大忙し。ですから、なかなか家族そろってのおでかけは難しいです。

子どもがもっと小さいうちは、親だけの都合でおでかけの予定も立てやすかったのですが、子どもが大きくなるにつれて、親の用事よりも子どもの用事で都合がつきにくくなり、だんだんと家族そろっての旅行が難しくなってきます。

キャンピングカーを所有するまでは、わざわざ少しの時間を見つけておでかけすることがありませんでした。ましてや宿泊するような旅行の予定は立てづらかったです。

そんな日々が続いていましたが、キャンピングカーを所有してからは、例えば一日だけ息子の部活動の休みがあれば、前夜から出発し、夜のうちに目的地まで移動。朝から時間を有効的に活用し、夜には帰ってくることが出来るようになりました。

近場の買い物くらいでは付き合ってくれなくなった小学校高学年の息子も、前夜から出発するキャンピングカーの小旅行だと張り切って準備から楽しんでいます。

非日常感を手軽に体験出来てしまうので、思春期の子どもでも楽しいのではないのでしょうか。

キャンピングカーなら娘も楽しめる

キャンピングカー からみた景色2

今年から小学生1年生になった娘も、毎週土日はお兄ちゃんの野球に付き合っています。本当ならば、まだまだ家族で公園などに行きたがる年頃です。

兄の部活の都合で家族そろって遊びに行くことがなかなか出来ないので、キャンピングカーの旅となれば、一番張り切って参加しています。

娘はキャンピングカーの中で、寝ることが一番うれしいようです。ですから、それほど遠くまで行かなくても、キャンピングカーの中で過ごす時間を楽しんでくれます。

日常とは違う空間で、料理し、食事をし、就寝すること。そんな単純なことですが、一定の時間を家族そろって過ごすことを喜びとしてくれるので、親の私たちにとっても幸せな時間となります。

自宅で家族全員がそろっていたとしても、家だとどうしてもそれぞれの目の前のやるべきことが優先となってしまい、家族団らんの時間が少なくなっていました。

自宅を離れてキャンピングカーで過ごすと、全員が日常から離れることができるので、家族団らんの時間がとても濃厚なものになるのです。

夫婦の共通の楽しみ、会話が増えた

キャンピングカーで晩酌

子どもが幼稚園生までくらいのときは子育てを夫婦で協力し、夫婦間で子どもについての会話も多いのですが、子どもが少しずつ親の手から離れていくに従い、夫も私もそれぞれ自分だけの楽しみややりたいことを優先してしまい、家族そろってのおでかけや夫婦の会話が減っているのを感じていました。

我が家は兄妹の年齢差があるので、一般的な家庭よりは子育ての期間が長いと思いますが、それでも子どもが幼かった頃より遥かに家族そろっての時間や夫婦の時間は減っていました。

そんな時にキャンピングカーを所有したことにより、子育て以外に夫婦の共通の楽しみができて、夫婦の会話も復活してきたように思います。

キャンピングカーでの移動中は、旅の計画を楽しみながら話しています。目的地に到着してからは、いつもと違う空間で時間の使い方が変わる事により、より深い内容のお互いの話が出来るようになりました。

これはキャンピングカーを使った旅の特徴であり、予約をしてホテルで宿泊する旅行とは違った時の流れを感じます。

自然が多い場所へ気楽に行けるので、家族みんながリフレッシュしやすい

キャンピングカーでキャンプ

先ほども言いましたが、キャンピングカーの旅の特徴として、前々から計画を立てていなくても、急に空いた休日に気軽に旅が出来るということが大きなメリットです。

たとえ連休が取れなくても、自然豊かなところへ手軽に移動し寝泊り出来ます。パッと行ってサッと帰って来られるので、子どもも親もさほど疲れることなく大きなリフレッシュの時間となります。

家族の思い出作りが楽しい

家族写真

キャンピングカー旅での思い出を家族全員で共有したいという想いから、キャンピングカーで出かけた時の家族写真を居住スペースに飾っています。

子どもの成長過程と旅先の風景の記録が増えていくことが、楽しみです。

子どもが大きくなって巣立ったとき、家族そろってキャンピングカーで過ごした思い出として残っていてくれるといいなと思っています。

同時に、子どもが手を離れて夫婦ふたりとなったときにも消えることがない思い出として残していけたらと思っています。

まとめ これからも家族でキャンピングカー旅を続けたい

我が家にキャンピングカーが納車されてから、もうすぐ1年となります。

キャンピングカーを所有し始めたときに、すでに小さな子どもがいたので、今までは子どもを中心に行先や目的を考えてきました。

子どもたちが大きくなるにつれ、これからは家族でのキャンピングカーの使い方も変化していくものと思っています。車内での過ごし方が変ったり、行先や目的も変化したりしていくでしょう、子どもたちが一緒に行ってくれなくなる時期が来ることも覚悟しています。

思春期を越えて、また一緒に旅するときはどういうスタイルになっているのかなど、夫婦で考えるのもとても楽しいです。

いつか子どもたちにそれぞれの家族ができて、私たちのようにキャンピングカーを所有し、家族と旅していてくれたらうれしいなと密かに思っています。

関連記事一覧