車中泊で日本一周!真夏に50日、車中泊してみて役立った暑さ対策の装備とは?!



DIYで車中泊仕様にした中古のバン(トヨタ・ライトエース)で日本一周しています。

今回は夏に車中泊をする上で、快適に過ごすための装備についてお話ししたいと思います。

私のライトエースで、どのような暑さ対策をしているのか

そして実際の車中泊旅でそれらは役に立っているのか。

まだ日本一周を始めて50泊程度の新米ですが、私のように普通のバンやワゴンを車中泊仕様にDIYして車旅に出ようと考えている方に、一つの選択肢として参考にしてもらえたらうれしいです。

【車中泊で日本一周】ここまでの車中泊旅の経過について

2022年5月に車をある程度車中泊仕様にDIYして、6月11日(大安)に東北・北海道方面へ出発しました。

出発地は富山県富山市、現在は新潟県→山形県→秋田県→青森県そして5カ所目の北海道苫小牧北の小さな町、安平町に滞在中です。

北海道へは7月13日に函館フェリーターミナルに到着したので、ちょうど北海道に入って20日くらい経過しました。

最近、ネットで地元富山や西日本の猛暑に関する注意喚起のニュースを見ると正直ぞっとします。

みなさん、くれぐれも水分補給と暑さ対策を忘れずにお出かけください。

一方で、安平町周辺で泊まったときは外気が18度前後だったので、明け方は寒くて毛布にくるまって寝ていました。

6月に東北へ向けて出発したため、ある程度春・秋用の装備と服装を持ってきたので少しくらい寒くても大丈夫でしたが、同じ日本でもこんなに温度差があります。

ただ、流石の北海道でもこれから暑さ厳しくなってくるので道東へ向かおうと考えています。

それでは私が使っている暑さ対策アイテムを1つひとつ紹介していきましょう。

スルガ銀行キャンピングカーローン

【車中泊で日本一周】夏に車内で快適に過ごすための装備「サンシェード」

サンシェード

車中泊の相棒に選んだ車は中古のトヨタ・ライトエースです。

商用タイプでシンプルな内装、ウィンドーもキーも全て手動の仕事車。

窓は8つあり、春先でも晴れ間に数時間放置すると車内はものすごく暑くなります。

ライトエースを選んだ理由は以前記事にもしておりますのでご参考下さい。

以前の記事:これから車中泊で日本一周、車は何を選ぶ?

車内全てに断熱を施すことは出来ませんでしたが、天井や荷室のサイド・リアには断熱材を入れています。

ただ、睡眠時や長時間車を駐車する際の遮蔽用のサンシェードは持っていなくて、DIYにするか購入するかで悩みました。

この夏の車中泊に向け、私が求めるサンシェードの役割は3つ。
 ①寒暖差から生じる結露を抑える
 ②隙間なく目隠しができる
 ③窓枠に貼り付けたとき、外から見て見窄らしくならない

いろいろな情報を調べたところ、正直なところ下記2案がベストかなと思いました。

 A案 静岡にあるアイズ社の高規格・高断熱のサンシェードを3万円強で購入する
 B案 銀色のマットや、スタイロフォームなどの断熱材を使ってDIYする

そして、私が実際に試したのはA案の3万円を支払って高規格のサンシェードを購入すること。

理由はシンプルで、私の要望が全て叶っている点と、長期間利用すると考えれば3万円は妥当だということ。

それにメルカリで中古相場を調べたところ、1万5千円前後で取引されており、大きく値段が下がっていない。

DIYで7〜8千円かかり、8枚全ての製作時間を考えれば、悪い買い物ではないと判断しました。

実際使ってみた感想ですが、上記に載せた私の要望に関しては①〜③まで問題なくクリアして使用できています。

ただ、今は夏期なので結露に関してはまだ判断が早いかもしれません。

次のページ▷ 夏に快適に過ごすための装備について