キャンピングカー

【実践編】車中泊で室内を広々使うための、たったひとつの収納方法!安い、簡単!



もうすぐ3回目の車検の私のキャンピングカー。

けっこう長期間乗ってきましたが、限られた車内のスペースを有効に使うためにいまだ試行錯誤しています。

スペースを少しでも広く使うには、「収納方法」がカギ。

取り出しやすくて、しまいやすい。

簡単に後付けしやすくて、費用はそんなにかからない。

今回紹介する方法なら、そんな要望をかなえながら収納力がアップするはず。

ぜひ参考にしてみてください。

ここ1年使ってみてイチオシの収納グッズとは?

私が乗っているキャンピングカー「GT NV350 CARAVAN(以下GT)」は、日産ピーズフィールドクラフトとトイファクトリーのコラボレーションによってできたモデル。

あらかじめ備わっている収納キャビネット(家具)はありますが、我が家の車中泊旅は常に犬連れで、そこに川遊びやサイクリングもするとくれば荷物は相当な量になり、とてもそれだけでは足りません。

それに荷物は積めればよいというものではないです。

車内での人の移動の邪魔にならないか、必要な物をスムーズに取り出せるかが大事。

頻繁に使用する物は直ぐに手の届くところに置きたいと思います。

これまでにいろいろな収納方法を試してみましたが、メッシュパネルを使い始めて1年。

いい仕事をしてくれる、イチオシの収納グッズです。

スルガ銀行キャンピングカーローン

既存の収納キャビネットの不満

収納キャビネット

キャビネットは見栄えよく整理、しまい込むのにはいいですが、使用頻度の高いものだと手早く取り出して使えないことがあります。

すぐ使いたい、次に使うまでちょっと置いておきたい。

日常的によく使う物は手元や出入口の近くに置きたいものです。

キャンピングカーは広いようですが、座席やテーブルの上やギャレー(キッチン)の上にあれこれ物を置けば、たちまち荷物でいっぱいになります。

それでも平気ですと言われればそれまでですが、何日も車中泊するのですから、できれば使い勝手よく、また見た目もすっきりな状態で過ごしたいものです。

次のページ▷ 整理・収納に便利なメッシュパネルをご紹介します!