アイキャッチ

愛車をピカピカに!スマートビューの窓ガラスクリーナー&ガラス撥水スプレーをレビュー



皆さん、キャンプの車のお手入れはどうしているでしょうか?

忙しくてなかなかお手入れできていないという人に、朗報です!

CCIのスマートビューシリーズ『窓ガラスクリーナー』と『ガラス撥水スプレー』は、スプレーして拭くだけで施工完了。

簡単なお手入れで、雨の日の視界が良好になります。車のお手入れ用品を探している人や、普段なかなかお手入れできていない人にピッタリの製品を、詳しくレビューしていきます!

CCIのスマートビューシリーズ『窓ガラスクリーナー』と『ガラス撥水スプレー』の概要をチェック

CCIは、カーケア用品を製造・販売している会社です。

CCIではいろいろなカーケア用品を販売していますが、スマートビューシリーズは、窓ガラス専用のケア製品

今回はスマートビューシリーズの中から、窓ガラスクリーナーとガラス撥水スプレーをレビューします。

スマートビュー窓ガラスクリーナー1本で油膜取り・汚れ取り・くもり止めが可能

スマートビュー

スマートビュー窓ガラスクリーナーは、1本で油膜取り・汚れ取り・くもり止めの3つの効果を発揮してくれる製品です。

油膜とは、フロントガラスに付着した油分の薄い膜のこと。

油膜は、水分と排気ガスが混ざって付着したり、ボディコーティング剤などが雨によって溶け出し、その一部がフロントガラスに流れたりして付着します。

油膜を放っておくと、対向車のライトが反射したり、雨がにじんだりして、運転中の視界を妨げてしまいます。

フロントガラスの撥水性を改善するケア用品はいろいろと発売されていますが、油膜をきれいに落とさないと、あまり撥水効果を期待できません

そのため、まずは油膜落としで、フロントガラスをきれいにする必要があります。

スマートビュー窓ガラスクリーナーは、スプレーして拭くだけで、がんこな油膜を落とせます。

また、油膜を落とすだけでなく、ガラスの内側の汚れ落としや、くもり止め効果も。キャンプや車中泊で汚れてしまった窓をキレイにしたり、冬のフロントガラスのくもりを防止できたりします。

窓ガラスクリーナー1本で、クリアな視界を確保できるのは嬉しいですね!

スマートビューガラス撥水スプレーは施工直後から撥水効果が期待できる

スマートビュー2

スマートビューガラス撥水スプレーは、施工直後から撥水効果が期待できる優れものです。

塗りこみタイプの撥水コーティング剤は、乾燥や拭き上げといった作業が必要で、ケアに時間がかかってしまうことも。

スマートビューガラス撥水スプレーであれば、フロントガラスにスプレーして、マイクロファイバークロスで拭くだけで作業は終了

乾燥させる必要がないため、作業が終わった直後から撥水効果が発揮されます。

スルガ銀行キャンピングカーローン

使い方は超簡単! スマートビュー窓ガラスクリーナー・ガラス撥水スプレーを使ってお手入れする方法

スマートビューの窓ガラスクリーナーとガラス撥水スプレーの使い方は、とっても簡単。

手順はたったの2つです。

手順1:フロントガラスにスプレーする。

手順1

手順2:マイクロファイバークロスで拭く。

手順2

フロントガラスにスプレーして拭くだけなので、カーケア初心者の人でも簡単です!

注意点としては、施工する前に簡単に洗車をして、表面の砂やほこりを落としておきましょう。

車用シャンプーなどを使って洗車をするのが理想ですが、忙しい人や面倒な人は、ホースを使って水で洗い流すだけでもOK。

筆者の場合、ガソリンスタンドの洗車機で洗車を済ませたあとに、窓ガラスクリーナーとガラス撥水スプレーを使っています。

また、施工するときには、使い古しのタオルではなく、マイクロファイバークロスを使用しましょう。

マイクロファイバークロスは、通常のタオルよりも柔らかく、車のボディに傷をつけにくくなっているのが特徴。

窓ガラスクリーナー用とガラス撥水スプレー用、ボディの洗車用など、マイクロファイバークロスを複数枚持っていると便利ですよ。

そして、施工後の効果がこちらの写真。

施工後

左側の施工前は、ワイパーのあとが残っている様子や、水がへばりつくように流れている様子がわかります。

右側の施工後は、雨がキレイに水滴となっています。

そのため、ワイパーをすれば水がきれいに流れますし、ある程度の走行スピードがあれば、風圧で水滴が流れてくれる状態です。

次のページ⇨ スマートビュー窓ガラスクリーナー・ガラス撥水スプレーのメリット&デメリットを紹介します!