• HOME
  • 記事一覧
  • DIY
  • 【バンライフ】安く低コストでできるおしゃれなインテリア・DIYアイデア集
TOP

【バンライフ】安く低コストでできるおしゃれなインテリア・DIYアイデア集



愛車のインテリアがおしゃれでかわいいと、それだけで幸せな気分になれます。そして低コストでできるならなおさら嬉しい!

しかし愛車を車中泊仕様にDIYするとなるとかなりの金額がかかりそう…と思うかもしれません。

私たちの愛車もDIYなのですが、実はかなり低コストで作ることができました。

工夫次第で安くおしゃれでステキな車内を作り上げるのは不可能ではない!

ということで、おしゃれかつ低コストでできる車内インテリアのDIYアイデアを集めてみました。

実際に愛車に取り入れた、インテリアアイデアもあわせてご紹介したいと思います。

DIYバン・トータルいくら必要?かかった金額はこのくらいです

バン居住空間

愛車のDIYに「どれだけ費用をかけられるのか」にもよりますが、安く仕上げたいと思えばかなり低コストで仕上げる事もできます。

わが家の愛車を車中泊仕様にDIYする際かかった費用は、トータル5万円ほど。

この金額は、冷蔵庫や水タンク・購入した棚・ライト・クッションなどを含めたものです。

そしてこのうち4万円弱は冷蔵庫と水タンクの金額です。

※ソーラーパネルは数年たってからの後付けなのでこの金額には含まれていませんが、可能ならば初めから付けておいた方が結果安上がりです。

以下、どの様に低コストに抑えたのか詳しく見ていきたいと思います。

車内内装のベースは全て合板を使ってDIY・しかも無料

DIY扉

ちょうどDIYを始める頃、ラッキーな事にグラフィティペイントで使用していた合板をタダでゆずってもらえる事になり、車内の家具(フロア・キッチン・ダイネット・クローゼットなど)は全てその合板を再利用して作成しました。

合板はそこまで良い木材ではないかもしれませんが、その分比較的安く購入できるのではないかと思います。

合板で全てベースを作った車内の実際の使い心地ですが、特に不自由は感じていません。

マイナス点を挙げるのであれば、

・気温天候などで多少木が歪む

合板に限らず木材は、湿気を吸ったり吐いたりすることによって膨張と収縮を繰り返し、「反り」などの歪みが生じてしまいます。

他の部材としっかり組むなど、木材の変形が起きないように製作する必要があります。

・フロア材としてはあまり向いていない

汚れやすいのでフロアとしてはあまり向いてないかもしれません。合板を使うならフロアシートを利用した方がましかと思われます。

車内から運転席

思いつくのはこれくらいで、キッチンテーブル以外はこの合板を利用してDIY。(キッチンテーブルも持っていた余りのテーブル材を利用したのでコスト0)

2年半以上フルタイムで車内で暮らしていますが、快適に過ごせています。

12mmの合板5枚ほどで車内の内装全てできたので、合板を購入したとしても低コストで収まると思います。

特に木材にこだわりがなく低コストで押さえたい時は合板でも充分かもしれません。

再利用の合板をおしゃれにした方法

再利用の合板を使うとなるとどうしても裏面はグラフィティ剝き出しになってしまいます。

おしゃれに感じるかどうかは人それぞれなのですが、見た目もイマイチでイヤだったのと、ペイントが他の物に移ったりしていたので以下の対処法を取りました。

・お気に入りの布を見つけて張り付ける

板に布貼り付け

ダイネットソファの下部分は大きな収納スペースになっており、片方は汚れていないもの(シーズンオフの洋服やその他もろもろ)・片方はアウトドアギアなど汚れた物入にしています。

汚れものは別にペイントが移ろうがあまり気にしないのでそのままなのですが、洋服などを入れる方は厳しいので布を張り付ける事に。

お気に入りの布を張れば、見るたびにほっこりします。

また気分を変えたい時は、布を張り替えるだけで簡単&低コストで車内の模様替えができるのでおすすめです。

・本を破ってのりで張り付ける

本ページ貼り付け

剝き出しのペイント部分に本を破って貼り付けました。それだけでなんだか見た目もおしゃれに。

簡単に低コストでできるのでこちらもおしゃれにデコレーションしたい時などおすすめの方法です。

スルガ銀行キャンピングカーローン

小物をDIY!低コストで出来たお気に入りインテリア

カーブの多い車内では、そもそも木材などで棚を作るのが難しい場合もあると思います。そういったところには手作りのバスケットなどをDIYしました。

木材を使用しないことで、重量が軽くなるメリットもあります。

他にもいろいろ小物をDIYしていたので、愛車の低コストでできたDIY小物をご紹介したいと思います。

麻紐で作るぶら下げ式バスケット

麻紐バッグ

麻紐とかぎ針を使ってぶら下げ式のバスケットを作りました。麻紐・かぎ針共に百均などで買えるのでかなり低コストで作れます。

かぎ針でできるかわいいバスケットの編み図がたくさんネット上にあるので、お好みの物が作れますね。

そしてDIYの良い所は自分の好きな様に作れること。

かぎ針での編み方も最初は全く分からなかったのですが、編み図を見ながら、そしてビデオでも作り方など見つけられるので意外と簡単にできました。

編み物も好き嫌いがあるとは思いますが製作中も楽しめて、思い通りにでき上がった時はいつも感動するので、編み物が苦じゃない方は楽しめるんじゃないかと思います。

流木でペーパーホルダーをDIY

流木ホルダー

海で拾ってきたイイ感じの流木で作った、キッチンペーパーホルダー。

流木と麻紐で鎖編みをして引っ掛けているだけなのでこちらもかなり低コスト!

棒の両サイドを麻紐で引っ掛けているのですが、片方は外れない様にした方が使いやすいです。

手縫いでも簡単!低コストでDIYカーテン

カーテン

カーテンのフックやカーテンレールなどは、セカンドハンド(リサイクルショップ)へ行けば安く手に入ると思います。

そしてお気に入りの布を購入すれば自分好みに低コストでDIYが出できます。

布もセカンドハンドでお好みの物が見つかれば安くつきますし、生地屋さんに行けばたくさんの種類の布が選べる&生地によってはそんなに高価な物でもないのでトータルしてもそんなにコストはかかりませんでした。

カーテンで一気に車内全体の雰囲気が変わるので、模様替えしたい時にお気に入りの布は大活躍してくれると思います。

フルーツを使っておしゃれで香りもステキなインテリアをDIY

フルーツインテリア

こちらはブタペストのマーケットで見つけたクリスマス用の飾りです。オレンジ・ライム・シナモンなどをドライフルーツにして、紐で吊るしてあります。

見た目もかわいくておしゃれな上に、車内に吊るしておくとフルーツのイイ香りが車内に充満してハッピーになれるのでかなりおすすめ。

こちらは購入したのですが、好きなフルーツでDIYも可能だと思います。

これとよく似た感じでポマンダーと言うのがあるのですが、ポマンダーはオレンジにクローブをぶすぶす刺してDIYするクリスマスの飾りです。

フルーツインテリア作成

クローブを刺してない所に赤いリボンを巻いてぶら下げてドライにします。

オレンジの甘い香りとスパイシーなクローブの香りが混ざって何とも言えないステキな香りをもたらしてくれるポマンダー。

クリスマスシーズンに関わらず、年中あっても嬉しいアイテムです。ポマンダーはオレンジにクローブを刺す時、個人的にかなりの快感でした!

興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

プチプラでできるおしゃれな車内インテリアアイデア

いろいろな車中泊仕様車で見かけた低コストでできそう!&おしゃれでかわいいインテリアアイデアを集めてみました。

・マクラメとドライフラワー

マクラメとは編み方の一種で手で編みこんで作ります。BOHOスタイルに相性のいいインテリア。

マクラメで編んだかわいいプラントハンガーなどもよく見かけます。

あるだけでなんだかおしゃれ!

いろいろなアイテムがマクラメで製作可能で紐を買えばできるので、低コストで好きなアイテムが作れますね。隣のドライフラワーもステキです。

・全体的に、ただただおしゃれ!

ぱっと見で目を引くかわいさ!

マグネット式のスパイスラックや空き瓶を利用した花瓶・ドリームキャッチャーなど低コストでできそうですね。

吊るしてあるやかんもよく見ると両サイド別方向にフックが付いていて、走行中に落下しないよう工夫されているので車中泊にはぴったりなアイデア!

この方のバンには写真フレームにおしゃれな絵やポストカードを入れて壁に飾ってあったりもして、こちらも低コストで簡単にできるおしゃれなインテリアアイデアだなと思いました。

・バックドアにシャワーカーテン

バックドアにシャワーカーテンを紐か何かでくくっているのでしょうか?

観音開き式のバックドアだと簡単にプライベートなシャワースペースがどこでもできるステキなアイデア。

お気に入りのシャワーカーテンさえ購入すればそこまでコストもかからずできそうですね。

・ないなら作る!自分好みにDIY

好みのタイルが見つからなかったので真っ白なタイルを買って自分でペイントすることにしたそうです。

『この技があったか!』と思ったステキなアイデア。

その気になれば、何でもおしゃれにDIYできるのかもしれませんね!

車中泊で持っておきたい厳選車内インテリアDIYツール

他にもまだまだ、おしゃれでかわいく低コストでできそうなアイデアがたくさんありました。

工夫次第でいくらでもおしゃれでなおかつ低コスト・自分好みのインテリアができそうですね!

今はネットで材料・コスト・作り方など全て検索できるので便利な世の中になりました。

最後に、『車中泊にコレがあればある程度いろいろな物がDIYできる』アイテムをご紹介して終わりにしたいと思います。

かぎ針道具

・かぎ針

かぎ針編みがあれば、今回ご紹介したバスケットの他にも、車中泊に便利なアクリルたわし・ルームシューズや洋服・グラニースクエアのブランケットなど、アイデア次第で本当に何でも作れてしまいます。

かぎ針もサイズがいろいろとありますが、好みのサイズを見つけて1本持っておくときっと重宝すると思います。

棒針があればもっとバリエーションが広がると思いますが、棒編みを始めてしまうと欲しくなる棒編み必須アイテムがどんどん増えることになると思うので手を出していません…。

かぎ針があればとりあえず車中泊では充分です。

・麻紐

丈夫でしっかりしているのでいろんな用途で活躍してくれる麻紐。

ラインを作ったり、留め具を作ったり、修理が必要な時に縛ったり固定したりするのに便利です。

1玉車内にあると必要な時にすぐ使えるのでおすすめですが、比較的どこでも手に入ると思うので必要な時に買い足しても良いですね。

麻紐でDIYするとナチュラルでおしゃれな雰囲気の物ができるので、そういったテイストが好きな方にはおすすめの便利なプチプラアイテムです。

・裁縫道具

裁縫道具

車中泊には欠かせない裁縫道具。結構頻繁に必要になるアイテムです。

針・糸・ハサミ・メジャー・ピンクッション・リッパ―があればとりあえず大丈夫かと思います。チャコペンがあればさらに便利。

かなりコンパクトな裁縫セットもあるので車中泊にはぴったりですね。

ちなみにピンクッションはなかったのでDIYしました。材料は布少々・綿・段ボールと手首周りの長さのゴム。

布は余り布で、綿はクッションから少しだけ抜き取って、ゴムはダイネットソファクッションカバーを作った時の余りのゴムで作ったので、コスト0円で出できました!

簡単に好みのピンクッションができるのでおすすめです。

ピンクッションがあるとないとでは作業の快適度がかなり変わってくるので、意外かもしれませんが裁縫する時には必須アイテムです。

・フックのストック

車中泊を続けていると生活しているうちに『ココにフックが欲しい』という場面がすごくあるので、さまざまな形のフックのストックがあると便利です。

S字フックも重宝するので一緒にストックしておきたいアイテム。

あとは作りたい物によって必要な材料を買い足せば、車内に積んでおかなくても大丈夫かなと思います。

プチプラDIYで心豊かな車中泊ライフを!

DIYは作っている時も楽しめて、手作りした分でき上がったアイテムは普段以上に愛着が沸くと思います。

でき合いの物を購入するより安くできるのも嬉しいですね。

欲しい物が見つからない時に、どうやったら作れるかアイデアを考えている時間も楽しい時間です。

工夫次第で無限にできるプチプラDIYで車中泊ライフを楽しみましょう!