フロントマスク

フィアット・デュカト2022年モデルが登場



ヨーロピアンキャンピングカーのベース車両として、大きなシェアを占めるフィアット・デュカトの2022年モデルが発表された。

昨年もエンジン・ミッションを中心に大規模なマイナーチェンジが行われたばかりだが、さらにブラッシュアップされたようだ。

新しいエンジンを搭載!

Multijet3

車のモデルチェンジにとって、エンジンの変更ほど大きな話題はなかろう。

昨年、尿素SCR方式採用の新しいディーゼルエンジン「Multijet2 POWER」を搭載し、排ガス規格「Euro 6D-TEMP」に対応したが、今回のリニューアルで、さらに厳しい「Euro 6D-Final」に適合した「Multijet3」に更新された。

●排気量

2.3Lのみだが、チューニングの違いで、120HP、140HP、160HP、180HPの4仕様が用意されている。

●ミッション

本国では5速M/Tもあるが、おそらく日本に輸入されるのは、9速A/Tのみと思われる。

昨年から登場した、9速A/Tはそれまでの「ちょっとクセがあって乗りづらい」と言われていたコンフォートマチックと異なり、一般的なトルクコンバーターを使用したトランスミッション。昨年モデルを試乗したところ、非常にスムーズで乗りやすく、国産車から乗り換えても違和感を覚えることはないだろう。

●駆動系

相変わらずのFFのみ。

だがそのおかげでボディの自由度が高いというメリットは見逃せない。

たびたび話題になる4WDは、残念ながら今回も登場していない。

スルガ銀行キャンピングカーローン

外見の変更は最小限・機能面は…?

フロントマスクとエンブレム

外見上での変化はフロントマスクとエンブレムにとどまった。

特にエンブレムはメーカー自ら「ニュービンテージ」と称する、大きなFIATの文字が印象的だ。

ヘッドライトはハロゲンランプからLEDに変更され、明るさが30%アップ

これまでの社外HIDやLEDの組み込みの苦労からは解放される。

小さな変更にとどまる外観に対して、機能やインテリアの変更点は盛りだくさんだ。

次のページ⇨ 気になる機能面を見ていきます!