新作の軽キャンピングカー!4人乗りなのに1分で車中泊仕様に! ?キャンパー厚木から『Chippy』(チッピー)登場!



7月23日と24日の2日間、東京ビッグサイトで開かれた東京キャンピングカーショー2022で、初お披露目となったばかりの軽キャンビングカー『Chippy』(チッピー)を紹介します。

普段は4人が乗れる軽自動車としてフツーに使える。

でも車中泊やキャンピングカーとして、車内で寝たいときは1分でベッド展開できる。元に戻すのも簡単!

普段使いの軽自動車と車中泊仕様車を1台で両立させたモデル

そしてなぜか天井には大型のベンチレーター (換気扇)を標準装備!

どうしてこうなった?

もちろんちゃんと理由があってのこと。

そのあたりも含めてキャンパー厚木の竹内社長にお話しを伺ってきました!

キャンパー厚木ってどんなキャンピングカービルダー?

軽キャンビングカーChippy

キャンパー厚木は社名からもわかるように神奈川県厚木市にあるキャンピングカービルダー。

もともとはパンテック厚木という社名で、大手キャンピングカービルダー・バンテックの直営店からスタートしています。

2020年にキャンパー厚木に社名変更。

現在はオリジナルのキャンピングカーを企画・製造・販売しています。

これまでは主にPuppyシリーズというトヨタのカムロード(トラック)ベースのキャブコン(キャンブコンバージョン)を作ってきました。

キャブコンというのは、居室部分を大幅に架装したタイプのキャンピングカー。

運転席部分はトラックと同じで、後ろ側全部を居住スペースにした大型の本格的キャンピングカーを見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

そのキャンパー厚木が今回、突然軽自動車ベースのキャンピングカーを発売。

それが『Chippy』(チッピー)です。

スルガ銀行キャンピングカーローン

普段使いの軽自動車と車中泊仕様車を1台で両立!

先ほど大型キャブコンがメインのキャンパー厚木が「突然」軽キャンピングカーを出したと言いましたが、実は正確には突然ではなかったんです。

3年ほど前、キャンパー厚木ではキャブコンとおなじPuppyというモデル名で、軽キャンピングカーを発売したことがありました。

このときのベース車はホンダの軽トラック・アクティ。

「室内レイアウトは今回のチッピーとほぼ同じでした」(キャンパー厚木の竹内社長)

なかなか好評で、引き合いは多かったそうですが、アクティは乗車定員が2名。

車中泊はしたいけれど、車は1台しか持てない。軽自動車でも普段は4人ちゃんと乗れないのは困るということで、購入に至らなかったケースが多かったそう。

そのときのことを教訓にして、誕生したのがチッピーというわけです。

つまり、普段使いの軽自動車と車中泊仕様車を1台でどちらも快適に!がコンセプト。

ベース車は4名乗車のダイハツ・ハイゼットカーゴ。このほか兄弟車のダイハツ『アトレー』、トヨタ『ピクシス』でも製作が可能です。

次のページ▷ 大型ベンチレーター等の設備や内装をご紹介