オーバーランダーtop

レクビィから「ホビクル・オーバーランダーIV」が誕生!



昨年夏、これまでのキャンピングカーとは一線を画すミリタリー調のインテリアで話題になったキャンピングカーがある。

レクビィのバンコン「ホビクル・オーバーランダー」である。

ハードテイストのインテリアは、見た目だけでなく使い勝手もよく、多くのユーザーの注目を集めた。ただ、ハイエース・スーパーロングなので「ちょっと大きすぎる」との声が寄せられていた。

その声に応える形で、ついにホビクル・オーバーランダーⅣが誕生したという話題をお届けしよう。

「アニキ」譲りのハードテイスト

オーバーランダー全体

ベース車両にはトヨタ・ハイエースのロングバンDXをチョイス。

全長4,695mm×全幅1,695mm×全高1,980mmで、乗用車でいえば5ナンバーサイズだから、普段使いに困ることはないだろう。

オーバーランダー後ろ

その代わりキッチンをもたない車中泊仕様車なので、IVの名の通り、4ナンバー(小型貨物車)登録となる。

設備はごくシンプル。8ナンバー登録の室内高制限をクリアするための床掘り加工も不要だから、その分コストを抑えることができた。

4ナンバー車は毎年車検が少々面倒だが、税金や自賠責保険などは優遇されているし、高速道路料金も普通車でOK!ランニングコストが低いのが魅力だ。

内装紹介

インテリアは、オリジナルのオーバーランダー同様「帆布調のオリーブグリーン生地」を採用。

フロアには縞板風クッションフロアが敷かれるなど、シリーズのアイデンティティである「ミリタリー調」はそのままだ。

ベーシックグレードのDXなので、前後バンパーは未塗装黒樹脂。室内各部もあえて鉄板をところどころ見えるようにするなど、武骨さがむしろイメージにマッチしているといえる(オプションでボディ同色バンパーなどがセットのGLパッケージも選べる)。

気になる室内レイアウトは?

室内レイアウトはいたってシンプルだ。前向き乗車にも後ろ向き乗車にもなる2列目シートや荷室部には上下3段階調節可能なベッドレールが用意されている。

乗車定員は1列目3名、2列目3名の6名。就寝定員は標準仕様なら2名、オプションのベッドマットを追加すれば4名にもできる。

ダイニングは2列目シートを後ろ向きにセットし、リアベッド部と向かい合わせにするスタイルが標準仕様。

運転席回転

オプションの「シートバックダイネットマット」を使えば、運転席・助手席の後部と前向きの2列目シートで向かい合わせにするスタイルにもできる。

前述のとおりキッチンを持たない分、ナローボディの割には居室が広く使える。アクティブに遊ぶための二人泊仕様というところか。

老舗ならではの作り込みがすごい

ソケット2個

電装系について見てみよう。標準装備では12Vソケットが2か所にあるだけ。

サブバッテリーシステムもオプションだが、必要なら市販のポータブル電源を載せるのが賢いだろう。

ベッドスタイル

よく、こうしたシンプルスタイルの車に対して「ただ車にベッドを載せただけでしょ?それなら自分でDIYできるよ」という人がいる。が、車中泊の快適性を左右するのは『断熱』だ。

もちろんリーズナブルラインのオーバーランダーⅣにも、同社の他モデルと同様のしっかりした断熱加工が、天井・側面・床にも施されている

居室用エアコンは装備されていないが(オプションにも設定はない)、走行中にカーエアコンで車内を冷やし、停泊中はサンシェードなどで遮熱。優れた断熱性能で涼しさを維持する、という発想だ。

ガランドゥ

目に見える部分はもちろん、目に見えないところにこそ丁寧な仕事をされているのが、老舗ビルダーのすごいところ。

長年愛されてきただけの技術と気遣いが、そこここに光っている。

シートやベッドなど、キャンピングカーの基礎的な機能は高品質で充実。装備はシンプルに徹することで、4,048,000円(2WD・ガソリン)〜とリーズナブルな価格に抑えられているのもうれしいポイントである。

ホビクル・オーバーランダーⅣ
ビルダー:レクビィ
タイプ:バンコン
ベース車両:トヨタハイエース ロングバンDX
価格:¥4,048,000(税込)~
乗車人数:6名
就寝人数:大人2名(ベッドマット追加で最大4名)
全長:4,695mm
全幅:1,695mm
全高:1,980mm
公式ホームページはこちら

関連記事一覧