バンライフスタイルキャンピングカーまとめ

バンライフスタイルのキャンピングカーを一挙に紹介!



日本でも浸透してきていて実践している人も増えているバンライフ。

それに合わせてキャンピングカービルダー各社も「バンライフスタイル」を打ち出したモデルを発売しています。

そんな中から、これぞバンライフにぴったり!の雰囲気抜群の車種をまとめてご紹介します!

そもそもバンライフって?

バンライフ仕様車を紹介する前に、あらためて「バンライフ」とは何かについて解説というかおさらいをしたいと思います。

結論から言ってしまうとバンライフの明確な定義はないです。

バンライフが注目されるきっかけとなったと言われているのが、ラルフローレンのデザイナー・コンセプトデザイナーだったフォスター・ハンティントンという人。

彼が生活に必要な最小限の物をバンに詰め込んで、車上生活を始め、その生活の中で知り合った同じような暮らしをする人たちの様子を集めた写真集「Home Is Where You Park It」を出版。この本は世界中のバンライファーのバイブルとなっているそうです。

また美しい旅路の風景とともに、13名のバンライファーたちのインタビューを収録した「YOUR HOME ON THE ROAD」は、昨年、日本語版も発売されました。

トゥーヴァージンズ
¥3,300 (2021/07/26 10:06:40時点 Amazon調べ-詳細)

「車中泊と何が違うの?」
「豪華な設備のキャンピングカーに住んでいる人はバンライファーとは言えないの?」

いろんな疑問が浮かんできますが、究極的には本人がバンライフだと言えばバンライフなんだと思います。

ただ、共通イメージとしてあるのは、バンライフ仕様車は内外装ともにデザインにこだわっている点。

そして高価なパーツや装備ではなく、センス重視な実用性と雰囲気が求められているようです。

こうしたイメージに影響されてか、日本のビルダーから発売されているのは、ウッディーな内装でバンライフを謳ったモデルが多いようです。

バンベースのモデルいろいろ。

WORKVOX「SEDONA(セドナ)」

sedna-type3 外装

WORKVOX社が手がけるSEDONAはタイプⅢから始まり、LIKESIDE、タイプⅣと現在3つのモデルがそろっています。

どれも内装に本物の木をふんだんに取り入れているのがいちばんの特長と言えるでしょう。

sedna-type3 内装

タイプⅢは、後部の荷台に最高級ブラックウォールナット(クルミの木)を使っているほか、天井に新材をあえて古材に見えるように加工した『ウエスタンレットシダー』を採用。

鉄のフレームと木材で作ったサイドキャビネットは、全体的にログハウスのようなデザインと落ち着いた色調となっています。

sedna lakeside 外装

LIKESIDEの内装は明るめの色の木材と真っ白な家具で、車名のとおり、湖のほとりにあるおしゃれな別荘といった印象。

sedna lakeside 内装

標準装備としてシンク付きキッチンと冷蔵庫が設置されています。

タイプⅣは、ざっくり言うとタイプⅢのサイズ拡大版というところでしょうか。

ハイエースのワイドボディ・スーパーロング・ハイルーフがベースで、SEDONAシリーズ初の8ナンバーキャンピングカー登録となります。

3つとも、雰囲気バツグンでおしゃれなんだけど、しっかり使える道具でもある。まさに、バンライフにピッタリなモデルではないでしょうか。

SEDONA (セドナ) タイプⅢ
ビルダー:WORKVOX(ワークヴォックス)
タイプ:バンコン
ベース車両:トヨタ ハイエースバンDX ナローボディ
価格:¥4,130,500(税込)~
乗車人数:6名
全長:4,695mm 全幅:1,695mm 全高:1,980mm
公式サイトはこちら

Santa Rosa (NACS)「Sonoma(ソノマ)」

販売元のNACS(ナックス)は、中古車の買い取り・販売などでおなじみのアップルカーセールスプロデュースによるハイエース専門店。

いろんなタイプにカスタマイズしたハイエースをリリースしています。

その中の、バンライフを意識したブランドが「サンタローザシリーズ」。

さすがカスタムハイエース専門とあって、サンタローザシリーズも豊富な種類があります。

居住空間をダイニングやフルフラットベッドに簡単にアレンジできる使い勝手の良い「Sonoma」。

2段階の高さにセットできる6分割のベッドマットが特徴の「Catalina」。

「Catalina」の前向き8人乗りワゴンタイプの「Catalina wagon Type.1」と「Catalina wagon Type.2」。

さらに、シンプルなつくりで手が届きやすい価格(3220000円/税抜~)の「Brooklyn style 」と「California style」。

また、ナックスは先ほど紹介したワークヴォックス・SEDONAのディーラーも兼ねているようで、サンタローザ仕様のSEDONAもラインアップされています。

sonoma green 外装

出典:Santa Rosa

ここではたくさんある中の「Sonoma」を紹介してみたいと思います。

sonoma 内装 収納

出典:Santa Rosa

「Sonoma」はこれぞバンライフモデルといったテイストで、暖かみのある天然木を内装全体に採用。武骨な鉄製のインテリアが素朴で落ち着いた雰囲気づくりを手伝っています。

sonoma シート

出典:Santa Rosa

「Sonoma」の特長は前向きにも後ろ向きにもフラットにもできる2列目のバタフライシートと、屋外に持ち出せてテーブルとベンチにもなるベッド。

sonoma green 外装

出典:Santa Rosa

使い方や人数に合わせて車内のレイアウトが変えやすいので、仕事をしたり、キャンプしたり、眠ったり、これ1台でバンライフのどのシーンでもちゃんと使えそうです。

Santa Rosa Sonoma (ソノマ)
ビルダー: NACS
タイプ:バンコン
ベース車両:トヨタ ハイエースバンDX ナローボディ
価格:¥3,810,000(税抜)~
乗車人数:6名
全長:4,695mm
 全幅:1,695mm
 全高:1,980mm
公式サイトはこちら

RIW(ANNEX)「ブローニィRIW」

徳島県に本社と工場を置き、最新のキャブコンやバンコンのビルダーとして、おなじみのANNEX。

豪華で便利な快適装備満載のキャンピングカーの名作を数々生み出していますが、一方で靴を脱がずにドカドカと乗ったり降りたり、もっとラフにワイルドに使いたい人のためのブランドとして「RIW」シリーズも発売しています。

その中の1つが「ブローニィRIW」。

2010年に販売終了したマツダのボンゴブローニィの中古車をベースにリノベーション(改修)した、アウトドアキャンプ向けの「RIW」とサーファー向けの「RIW-S」をラインアップ。

購入希望者は、まずボンゴブローニィの中古車を自分で探してくるところからスタート。内装が出来上がった時点でいったん納車され、しばらくしてから好みのボディカラーに全塗装して仕上がるまで、所有者もビルダーといっしょに作り上げていく過程(プロセス)も楽しめるしくみになっています。

マツダ製のボンゴブローニィは最新ものでも約10年前のモデルなので、外見がすでになんとなくレトロな雰囲気。

しっかりとシンクやコンロが付いていて、「RIW-S」には温水シャワーまでありますが、有孔ボードを物が吊るせる壁材として活用したり、ベンチ兼テーブル兼ベッドの一部にもなる棚があったり、全体的に手作り感にあふれています。

ビルダーさんの手を借りるとはいえ、ちょい旧車のバンを買ってきてリノベーションしていくというのは、本来のバンライフのスタイルにある意味いちばん近い発想かもしれません。

一例ですが、試しにカーセンサーで調べてみると2007年式ボンゴブローニィが3.5万キロ走行で車両本体価格109万円(税込、2021年1月5日時点)で出ていました。

これに全塗装込みのリノベーション代が240万7,900円(税込、参考価格。※ベース車、タイヤ、ルーフキャリア その他装飾品は含まず)。

合計349万7,900円(税込)で、このレトロでおしゃれで実用的なRIWが手に入る。リーズナブルな価格設定も魅力だと思います。

ブローニィRIW
ビルダー:ANNEX
タイプ:バンコン
ベース車両:マツダ ボンゴブローニィ
価格:¥2,189,000(税別、参考価格。ベース車両代別)
全長:4360mm(標準ボディ)
 全幅:1695mm
 全高:1980mm
公式サイトはこちら

flexdream 「FD-BOX7vanlife」

車中泊できる街乗り仕様車” をコンセプトにした新車ハイエースと言えば、flexdreamのFD-BOX7シリーズ。

いろいろなタイプの内装があるFD-BOX7シリーズの中にもvanlifeを謳ったモデルがあります。

flexdream「FD-BOX7vanlife」内装

出典:flexdream

「FD-BOX7vanlife」は、先に紹介したSEDONAのビルダー・WORKVOX(ワークヴォックス)とコラボレーションした内装で、アイアンと木がメインの素材となっています。

さらに運転席し助手席のシートにはエスニック柄で知られているアメリカの生地メーカー・ペンドルトンの生地を採用。

さらにセカンドシートは専用生地を使ったREVOシート(ほぼ無段階に調整できるリクライニング機能付きシート) 。

flexdream「FD-BOX7vanlife」シート

出典:flexdream

シンクやコンロは装備されていなくて、シンプルな車中泊仕様となっています。

ベース車はハイエースバン・ワイドスーパーGLの標準ボディまたはワイドボディから選べます。

ワイドボディを選ぶと、2列目のREVOシートを後部いっぱいまでスライド可能。

flexdream「FD-BOX7vanlife」内装

出典:flexdream

後部には3分割のベッドマットが用意されているので、2列目のシートと組み合わせて多彩なレイアウトのアレンジができます。

セカンドシートを折りたたんで一番前まで移動させると、広大な荷台が出現。貨物用やバイクや自転車のトランポとしてなど、普段遣いもまったく問題なし!

FD-BOX7シリーズのコンセプトをそのまま受け継いだバンライフ仕様車となっています。

FD-BOX7vanlife
ビルダー:flexdream
タイプ:バンコン
ベース車両:トヨタ ハイエースバンDX (標準ボディの場合
)
価格:¥4,338,000(税込)~
乗車人数:5名
全長:4,695mm
 全幅:1,695mm
 全高:1,980mm
公式サイトはこちら

ダイレクトカーズ「Retreat(リトリート)」

ダイレクトカーズ「リトリート」

ダイレクトカーズが “アメリカンVAN LIFEをヒントに、「趣味に特化してお使いいただきたい」と考えて独自開発した(公式HP) ”リトリート。

ベース車にするハイエースのサイズバリエーションが豊富で、ロング・標準ボディ・標準ルーフの「バンDX」ベース、ロング・ワイドボディ・ミドルルーフの「ワゴンDX」ベース、スーパーロングの「キャンパー特装車」ベースの3タイプから選べます。

それぞれ5ナンバー、3ナンバー、8ナンバーで、標準ボディとワイドボディはシンクが付かない車中泊仕様車。

スーパーロングベースのモデルにはシンクやクーラーも標準装備しています。

ダイレクトカーズ「リトリート」内装

内装は3モデルとも共通のテイストで、車名の通りどこか「retreat=隠れ家」を連想させる雰囲気。天井や側面にリアルウッドを貼っているほか、棚や引き出しも木製となっています。

いずれのモデルもシンプルで使い勝手の良いレイアウト。ユーザーの好みでカスタマイズしやすい自由度の高さが特長と言えるでしょう。

Retreat (リトリート )※ナローボディの場合
ビルダー:ダイレクトカーズ
タイプ:バンコン
ベース
車両:トヨタ ハイエースバンDX ナローボディ
価格:¥3,550,000~
乗車人数:5名
全長:4,695mm(ラダー含まず)全幅:1,695mm 全高:1,980mm
公式サイトはこちら

GORDON MILLER(ゴードンミラー)「GMLVAN -01」

GORDON MILLER グッズ

出典:GORDON MILLER

GORDON MILLERは、カー用品・サービスのショップでおなじみのオートバックスの運営をしている企業・オートバックスセブンが展開するカーライフブランド。

「ガレージユースやカーライフを前提とした機能的なデザインのガレージウェアやファニチャー、アウトドアギア、ツール、カーインテリア、カーウォッシュなどのさまざまなプロダクトを通して、愛車のある”ガレージ”から拡張していくライフスタイルを提案します」(公式HP)というコンセプトのもと様々な商品をリリースしています。

グッズにとどまらずGORDON MILLER MOTORS(ゴードン ミラー モータース)として、ここで紹介する車中泊仕様車も販売。

GORDON MILLER 車

出典:GORDON MILLER

トヨタ・ハイエースベースの「GMLVAN V-01」と日産・NV200バネットベースの「GMLVAN C-01」の2モデルがあります。

GORDON MILLER

出典:GORDON MILLER

内装の天然木はアカシア(ホワイトウォールナット)を使用。ただ、床面にはウッドを使用せず、床用の塩ビシートを使用しているため濡れたままの荷物を積んでも大丈夫な仕様です。

セカンドシートはほぼ無段階にリクライニングできるREVOシートを採用。

GORDON MILLER 内装

出典:GORDON MILLER

分割できるフロアボード(V-01)、テーブルとして利用できるフロアボード(C-01)など、フレキシブルな使い方ができるのもバンライフに適していると言えます。

GORDON MILLERバネットベースの「GMLVAN C-01」色展開

出典:GORDON MILLER

バネットベースの「GMLVAN C-01」は、日産の生産工場で塗装するGORDON MILLERオリジナルカラー「オリーブドラブ」と「コヨーテ」の2色を用意。内装だけでなく、外見もこだわりのおしゃれモデルとなっています。

ハイエースベース、バネットベースどちらも2WDのほか4WDが選べるのもうれしいポイントです。

GMLVAN V-01
ビルダー:ゴードンミラー
タイプ:バンコン
ベース
車両:トヨタ ハイエース DX
価格:¥4,520,000(税抜)~
乗車人数:6名
全長:4,695mm 全幅:1,695mm 全高:1,980mm
公式サイトはこちら