DIY初心者が90万円の中古バネットを車中泊仕様に! そしてバンライフをスタート!!



生活に必要なものを車に積んで、旅をしながら暮らすライフスタイルである「バンライフ」。

日本でもしばらく前からよく聞くようになってきましたが、私たちもずっと憧れていました。

そして、ついに今年の始め、バンライフを実現させるために日産のNV200バネットの中古車を90万円で購入

DIYで車中泊仕様に改造しました。

今回は私たちがDIYしたバネットの「お気に入り&快適ポイント」を紹介したいと思います。

自作の車中泊仕様車やキャンピングカーに興味がある方の参考になったらうれしいです。

日産のNV200バネットを選んだ理由

NV200

はじめになぜ日産のNV200バネットを選んだのか、その理由をお伝えしていきます。

NV200バネットを購入する前は軽自動車で車中泊をしていました。

軽自動車のときには

パワー不足を感じる

ふたりで寝るのには狭いというマイナスな点がありました。

ふたつのポイントとさらに、筆者が運転に自信がなかったというのもNV200バネットにした大きな理由です。

ハイエースやキャラバンなどこれより大きな車種の方がバンライフには人気です。

車内空間が広くて快適なので憧れはありましたが、運転にあまり自信がなかったため、これらの車種は候補からはずしました。

旅の途中では舗装されていない道路や、すれ違うことが難しい狭い道を通ることもあります。

そういったときに落ち着いて運転できるかどうかを想定したときに、大きな車両では不安が残ったためNV200バネットにしました。

軽自動車の時に感じていたパワー不足や車内の狭さはNV200バネットでは感じません。

高速道路や坂道でもエンジンの苦しそうな音もなく余裕がある走りをしてくれます。

もちろん車内も軽よりは広くなったので快適に過ごすことができます。

スルガ銀行キャンピングカーローン

【車中泊DIY ポイント1】こだわりのインテリア

NV200

憧れの海外のバンライフをイメージしてインテリアはすべてナチュラルカラーで統一しています。

カーテンやクッションも自分たちで作り、素材にもこだわりました。

例えば、カーテンには膨らみのあるワッフル素材を使用してやわらかい印象を出すようにしています。

また、カーテンを閉じたときに圧迫感を感じないように明るい色にしているのもポイントです。

カーテンの留め具には裏側にマグネットを縫い込むことで車体に直接固定できるようにしています。

NV200バネットは室内のどこにでもマグネットがくっつくので、磁石のものならなんでも取り付けられて便利。

マグネット式のフックなどを車内に取り付けてコップやティッシュケースなどをかけています。

棚に飾ってある鏡や花瓶は雑貨屋さんで購入しました。なかなか思うようなサイズや色がなかったので見つけるのに数カ月かかりました。

走行中に落ちてこないようにしっかりと固定しています。

次のページ▷ NV200 の設備をご紹介します!