アルトピアーノ

オーナー直伝!アルトピアーノ詳細購入ガイド~ベース車両・基本装備紹介編



アルトピアーノ装備の充実度は?~標準装備・オプション装備をチェック

アルトピアーノ 運転席

本項では、アルトピアーノに搭載可能な「標準装備」および「オプション装備」について見てゆきます。

また、標準装備・オプション装備以外に購入しておくべきアイテムも紹介します。

運転装備~車両としての走行に関わる装備をチェック

アルトピアーノのベース車は、タウンエースの「DX」「GL」の2グレード、「2WD(FR)」「4WD(フルタイム)※」の駆動方式、AT/MTのミッションを選ぶ事ができます。

※アルトピアーノを「パートタイム4WD」と解説しているメディアがありますが、副変速機のない「フルタイム4WD」で、ロー/ハイ、2DW/4WDの切換えはなく、「デフロック」は備えています。

「DX」と「GL」の主な違いは、

  • カラードバンパー(GLではボディ同色に)
  • 電動ドアミラー、フロントパワーウインドウ、電動ドアロック
  • ドアトリムのファブリック化
  • 4WD車は寒冷地仕様標準装備(強化バッテリー、リアヒーター、リアワイパー、リアフォグランプ)
(2WDではオプションとして装備可能です)

です。

我が家のアルトピアーノは「4WD-GL」で、雪道でなくても4WDの安心感は大きいと感じますが、装備面では、実際に使用してみて良かったと思うのは、寒冷地仕様と電動ドアロックぐらいで、後は、あってもなくても……という感じで、特にGLがお勧めと言う事はありません。

メインバッテリーが上がってしまうとエンジンがかからなくなり、山間部でのソロキャンプ時などは非常にマズい事態に陥りますので、寒冷地仕様の強化バッテリー(メインバッテリー)はキャンパー的には心強い装備と言えます。

4WDは標準装備、2WDではオプションとなりますが、多少コストが増えても装備しておいた方がよいかもしれません。

その他で1点注目するなら、パワーウインドウが必要かどうか……です。

パワーウインドウ

DXでは手動、GLではパワードになりますが、確かに普段、街中で使っている場合にはパワーウインドウは便利ですが、キャンプ等のエンジン停止時には動かないので、運転席・助手席の窓の開閉は逐一キーを回す必要があり、面倒な作業になるからです。

そういう状況では、エンジン停止でも窓の開閉が可能な手動の方が良かったと感じる事もあります。

ちなみに、これは運転席・助手席の窓だけの話しで、リアのスライドドアの窓の開閉はグレードに関わらず手動です。

我が家のアルトピアーノの装備

追加できる運転装備については、普通のクルマと大差なく、ディーラーのタウンエースバンのオプションとして装着可能です。

以下は我が家のアルトピアーノ(GL)の装備です。

  • ABS(標準)
  • エアバッグ(デュアル、標準)
  • パワーステアリング(標準)
  • キーレスエントリー(標準)
  • マニュアルエアコン(標準)
  • SDナビ・オーディオ(スマホ連携、CD/DVD再生、フルセグ、ETC連動ナビゲーション)約15万円
  • バックガイドモニター(後退時ナビ画面に後方が映し出される)(オプション)約1.5万円
  • 電子ルームミラー(前後ドライブレコーダー内蔵、通常時バックモニター)(オプション)約3万円
  • ETC2.0(オプション)約3万円

余談ですが、後方視界については注意が必要です。

アルトピアーノ ルームミラー

ルームミラーに移るリアハッチの窓越しの後方視界は芳しくない上に、リア窓にカーテンなどを設置している場合には後方視界が極端に悪くなるため、「バックモニター(後退時ナビ画面に後方が映し出される)」や、ルームミラーとして機能する「ミラー型ドライブレコーダー」(前後撮影タイプ)は、必須アイテムと言えます。

その他では、ナビゲーションやETCは不可欠な装備と言えます。普通車と比べて、オプションの選択肢は多くなく、グレードや機能で2~3種類から選択します。

2020年新型車からスマアシ搭載

運転支援、安全装備については2020年の新型から衝突回避支援システム「スマアシ」が搭載され、飛躍的にグレードアップしています。

  • 衝突警報機能・衝突回避支援ブレーキ(対車両・対歩行者)(4AT・5MT)
  • 車線逸脱警報機能(4AT・5MT)
  • ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)(4AT)
  • 先行車発進お知らせ機能(4AT・5MT)
  • オートハイビーム (4AT・5MT)

2020年以前のモデルでは、ABS以外の運転支援等は一切装備されていません。選択肢もないので、現時点の中古車はほぼすべて、上記「運転支援」機能は搭載されていないことになります。

参照: トヨタ・タウンエースバンのWEBカタログ

キャンパー仕様標準装備~アルトピアーノの基本形「キャンパーパッケージ」

DX/ATDX/MT
2WD2,360,000円
(2,596,000円)2,279,000円
(2,506,900円)
2WD
・寒冷地仕様2,517,182円
(2,768,900円)2,436,182円
(2,679,800円)
4WD2,736,182円
(3,009,800円)2,655,182円
(2,920,700円)
GL/ATGL/MT
2WD2,542,000円
(2,796,200円)2,461,000円
(2,707,100円)
2WD
・寒冷地仕様2,689,182円
(2,958,100円)2,608,182円
(2,869,000円)
4WD2,910,182円
(3,201,200円)2,829,182円
(3,112,100円)

(金額下段は消費税10%込み価格)

上記は、タウンエースバンに「キャンパーパッケージ」と「2トーン塗装」が施された「アルトピアーノ」の車両価格です(GLグレードは「黒バンパー」への換装費用も含みます)。

アルトピアーノの標準装備「キャンパーパッケージ」は、中央のREVOシートを配しその周囲に棚や収納庫、天井にLEDの室内灯が設置されただけの非常に簡素な構成ですが、2,050mmを確保しているフルフラットなベッドは、「手足を伸ばしてゆっくり眠れる」というキャンパーの基本性能をしっかり押さえていると言えます。

アルトピアーノの「キャンパーパッケージ」の内容は以下の通りです。

・REVOシート

REVOシート

・テーブル … ベッド展開時取り外し可能、足折れ機能

アルトピアーノ テーブル

・天井LED照明 … メインバッテリー電源

アルトピアーノ 天井LED照明

下記の「基本電源ユニット」オプションを装備していない状態での「LED照明」は、通常のルームランプと同様にメインバッテリーから電源を取っていますので、長時間、点け放しにするとバッテリー上がりの原因となりますので要注意です。

・コーナーテーブル&収納ラック

コーナーテーブル&収納ラック

スライドドア後方からリアを回り込んで反対側スライドドアまで、ぐるりと棚が巡らさられ、その下が収納庫になっています(電装品注文時には収納庫はなくなります)。

2トーン塗装について

キャンパーアルトピアーノ

出典:トヨタモビリティ神奈川

「2トーン塗装」は、アルトピアーノのチャームポイントの1つで、可愛らしいルックスを演出していますが、街中での普段遣いではかなり目立ちますし、「遊び心」あふれるデザインは状況によっては乗ってゆく場所を選ぶケースもあります。

タウンエースのオリジナルカラーの白・銀の方が普段遣いには使いやすいかもしれません。

また、2トーン塗装をキャンセルする事で、165,000円(DX)~209,000円(GL)安くできますので、その分でポータブル電源などのアイテムを購入するのも選択肢の一つではないかと思います。

GLグレードで「2トーン塗装」をキャンセルすると、バンパーがボディ同色となります(DXとの差額は黒バンパーに変更するための費用44,000円が含まれるためです)。

まとめ

アルトピアーノ カレンダー

ここまで、ベース車であるタウンエースとしての装備やオプション、外観や車体寸法など、アルトピアーノとなる基本装備「キャンパーパッケージ」の詳細、室内サイズや居住性について解説致しました。

次回は、「後編」として、いよいよアルトピアーノのキャンパーとしての装備やオプションなどについて、オーナー目線で紹介・解説したいと思います。

▼後編の記事はこちら