車旅で日本一周する夫婦

車中泊で日本一周!450日以上続けてきて思う、良かったこと苦労したこと



日産キャラバンで日本一周中の「とおるんよしみん」の妻・よしみんです。

2019年6月から(緊急事態宣言の期間は実家でお休み)ずっと日産キャラバンで日本を回り、通算450日以上車中泊をしています。

私は元々旅行好きでしたが、車中泊はしたことがなく、はじめは分からないことだらけ。そんな状態で日本一周をスタートさせたのですが、良かったことも悪かったこともたくさん経験しました。

今回は、そんな私たちが、車中泊で日本一周をしてどんな体験をしたのか?どんなことを感じたのか?どうやって乗り越えてきたのか?などをご紹介いたします。

車中泊旅はしたことなかったけど、初めての車中泊は最高だった!

車のうえで本を読む女性

私たちは旅好きでしたが、ホテルやゲストハウスに泊まったことしかありませんでした。ですから、現在乗っているキャラバンを引き取りに行って、帰り際に数日間車中泊をしたのが車中泊の初体験。でも、実際に車中泊をしてみると、自分にとても合っていることに気づきました。

それまで旅をする時は、バックパックに荷物を積んでいたのですが、あまり力のない私はバックパックをずっと背負って旅行するのはとても大変。しかも、旅行に出る前に宿を予約しているので、急な予定変更はできず、「もっと自由な旅をしたい!」と思っていました。

ところが、車中泊旅だと、荷物は車で運べるのでバックパックを背負わなくていいし、宿も予約していないので、「もう1日観光したい」と思ったら延長できます。こんなに自由な旅ができるのは、本当に私たちにあっていると感じています。

車中泊で日本一周をして良かったこと

小さなことが幸せに感じられるようになった

湧き水を汲む男性

車中泊と聞くと「不便だ」と思う方も多いはず。確かに家に住んでいた時に比べると不便なことも多く、水も電源も限りがある中で生活をしています。

しかし、限られた資源の中で生活をしているからこそ、湧き水があった時は飲み水がこんなに湧いているなんて幸せ!!と思うようになりましたし、入浴施設にドライヤーがあるだけでも嬉しく感じます。

家に住んでいたら当たり前のことですが、車中泊をすることで、平凡な日常でしていることに幸せを感じられるようになったのは、自分でも驚きでした。

幸せを感じる基準が下がったことで、本当に小さなことでも幸せを感じ、以前よりも幸福度がかなり増しています!

自由な旅ができる

海の前の夫婦

旅は元々好きだったので、会社員の時は長期連休になると、バックパックに荷物を詰め込んで旅に出ていました。でも、宿を予約して、行き帰りの新幹線や飛行機の手配をしてから旅をしていたので、旅先で気に入った場所があっても、延長して滞在することはなかなか難しかったです。

しかし、車中泊の旅をしている今は、急な予定変更も可能です。例えば、晴れたときの富士山を見たければ、晴れるまで待つことができます。実際に富士山が見られるまで数日待ったこともあり、そのおかげで絶景を見ることができました。

そのため、以前よりかなり自由な旅ができるようになり、いろんな場所の絶景を見ることも増えました。

毎日が新鮮

いつも違う場所にいるので、毎日がとても新鮮です。2人で朝散歩をすることがあるのですが、必ず新しい発見をします。

この地域ではこれが有名なんだ!近くにこんな観光地があるんだ!など。散歩をしなくても、車で通っているだけでも色々な看板を見つけて様々な発見をします。

また、スーパーマーケットに行っても、見たことのないものに出くわします。愛知県では「名古屋グルメ鉄板イタリアン」を発見したり、滋賀県では「赤いこんにゃく」を発見したり。

調味料も地域によって、しょっぱかったり甘かったりと、違いがあるのを発見するのが楽しいですね。

赤いこんにゃく

家に住んでいた頃は、近所の同じスーパーマーケットに行って、新たな発見もなく、いつも同じようなものを買っていました。ですが、今は毎回違うスーパーマーケットに行って、毎回新しい発見があって楽しいです。

夫婦の会話が増えた

笑顔の夫婦

車中泊旅では、今日どこに行く?と必ず話すので、夫婦の会話がとても増えました。行きたい場所に行った後は、実際に行ってみて良かったのか?何を感じたのか?を話すことが多いです。また、新たな発見が多いので、今日初めて食べたものや初めて知ったことについてもよく話します。

何の変化もない毎日であれば、話すことがどうしても少なくなりますが、毎日が新発見ばかりなので、ついつい共有したくなって夫婦の会話が増えていきます。そのおかげで、日本一周する前より、さらに夫婦仲良くなれました。

車中泊で日本一周をして苦労したこと

荷物の受け取りや市役所の手続きが面倒

郵便物 コンビニ

郵便物は基本的にコンビニ、運送会社の営業所、郵便局で受け取ることが多いです。

荷物の到着日にはどこにいるのか?を予測して、受け取る場所を決めて注文します。80サイズまでの荷物なら問題ないのですが、それ以上大きな荷物になると受け取りができなくなります。

日本一周をスタートして2ヶ月で、ソーラーパネルが原因不明の故障。新しいソーラーパネルを購入したくても、200サイズを超えるものだったので、いつものようにコンビニなどで受け取りができなくて困りました。

その時は、インスタグラムのフォロワーさんに代わりに受け取っていただきました。

大きなものをネットショッピングできないのは不便ですが、私たちを助けてくれる方がいて本当に感謝です。

また、市役所からの書類はコンビニなどで受け取ることができないため、住民票を置いている実家に届くようになります。実家に書類が届くと親から連絡がくるので、それからの手続きになります。

車中泊スポットや温泉を探すのが大変

毎日移動するので、毎回車中泊スポット、温泉、スーパーマーケット、コインランドリー、ガソリンスタンドを探さなければならず、それにはかなり時間を取られます。

日本一周中に、バンライフ仲間から温泉とガソリンスタンドを探せるアプリがあると教えてもらいました。営業時間や定休日まで分かるので、いつもそのアプリを使用しています。

しかし、スーパーマーケットやコインランドリーはGoogle マップで調べるのですが、立体駐車場の車高制限が分からなかったり、営業時間も不明なところもあったりするので、それについては毎回電話で確認しているため時間がかかります。

また、海外では車中泊スポットが分かるようなアプリがあるようですが、日本にはまだなくて、近場で車中泊できる場所を毎回調べなければいけません。今後日本でも、車中泊スポットが分かるアプリができることを願っています。

車がぬかるみにハマって抜けられなくなった

ぬかるみにハマったタイヤ

車中泊するためにキャンプ場に行こうとしたら、道を間違えてしまい、ぬかるみにハマって出られなくなったことがあります。自動車保険についているロードアシストサービスを利用したのですが、道が狭くて助けてもらうことができず、本当に困りました。

幸い、次の日に地元の方に助けてもらい出られたのですが、もし出られなかったらと想像すると今でも怖いです。

それ以来、自力でも脱出できるように、スコップとスタックステップを常に車に載せています。これでまたぬかるみにハマっても自力で脱出できそうです。

夏は暑くて冬は寒い

人生で初めて車中泊をした時は、何も対策をしておらず、寒さで夜中に何度も目が覚めました。そんな経験から、日本一周する時は、暑くても寒くても快適に車中泊ができるように色々対策をしました。

夏は網戸を使ってドアを少し開けた状態でも虫が入ってこないようにしたり、扇風機を使用したり。

冬は電気毛布や湯たんぽを使ったりと、たくさん工夫をしているので、初めて車中泊した時のように、眠れないぐらい暑かったり、寒いということはありません。

しかし、家で寝るより車中泊の方がより寒さや暑さを感じやすいです。特に去年の夏はかなり暑くて、朝早く目が覚めるほどでした。そのため、今年の夏は標高が高い場所で車中泊をすることに。そのおかげで、真夏でも快適に車中泊ができました。

また、冬は湯たんぽや電気毛布、カイロなどを使えば快適に眠ることができます。電気毛布をつけるとかなり温かくなるので、布団の中にいると少し汗ばむこともあるほど。

少しずつ工夫をしていき、夏も冬もしっかり対策をすれば、車中泊でもけっこう快適に過ごせると思います。

車中泊で日本一周に挑戦して良かった

車中泊をほとんど経験せずに日本一周を始めた私たちですが、450日以上車中泊旅を続けてきて、いつも違う景色を見ることができたり、毎日新しい発見があったり。

私たちには最高な旅のしかた、そして最高の暮らし方だと実感しています。

おかげで私たち夫婦はさらに仲良くなって、いつでも新たな出会いにワクワクすることができています。

これからもまだ旅は続いていきますが、さらに2人で新しいことを発見、体験して車中泊旅を楽しんでいきたいと思います。

車中泊での日本一周に興味はあるけど、なかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。実際にしてみると色々不便なこともありますが、それを上回る幸せをたくさん感じることができて最高です!

車中泊での日本一周が気になっている方には、ぜひぜひおすすめしたいと思います。

関連記事一覧