後付け可能?!軽自動車にも無理なく装着可能な超小型エアコン!!One Cool21の実態とは



9月に入り、さすがに多少秋めいてきた今日このごろ。

とはいえ、今年の夏も尋常ではない暑さだった。

よほどの高地や北海道にでも行かない限り、もはや車中泊にエアコンは必須といっても過言ではないだろう。

風通しと良くしようと窓を開ければ防犯上の心配もあるし、家にいても就寝中の熱中症が増えている、とも聞く。

現在のキャンピングカー停泊時のエアコン

さて現在、キャンピングカーの停泊時用エアコンの主流は「家庭用エアコン」である。

日本製の家庭用エアコンは省エネ性能に優れ、RVパークなど電源がある場所はもちろん、DC/ACインバーターでも動作できる。

が、いかに有能とはいえ、あくまでも家庭用の製品である。

室内機・室外機共にそれなりのボリュームがあるし、そもそも車載用ではないので「車に組み込む」ことなど想定されていない。

つまり、キャンピングカーに設置するには、それなりのスペースも工夫も必要なのである。

停泊時エアコンにはもうひとつある。

いわゆるサブバッテリーで作動する12Vエアコンである。

こちらは車載用なので、家庭用に比べれば小型。

室外機設置の自由度も高いというメリットがある。

家庭用せよ車載用にせよ、共通して言えることがある。

これらのエアコンを搭載するには、バンコンであれキャブコン・バスコンであれ、ある程度スペースに余裕のある車両に限られる、ということだ。

人気の軽キャンピングカーやコンパクトカーベースのバンコンには、室外機・室内機に割くだけの十分なスペースがない。

まして空間そのものが小さいだけに、エアコンの能力がオーバースペックになることもある。

そんな従来のジレンマを解決する商品が登場した。

ステージ21から発売されたOne Cool21は、同社の軽ベースバンコンにも無理なく装着できる製品なのだ。

スルガ銀行キャンピングカーローン

One Cool21は軽自動車でも問題ない?!

車載用エアコン

One Cool21はDC12Vで作動する車載用エアコンである。

お披露目は今年7月に東京ビックサイトにて開催された東京キャンピングカーショーだった。

ステージ21社のブースに展示されていた、リゾートデュオ バスキング(ダイハツ・アトレーベース)に装着されていたのである。

これまでもDC12V車載用エアコンはいくつかあったが、家庭用エアコンよりは小さいものの、軽自動車等に装備するのは難しいサイズだった。

今回のOne Cool21は、室内機・室外機共に、従来製品よりも一回りコンパクト

室内機は46×32×16cmとA3サイズほど、室外機もダイハツ・アトレーの床下にきれいに収められていた。

次のページ▷One Cool21のパワーと電源について