エメロード内装外装top

カセットボンベで動くコンロ&冷蔵庫を標準装備!車旅ビギナーにぴったりのキャンピングトレーラー「エメロード376」



今年30周年を迎える、キャンピングトレーラー・軽キャンパーの専門店「インディアナ・RV」。

同社のラインアップの中から、フランス「トリガノ社」への特注で実現したキャンピングトレーラー『エメロード376』をご紹介します。

輸入キャンピングトレーラーでありながら、コンロや冷蔵庫はカセットボンベで使用可能など、日本国内の車旅で使いやすいよう仕様が変更されています。

普通免許でけん引でき、国内の道路事情にもフィットしたサイズなので、「キャンピングトレーラーに興味はあるけど少しハードルが高い……」と感じていた方にも、ぜひおすすめしたいモデルです!

それでは、一つひとつの魅力について見ていきましょう。

正面

エメロード376V
販売元:インディアナRV
タイプ:「V(Vエディション)」「VP(Vエディション・プレミアム)」「VIP(Vエディション インディペンデント パワー)」
就寝定員:4~5名
全長:5,400mm
全幅:2,100mm
全高:2,580mm
重量:750kg
価格:「V」:2,893,000円(税込)、「VP」:3,223,000円(税込)、「VIP」:3,443,000円(税込)

「エメロード376」の特徴

国内での使いやすさに配慮したカスタマイズ

整備中

「インディアナ・RV」では、『輸入したトレーラーをそのまま提供するのではなく、日本で使いやすいように仕様を変更し提供する』ということを一貫して守ってきました。

そのため、フランス製の「エメロード376」にも、日本での車旅に適したカスタマイズがなされています。

もっとも特徴的なのが、プロパンガスを使わないということ。

詳しくは後述しますが、ガスコンロも冷蔵庫も、気軽にコンビニなどで買えるカセットボンベで動かせます。

普通免許で運転可能

牽引

トレーラーをけん引する場合、トレーラーの重量が750kg以下であれば、けん引免許はいりません。

普通免許だけでけん引できるのも、「エメロード376」の大きな特徴の1つです。

国産のセダン車は難しいですが、排気量が2,000cc以上あれば、ミニバンやステーションワゴンでも十分トレーラーヒッチを付けてけん引できます。

運転できるか不安な場合は、インディアナ・RVのお店でけん引体験してみることもできます。

右左折やバックはコツをつかむまでは少し難しいかもしれませんが、慣れればスムーズに動かせるでしょう。

充実した設備

「エメロード376」には、装備が異なる以下の3タイプがあります。

・ V(Vエディション)
シンプルを求める方におすすめの、通常タイプ。灯油式FFファンヒーター、カセットガス供給器、12V 105Ahサイクルユースバッテリーなどを装備。

・VP(Vエディション・プレミアム)
「V」に「WiFi無線式バックカメラ、80Wソーラーパネル、収納式出入口ステップ、セキュリティハンドル、調光式LED間接照明等」などのオプションを加え、利便性を高めたタイプ。

・VIP(Vエディション インディペンデント パワー)
「VP」の装備のうち「12V 105Ahサイクルユースバッテリー」「80Wソーラーパネル」を「1,260Whポータブル電源」「ポータブル電源専用220Wソーラーパネル」に変更し、トレーラーでの電気使用能力をさらに向上させた装備タイプ。

灯油式FFファンヒーター、カセットガス供給器、バッテリー管理モニターなどは、どのタイプにも共通して装備。

どれも、国内で快適な車旅をするには欠かせない装備ばかりです。

コストパフォーマンスが抜群

エンジンも駆動装置もない分、室内は正味、居住空間に使えます。

トレーラーと同じ広さの居住空間と設備を持つ自走式キャンピングカーと比べると、価格が2~3倍することも。

さらに自動車税、重量税、自賠責保険などの金額も抑えられるので、かなりコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

スルガ銀行キャンピングカーローン

外装

エメロード 376

冒頭でもお伝えした通り、「エメロード376」は国内でも扱いやすいサイズ感が魅力です。

全幅2,100mm、連結の先端までの長さは5,400mmと、ハイエースのスーパーロング(5,380mm)程度。

駐車場に関しても普通車1台分のスペースで事足り、小回りが利くので公道でもスイスイ動かせます。

外装は、基本的にメーカーのデザインをそのまま使用。

ボディカラーは、熱を吸収しづらく汎用性の高いホワイトの1色です。

断熱材

断熱材

「エメロード376」は、欧州のキャンピングカーでは一般的な、断熱材を挟んだサンドイッチパネル構造になっています。

採用されている断熱材は、「XPS」と呼ばれるもの。

トリガノ社が他社に先駆けて採用した高断熱の素材で、従来の「EPS」という断熱材に比べて、断熱効果が20%も違うのだとか。

「冬は温かく、夏は涼しい」そして「高い遮音性能」を実現してくれます。

ドア周辺、窓

窓

また、黒いスモークのアクリル二重窓もこだわりの1つ。

もともとのデザインではクリアでしたが、プライバシーに配慮するためにインディアナ・RVがオーダーしたもので、外から車内がかなり見えにくくなっています。

シェード

網戸とシェードも各窓に設置。

キッチン以外にはカーテンも備えられているので、外の景色を楽しみたいとき、着替えなど外から見られたくないときなど、シーンに合わせてシェードとカーテンを使い分けられます。

セキュリティハンドル

「VP」「VIP」には、ダブルロックができるセキュリティハンドルが付いており、防犯機能はもちろん、トレーラーへの乗りやすさも考慮した装備です。

セキュリティハンドルを取っ手代わりにして、さらに収納式のアルミステップを使えば、小さなお子さんもスムーズに乗り降りできるでしょう。

また、同じく「VP」「VIP」には4足分のシューズホルダーも設置。

そのまま靴を脱いで、カーペット敷きの車内に入れますよ。

次のページ⇨ エメロード376の内装について紹介します!