キャンピングカー

冬の車中泊!寒い思いをしてでもする?!車を活かして冬を満喫しよう!!



寒い季節になりましたね。

私の愛車は日産の簡易な車中泊仕様、キャラバンマルチベッドです。

「簡易キャンパーで冬の寒い中、車中泊なんてできるの?」「エンジン切らないといけないでしょ?」

「何をして過ごすの?」様々な疑問があると思います。

結論は、寒い冬の季節でも車中泊をすることは可能です。

夏でも冬でもアクティブに行動しています。

今回はそんな冬の車中泊の楽しみ方について、私自身の経験をもとに冬の車中泊での楽しみ方について、お話させていただきたいと思います。

この記事を読むことによって、冬の車中泊を楽しく乗り切ることが出来るようになりますので、是非参考にして下さい。

寒い思いをしてでも車中泊はおすすめ

キャンピングカー

私の愛車キャラバンマルチベッド仕様は断熱も無ければFFヒーターも無い、床張りとベッドキットだけの簡素な仕様です。

夏の熱帯夜の暑さはどうしようもありませんが、冬の寒さは対策次第でどうにかなります。

そして、寒い思いをしてでも車中泊をする価値があります。

山での車中泊は空気が澄んでいるので星がとてもきれいに見えるので、恋人やお子様が居るご家庭なら温かい飲み物を飲みながら満天の星空を見せてあげましょう。

都会では決して見ることのできない星空にきっと圧倒されるはずです。

海辺での車中泊は、ハイシーズンではないので海水浴客がいません。

つまり比較的空いているので混みあいません。朝早く起きて冬の冷たい風を浴びながら誰もいない海辺を散歩してみるのもいいですよ。

冬の車中泊、楽しむ上での注意点

ご自身の寒さ対策も、もちろん重要ですが車も冬対策は必要です。

タイヤは必ず冬用タイヤに

夏タイヤで雪道を走行するのは危険です。

出発するときに降っていなくても、思わぬ雪に見舞われる可能性がありますので必ず雪に対応したスタッドレスタイヤ等の冬用タイヤを履きましょう。

ポータブル電源の使い方に注意

ポータブル電源

ポータブル電源を使用しているのであれば、冬はバッテリーの減りが早いことを頭に入れておきましょう。

お手持ちのスマートフォンで体験したことはありませんか?

これは、リチウムイオンバッテリーの特性で、特に0度以下の低温下においてバッテリーの内部抵抗が大きくなり容量が減少、バッテリーの減りが早くなってしまうのです。

スマートフォンの最適なパフォーマンスの許容範囲は0度から35度となっており、ポータブル電源でも最近の機種はリチウムイオンバッテリーを使用している物も多く、そのような特性に留意する必要があります。

冬の車中泊、楽しみ方は?!

キャンピングカー

冬ならではの楽しみはたくさんあります。

例えば温泉、寒い夜の温泉は体の芯から温まります。

また、雪景色を見ながらの朝から入る温泉もまた格別です。

車に戻れば人目を気にせず家のようにリラックスできるので、日常のストレスから解放されなんとも良い気持ちになります。

スキー

また体を動かしたい人にはウィンタースポーツも良いでしょう。

前乗りし車内で温かいご飯を食べ、次の日は朝からスキーやスノーボード、ワカサギ釣りも冬ならではの楽しみです!

次のページ▷どんな場所で車中泊する?!