厳選荷物top

車中泊で日本一周中!積んできて良かったモノ、要らなかったモノ!



DIYで車中泊仕様にした中古のトヨタ・タウンエースで、日本一周をしています。

6月11日(大安)にスタートして、現在(本記事は8月中旬に執筆)、車旅を始めて約2カ月になります。

出発地は富山県富山市、現在は新潟県→山形県→秋田県→青森県そして5カ所目の北海道帯広市に滞在中です。

さて、今回は日本一周旅への出発の際に、車に詰め込んだ荷物についてお話ししたいと思います。

だいたい1カ月ぐらい旅を続けていると有用なものと不要なものがいくつか出てきます。

深く、深く考えて詰め込んだ荷物が、ほとんど日の目を見ないなんてことも。

反対に、訪れる場所の知識が乏しくて「あれ持って来ればよかった」と思うこともあります。

長期の車中泊旅に出ていろいろ使ってみたからこその私の実感が、読者のみなさんの装備選びの参考になればうれしいです。

【車中泊で日本一周】出発の際に持って出た荷物の紹介「衣類について」

衣類

車の中で生活していると狭い空間の中で着替えや身支度をしなくてはなりません。

このことを念頭に置いて、夏に向けて私が最初に準備した衣類と、持っていった数を紹介します。

Tシャツ/7枚
トランクスパンツ/7枚
靴下/7枚
ショートパンツ/3枚
タンクトップ/2枚
長袖Tシャツ/2枚
Gパン/1本
スウェットパンツ/2本
パーカー/2枚
ウインドブレーカー/1枚

その他、登山目的で専用のウエアを1式持参しております。

できるだけ少なくしたつもりでしたが、書き出すと少し多く感じますね。

Tシャツ・トランクス・靴下が各7枚ずつの理由は、単純に1週間に1度洗濯するであろうと想定したためです。

2カ月間旅をしていますが、おおよそ想定通りになっています。

スウェットパンツとパーカーは北海道の夜が寒そうだったので、持ってきましたが大正解でした。

8月にスウェット&パーカーなんて思うかもしれませんが、既に何度か着用しています。

それと、何気なく持ってきたウインドブレーカーが主に北海道の岬で大活躍

襟裳岬や函館の立待岬なんかは風が強いので、軽くてサッと羽織れるウインドブレーカーは非常に便利です。

記念撮影向けなどにいくつかお気に入りの服を持っていくのは大賛成ですが、あまり高価な服や超が付くお気に入りは持っていかない方が賢明です。

理由は、ほとんどのケースで洗濯時に乾燥機を使用するということと、狭い空間で食事をするので汚れる可能性が高いから。

お気に入りの服が台無しになりかねません。

スルガ銀行キャンピングカーローン

【車中泊で日本一周】出発の際に持って出た荷物の紹介「靴とサンダル」

靴とサンダル

私はスニーカー好きなので、なんと3足も持ってきております。

ほかにランニング&ウォーキング用シューズが1足とサンダルが2足、その内1足がビーチサンダル兼用のものです。

合計で6足は自分でも多いと思います。

使ってみて正直半分は持ってこなくても旅に支障はなかったです

まず、街歩き用にスニーカーは1足のみで充分です。

他の2足はルーフボックスに入っているのでほとんど登場しません。

サンダルはビーチサンダルと兼用できるものであれば心強いと思います。

夏は海・川・湖に入ることがあるので、濡れてもよいサンダルは必須です。

その他1〜2足ほど、趣味に合わせた靴を持っていけば充分。

9月に一度里帰りするのでスニーカー2足とサンダル1足は家に置いていきます。

次のページ▷準備した日用品をご紹介します