• HOME
  • 記事一覧
  • 知識
  • キャンピングカーライフのプロ直伝、キャンピングカーのトイレを勧める理由
排水タンク

キャンピングカーライフのプロ直伝、キャンピングカーのトイレを勧める理由




キャンピングカー、車中泊仕様車におすすめの、DIY簡易トイレ


キャンピングカーにトイレを搭載することを勧める私ですが、車中泊仕様車のオーナーのみなさまへ「安く揃えられる、簡易トイレ」の提案です。

① 本格的・防災用品の導入




災害時、トイレが使えない時に役立つトイレセット。

いざという時に開封してみたけど使い方が分からない、なんていうことにならないように、購入したらまず1つ開封してみましょう。

できれば実際に使ってみて、使い方のイメージをしておくといいです。

組み立て式の目隠しもいいですが、手軽に隠れられるポンチョタイプのマントを用意しておくとなおいいです


② いざという時の備えに、ホームセンターで揃える




ビニール袋と超吸水性樹脂(高吸水性ポリマー)を用意しておけば、いざという時にジェル状に固めて捨てられます。

ビニール袋は防臭タイプのものがおすすめです。


③ ペット用品と共有




実際にペット連れキャンピングカーオーナーさんの手法です。

いざという時には、ビニール袋を設置しその中にペットシートを敷き、そこでする…とてもシンプルで手軽です。

共通してあると便利なバケツ
①〜③いずれの場合も、バケツ状の物があるとしやすいです。

バケツの中にトイレ用品を収納しておけるので、1つ搭載しておくと助かります。





イノマタ化学(Inomata-k)
¥1,600 (2024/07/14 16:49:57時点 Amazon調べ-詳細)

トイレ設置・導入のすすめ


ここまで私がなぜトイレの設置をお勧めしているのかについてお伝えをしてきました。

すでにトイレ設備がないキャンピングカーを購入されている場合や必要性を感じられず、買うのは勿体ないと考えられている方もいらっしゃるかと思います。

たしかに、キャンピングカーのトイレは、確かに必要と感じる人と不要と感じる人の二極化しやすい設備です。

それでも私は、旅の道中、トイレを我慢することなく、雨天時や夜間トイレに行きたくなった時、車内に備え付けられたトイレが大活躍しています。。

また、いつ災害が起こるか分からない現代。

備えとしても車内トイレの導入をおすすめします。

汚水の処理もそれほど手間ではないので、ぜひキャンピングカーにトイレを常設することを選択肢のひとつに入れてみてください。