• HOME
  • 記事一覧
  • 知識
  • 困る!キャンピングカーや車中泊仕様車の旅先での故障・不具合!これだけは備きたいアイテム4選
キャンピングカー高速道路走行top

困る!キャンピングカーや車中泊仕様車の旅先での故障・不具合!これだけは備きたいアイテム4選



タ昔に比べれば格段に信頼性は増したが、車に限らず、機械とは故障するものである。

乗用車以上に様々な機器が搭載されたキャンピングカーならば、なおさらである。

ギミックが多い分、トラブルが発生する機会も多いと考えた方がいい。

えてして、故障やトラブルはディーラーやキャンピングカー販売店から遠く離れた場所で勃発するものだ。

あるいは、運悪く定休日だったり、深夜だったり。狙ったようにやってくるところが恨めしい。

しかし、恨んでばかりいても仕方がない。

中には完全お手上げの不具合もあるだろうが、ちょっとしたアイテムを積んでおくだけで応急処置くらいはできて、そのまま旅が続けられる場合もあるはず。

本記事では、何にも用意していなくていきなりアウト!という事態をできるだけ防ぐために、「最低限これだけは用意しておきたい」という必携アイテムを紹介したいと思う。

走行不能の場合は迷わずJAFか保険会社のロードサービスへ!

キャンピングカーが高速道路走行

ここで紹介するアイテムは、窓が閉まらないとか、バンパーが落っこちたとか、室内照明が付いたり消えたりするとか、ヘッドライトが片方付かないとか「多少の不便はあっても、何とか旅は続けられる不具合」の応急処置に役立つと思われるものである。

エンジンがオーバーヒートしたり、かからなくなったりしたときなど、走行自体ができない場合は、あきらめてJAFまたは加入している保険会社のロードサービスに連絡することをおすすめする。

ただ、自分で何とかできるかもしれないちょっとした不具合でも、立ち向かうためには“道具”が必要だ。

以下は、私がおすすめする4選。積んでおいて損はないと思う。

スルガ銀行キャンピングカーローン

故障・不具合に備えて積んでおきたいもの その1 工具

プラス(+)とマイナス(−)のドライバーを大小1本ずつ、スパナ、ラジオペンチといった基本的な工具は、まず用意しておきたい。

高級な工具をそろえる必要はないので、ホームセンターや通販サイトで数千円程度で売られている「工具セット」がお勧めだ。

欧州車の場合、日本ではあまり使われていない15mmや17mmのスパナやソケットを追加しておけば安心。

アメリカ車の場合は、インチ工具もそろえておこう。

次のページ▷故障・不具合へ備えて積んでおきたいもの残り3つご紹介!