• HOME
  • 記事一覧
  • 知識
  • 【知らなきゃ損!】かさばる秋・冬キャンプの道具をスマートに積載する方法!
荷物

【知らなきゃ損!】かさばる秋・冬キャンプの道具をスマートに積載する方法!



日中の過ごしやすさや虫の少なさを考えると、秋・冬はアウトドアには最高の季節です。

夏場の不快だった暑さやベタベタ感がない秋・冬こそ思いっきり車中泊キャンプを楽しめるのではないでしょうか。

しかし、そんな楽しいはずの車中泊キャンプでも秋・冬は日が暮れると一気に気温が下がります

自然の中でのキャンプや車中泊となると上着を1枚羽織るだけでは寒さを解消することはできません。雨や雪が降った場合には身体の芯から冷えてしまう可能性もあります。

「せっかくキャンプに来たのに、寒くてもう帰りたい」

「寒すぎてテントから出られない」

となってしまったら、キャンプも車中泊も楽しめません。

かといって寒さ対策を意識しすぎると荷物がかさばってしまい車内はパンパンといったことになりますよね。

そこで、今回は大荷物になりがちな秋・冬のキャンプ道具を少しでも減らして快適に過ごせる方法を紹介します。

スマートに車内に積載して楽しいキャンプ・車中泊旅に出かけましょう。

今回車内に収納するキャンプ用品リスト(2人用)

収納

テント×1
マット×2
寝袋×2
テーブル×2
ソフトクーラー×1
2泊分の衣類(防寒着含む)
毛布×2
キャンプ道具ケース×2

これらの道具を車内にどのように積載していくのかについてお伝えしていきます。

また、積載時の注意点や対策を紹介しているので、積載に悩んでいる方は参考にしてください。

スルガ銀行キャンピングカーローン

一番のポイントはコンパクト性

秋・冬キャンプで道具が一番増える理由は防寒グッズですよね。

毛布・布団・防寒着はどれもかさばってしまうため車内がいっぱいになります。

そこでまず最も大事なポイントは「いかにコンパクトにしていくか」ということになります。

毛布や布団は入るか入らないかギリギリのケースに押し込んで収納しています。

人数分用意すると場所を取りますが、なるべくコンパクトなケースに入れることによって車内に載せても圧迫感なく過ごすことができます。

毛布や布団の次に場所を取るキャンプ道具ケースですが、ここでもポイントがあります。

大きなハードケースは車内で置ける場所が限られてしまいます。

積載で悩んでいる方はこのギアボックスで悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

大きなギアボックスではなく、小さめのギアボックスを複数使うという方法がおすすめです。

サイズがコンパクトなため車内でも置き場所に困りません。

収納

ハードタイプではなくソフトタイプにすることによって足元に置くことも可能になります。

車中泊の場合はすべての荷物を車内に入れた状態で就寝スペースがとれるようにする必要があります。

道具をコンパクトにすることによって車内の空間を広くとれるようになります。

収納

限られた車内という空間で隙間を上手に使うことが快適度を左右するといっても過言ではありません。

湯たんぽは小さいサイズでも十分温かさを保ってくれます

夜間にセットした湯たんぽでも翌日までしっかりとあたたかさを持続することが可能です。

大きな湯たんぽの場合『お湯が沸くまで時間がかかる』『収納場所に困る』といった問題があるため、手のひらサイズで直火可能なコンパクトなモノを使っています。

中に入れたお湯もすぐに沸き、小さな湯たんぽなので狭い寝袋の中で場所をとらないといったメリットもあります。

次のページ▷積載時の注意点をご紹介します!