• HOME
  • 記事一覧
  • キャンピングカー
  • 【納期最短約4カ月!】ソーラーパネルも電動サイドオーニングも付いて、税込み、諸費用も込みで360万円!の本格軽キャンピングカー JP STAR のHappy1+

【納期最短約4カ月!】ソーラーパネルも電動サイドオーニングも付いて、税込み、諸費用も込みで360万円!の本格軽キャンピングカー JP STAR のHappy1+



【千葉・船橋支店で試乗もできる!】

キャンピングカーが欲しい、買うとなったら、やはり快適装備をいろいろと付けたくなるものです。

しかし、オプションをあれもこれもと追加するとすごい金額になってしまって、泣く泣くこれはがまんしよう、あれもやめとこうとなってしまいがち。

そんな悩みを解決してくれそうなのが本記事で紹介するJP STAR Happy1+(ジェーピースター・ハッピーワンプラス)

エアコンやFFヒーターといった大物の空調機器以外は、ほぼなんでも標準装備されていると言ってもいいくらいオールインワンのモデルです。

なのに、消費税込み、諸費用も込みで360万円

これは見逃せないでしょう。

ハッピーワンプラスのスペック・価格
モデル名:JP STAR Happy1+(ジェーピースター・ハッピーワンプラス)
ビルダー:Moon Star Export
ベース車両:ダイハツ ハイゼットトラック エクストラ(パートタイム4WD AT またはMTを選択可)
車両寸法:長さ3,790mm×幅1,690mm×高さ2,480㎜
乗車定員:4名
就寝定員:4名
ナンバー:8ナンバー登録
価格:3,600,000円~(消費税・諸費用込み)
Moon Star Exportの公式サイトはこちら

電動サイドオーニングもソーラーパネルも標準装備?!コスパがすごい!

JP STAR Happy1+(ジェーピースター・ハッピーワンプラス、以下ハッピーワンプラス)は2021年12月にモデルチェンジを下ダイハツの軽トラック・ハイゼットトラックをベースに、荷台部分を居室として架装したキャブコンバージョン(キャブコン)と言われるキャンピングカーです。

ハッピーワンプラスの標準価格は3,600,000円。

しかもこの価格、消費税込みなだけでなく、新車を買うときに必ず払わなければならない自動車税や自動車重量税、自賠責保険、リサイクル料まで含まれています。

でも、安いけれど快適装備はオプションで、いろいろ付けると結局けっこうなお値段になるのでしょうと思いますよね。

違うんです。

3,600,000円の中には、電動サイドオーニング、床断熱、外部シャワーヘッド、リアスピーカー、JPSTAR専用レザーシート(運転席・助手席)、外部電源100V入力と外部電源コード(3m)、150Wのソーラーパネル、鉛サブバッテリー(110A)とインバーター(3,000W)、バックカメラにリアパーキングソナー(4カ所)などまで入っています。

オプションで、エアコン(120,000円、以下いずれも税込)、FFヒーター(50,000円)、22Lの冷蔵庫(50,000円)に、鉛バッテリーでは電気が不安というなら400Ahリチウムバッテリー(220,000円)を選んだとしても計440,000円プラス

360万円+44万円=404万円(税込)。

テレビショッピングみたいになってしまいますが、これだけ付いてこの価格です。

あとはナンバープレートを取得して任意保険に加入すればいいだけ。

驚くコスパです。

ハッピーワンプラスのビルダーであるMoon Star Export株式会社の公式サイトに、「キャンピングカーはもっと身近でいい」とありますが、標準でもオプション級の装備を満載しているハッピーワンプラスは、まさに手が届き安い身近な存在と言えるでしょう。

スルガ銀行キャンピングカーローン

本格的キャブコン&ポップな外観

ポップなフォルム

先述したように、ハッピーワンプラスのベース車はダイハツの軽トラック・ハイゼットトラック。

荷台部分を大幅に架装したキャブコン(キャブコンバージョン)で、運転席・助手席の屋根部分が大きく張り出したバンクベッドがあるこれぞキャンピングカーという外装です。

写真のように可愛いフォルム。

ボディーカラーはダイハツカラー以外にも、オプションでどんな色にでも変更も可能

2トーン塗装や全塗装することができます。

ボディカラー

外装の目玉は標準装備の電動サイドオーニングでしょう。

リモコンで簡単に出し入れできて、好きな長さに調節できます。

LEDライトまで付いていて、至れり尽くせり。

シャワーヘッド
後部左側には外部シャワーヘッドと給水口、FFヒーターを付けた場合の軽油の給油口が見えます。

二十扉
エントランスドアは網戸付きの二重扉になっています。

これも標準装備。

これらのほか、RVパークやキャンプ場などで、家庭用の電源を車内に引き込むための外部電源入力口も標準で設置されています。

次のページ▷本格軽キャンピングカー JP STAR Happy1+の驚きの広さ