ルーフラック

【2022年版】ルーフラックおすすめ人気10選!選び方や注意点も紹介



ルーフラックはコンテナも長い荷物もしっかり積める上にカッコいい!キャンプなど荷物が多いときにルーフラックは重宝します。

荷物はしっかり固定、車の高さに注意してルーフラックを使いこなしましょう。

おすすめルーフラックをルーフキャリア取付け型、車に直接取付けできるタイプに分けて全10種類紹介します。

ルーフラックとは?

バッグ

©R. Roth/stock.adobe.com

「ルーフラック」は、キャンプやサーフィン、バーベキューなどのアウトドアレジャーで荷物を運ぶ際に活躍するアイテムです。

車体のルーフ部分に「ベースキャリア」を装着して接合パーツにより取り付けたり、もしくはルーフラック自体に脚部分のパーツが付帯していて直接ボディへ取り付けられたりできる構造で便利なアイテムとなります。

基本的な使い方は、車内のラゲッジスペースで入りきらない荷物をコンテナボックスへ詰めて、車体に備え付けたルーフラックへ搭載。

ネットで荷物を覆うように包み固定するだけと簡単です。

ルーフボックスとの違い

ルーフラックに類似したアイテムで「ルーフボックス」が挙げられます。

ルーフボックスは、コンテナボックスを直にベースキャリアへ備え付けられるような仕組みとなっていてメリットとなりますが、反面。

収納容量が限られる点がネックとなります。

一方、ルーフラックはルーフボックスと異なり、搭載するコンテナボックスの形状によって走行安定性が左右されるのが難点。

しかし、可能な限り荷物を積み上げられるため、持ち運ぶ量を重視したい人におすすめです。

スルガ銀行キャンピングカーローン

ルーフラックの選び方と種類

アイテムが車種に適合するか

軽自動車からワゴン、ミニバン、SUVと幅広い車種に対応している一方で、ルーフラックを製造しているメーカーでは車種ごとに対応車種を設定してアイテム開発に取り組んでいます。

幅や奥行き、高さ、積載が可能な重量が決まっていて、無理にコンテナボックスを載せないよう安全性重視で作られています。

また、補足したいポイントは、ベースキャリアと接合して使うタイプのルーフラックは、それぞれ同じメーカーのアイテムであるか確認してから取り入れると安心です。

取り付け作業をしてみたら、アタッチメント部品が合わずに気づいたら別メーカーだったケースも考えられます。

ルーフラックを 購入する際は、メーカー・ブランドも欠かさずチェックしましょう。

使用用途・目的に合っているか

ルーフラックのメリットは、コンテナボックスごとに分けて、可能な限り精一杯載せられるのが強みとなります。

しかし、フタなど雨・風・雪などを避けられる構造ではないため、天候によってはコンテナボックスが濡れてしまうなどのリスクがあります。

冬場にスキー場へ出かけるのに使おうと考えている人は完全な箱で密閉できるルーフボックスがおすすめですが、スキー以外の用途で使おうと考えている人には、手ごろな予算で手に入るルーフラックが適した選択となるでしょう。

取り付け方法は2種類

ルーフラックには、予め車に取り付けたベースキャリアと接合する、もしくは車体へ直に取り付ける、2つのパターンがあります。

ミニバンやSUVなどの車種では、「ルーフレール」と呼ばれるアイテムが装備されているのは忘れてはなりません。

ベースキャリアをルーフレールに取り付け、かつルーフラックを重ねて装着するタイプなので、丈夫で外れる心配が少ないのが強みとなります。

一方、ベースキャリアやルーフレールがなくても使えるように、”アーム”によって直にボディへ取り付けられるルーフラックも市販されているのも便利です。

アイテムに付属している金具を使い、ルーフに存在する隙間などへアームをはさみ込む方法で固定します。

装着する車のルーフをチェックして、対応車種となっているかチェックするのと同様に、2つの取り付け方法から選べるようであれば適したアイテムを選ぶとよいでしょう。

ルーフキャリア(ベースキャリア)と同じメーカーで選ぶと安心

ルーフラックは別売りのルーフキャリア(ベースキャリア)を取付け、その上に装着します。

まずは自分の車に取り付けできるルーフキャリアを探し、それからルーフラックを選ぶといいでしょう。

ルーフキャリアは同じメーカーでそろえると確実に取り付けできるので安心です。

また同じメーカーでもタイプが合わないこともあるので、適合表で確認してから購入しましょう。

次のページ▷ おすすめのルーフラックをご紹介します!