• HOME
  • 記事一覧
  • 知識
  • 【車中泊旅】ぐっすり眠れる就寝スペースとは!?DIY例とともにポイントをチェック!
寝室スペース

【車中泊旅】ぐっすり眠れる就寝スペースとは!?DIY例とともにポイントをチェック!



自由度が魅力の車中泊旅。

海や河原でBBQ、アスレチックやキャンプなど、昼間にたくさん活動したら、夜はぐっすり休みたいものですね。

しかしスペースに限りのある車内での就寝は、「狭くて多少寝づらくても仕方ない」とあきらめてる方も多いのではないでしょうか?

車中泊でも工夫しだいで、自宅と同様に快適に眠ることができます。

そこで今回は、ぐっすり眠れる快適な就寝スペースについて、バンをDIYで車中泊仕様にしている我が家の実例とともにご紹介したいと思います。

車中泊における「快適な就寝スペース」の重要性

眠る場所

車中泊旅行では、眠る場所をしっかりと整えることが重要です。

全てが用意されたホテルと違い、ベッドメイキングなど快適な就寝スペースの確保は自分でするしかありません。

旅行中にしっかりと睡眠をとることで翌日も元気に活動でき、旅行をめいっぱい楽しむことができますよ。

我慢しないこと

車のサイズによって就寝スペースは確かに限られますが、より快適な睡眠がとれるよう工夫することが大切です。

「車内だしこんなものかな」とあきらめたり、我慢をしないこと。

我慢して車中泊自体がストレスになってしまえば、長く車中泊旅行を続けることができませんよね。

私は車中泊旅行のメリットは、ホテル代がかからない分、長い期間旅行を楽しめたり、浮いたお金でおいしいご飯を食べられることだと思います。

そういう意味でも、『ストレスなく車中泊旅を続けられる環境』を整えることは大切です。

また出かけたくなる

快適に車中泊ができるようになると、出かけることへのハードルが下がります。

あらかじめホテルを手配する必要もなく、行き先も自由自在。旅行に行こう!と思ったその日から出かけることができるのです。

車中泊旅の自由度に慣れると、ホテルや旅館などの宿泊施設に泊まる一般的な旅行ができなくなりますよ。

車中で快適に寝られるからこそ、また行きたいと思え、たくさん出かけるようになります。

家族での会話が増えたり、車中泊仕様に整えた車の活用の道も広がります。

次のページ⇨ 快適な就寝スペースとは? 具体的にご紹介!