• HOME
  • 記事一覧
  • 知識
  • 今夜はどこで車中泊する?「車中泊OK」の場所とその探し方、知ってますか?

今夜はどこで車中泊する?「車中泊OK」の場所とその探し方、知ってますか?



車中泊に慣れている方なら、何度も利用しているお気に入りの車中泊スポットがあったり、車中泊スポットの探し方をよく理解していたりと、「どこに泊まるか」で悩むことはあまりないかもしれません。

また車中泊におけるルールもしっかりと把握されている方が多く、「ここは泊まってもいいけどここはNG、このあたりはグレーゾーン・・・」なんてことまで把握している方が多い印象です。

しかし、車中泊を始めたばかりの方やこれから体験してみようと考えている方の中には、「どうやって車中泊スポットをみつけるのか」「車中泊OKの場所はどこなのか」「道の駅は車中泊していいの?」など、車中泊スポットについて多くの疑問があるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、車中泊歴3年以上の筆者が、車中泊スポットの探し方や問題なく車中泊ができる場所、車中泊が基本的にはNGとなっている場所などをご紹介していきたいと思います。

施設自体が「車中泊OK」としている場所であれば、面倒なトラブルに巻き込まれることもありませんし、設備も充実していることが多いです。

安心して車中泊を楽しむことのできる車中泊スポットはどこなのか。気になる方はぜひ記事をチェックしてみてください。

道の駅や高速道路のサービスエリア(SA・PA)は車中泊できるの?

道の駅

車中泊できる場所といえば、道の駅や高速道路のサービスエリア・パーキングエリアを思い浮かべる方が多いかもしれません。

では実際のところ、道の駅やサービスエリアは車中泊可能なのでしょうか。

国土交通省やNEXCO中日本なども、公式見解として「宿泊利用はNG、仮眠はOK」としています。

基本は「休憩施設」であるため、休憩を兼ねて数時間程度の仮眠であれば問題ありません。

しかし最初から車中泊をするつもりで利用することは「できるだけご遠慮いただきたい」とのことでした。

くわしくは後述しますが、道の駅は場所によって運営者が別々の場合があるので、行ってみたいと思う道の駅があれば、直接確認するのがよいでしょう。

また道の駅であれば、施設によっては有料の「RVパーク」を併設している場合があります。

RVパークであれば、問題なく車中泊が可能です。

サービスエリアも、施設によってはハイウェイホテルを併設していることがあります。

ホテルの利用であれば宿泊が可能です。

スルガ銀行キャンピングカーローン

安心して車中泊できる「車中泊OK」の場所とは

RVパークの看板

道の駅やサービスエリアが車中泊NGとなると「どこで車中泊をしたら良いのかわからない」と考える方も多いのではないでしょうか。

筆者がおすすめする「車中泊OKの場所・施設」は、RVパークやCarstayステーション、オートキャンプ場といった、基本有料で利用する施設です。

車中泊をする方のために用意されたサービス・施設であることから、トイレや洗面所など車中泊のための設備が整っており、場所によっては入浴施設や調理スペースの利用も可能になっています。

またRVパークやCarstayステーションであれば、利用料金も1000〜5000円程度の施設が多く、気軽に利用できる価格設定が魅力。

利用可能な車両の台数も限られていることから、マナー違反などのトラブルに巻き込まれる心配もかなり低いといえます。

RVパークやCarstayステーションについては、公式サイトやアプリでの検索が可能になっています。

宿泊予定の地域を検索窓に入力するだけで、利用可能な施設や利用料金、詳細な利用方法まで確認することが可能です。

またオートキャンプ場なども目的地が決まっている場合は、「目的地+オートキャンプ場」などのキーワードで検索すれば、容易に探し出せることが多いです。

北海道などのキャンプ場では無料で利用できる場所も多いようですが、関東近郊で無料のキャンプ場というのは本当に数が少ないため、基本的には有料であるという認識で良いと思います。

キャンプ場については昨今のアウトドアブームの影響もあり、利用者がかなり増えていて混み合うことが多いようです。

料金も施設ごとにまちまちで、だいたい5000円程度からの価格設定。

前の2つのサービスよりは、少しお高めの価格設定となっている印象です。

しかしその分、屋外で焚き火やバーベキューが可能だったり、施設内にアクティビティを楽しめる設備が整っていたり、広々としたスペースを利用できたりと、メリットの部分もかなり多くなっているようです。
次のページ▷ その他にも、車中泊可能な場所が増えてます!