カーサイドタープ

カーサイドタープおすすめ人気29選|車中泊にも便利!タイプ別に紹介



カーサイドタープのメリット|車×キャンプにあると便利

カーサイドタープ

©pentium5/stock.adobe.com

カーサイドタープとは、車の横やリアハッチにタープを広げ、車内スペースが狭い車でも、十分な居住空間を確保できるアイテムです。

同じようなアイテムとして、カーサイドオーニングがありますが、こちらは、キャンピングカーやカスタムカーのルーフに備え付け、車体の横に広げて設営するタイプのアイテム。

カーサイドタープは普通車でもタープが貼れ、ポールを設営する手間も少なく、収納もコンパクトであるため、手軽にキャンプやドライブ中の休憩時などに展開できるのでおすすめです。

カーサイドタープの選び方

車体サイズに合ったカーサイドタープを選ぶ

カーサイドタープは、ミニバン用やワゴン用、SUV用などがあるので、車体サイズに合ったものを選びましょう。

サイズを間違えてしまうと、車の横で広げた時に風雨を防げず、カーサイドタープを広げた意味がなくなってしまいます。

また、使用する人数と目的に応じた空間の確保もポイントです。

カーサイド用でなくても車と連結できればOK

カーサイド用でなくても、車と連結し居住空間を確保できるサイドタープも販売されています。

その中でも一番多く使用されているのは、シンプルな形で連結させやすい「レクタタープ」です。

レクタタープはポール次第でアレンジのきく張り方ができ、長方形で形が単純なのでビギナーキャンパーでも簡単に畳むことができます。

雨でも使いたいなら耐水圧を確認

多くのカーサイドタープには、耐水圧が記載されています。

耐水圧は、数値によって対応できる雨の量が変わるので、購入前に確認しておきましょう。

耐水圧300mmで小雨、耐水圧10000mmで大雨に対応できるため、雨でも使えるカーサイドタープを探している方は、耐水圧の高いものがおすすめです。

次のページ⇨ カーサイドタープの種類は?タイプ別に紹介します!