車内内装全体

車中泊におすすめ!100円ショップで買った「おしゃれで便利なアイテム」6選!



筆者は車中泊に使うアイテムを探すために、頻繁に100円ショップを訪れています。

100円ショップというと、10年ほど前までは「安いけど質が悪い」というイメージが強く、現在も当時のイメージをそのまま持たれている方が多いかもしれません。

しかし最近では、100円とは思えないしっかりとした作り、おしゃれなデザインの商品がたくさんあり、みてるだけでとても楽しくなるんですよね。

この数年のアウトドアブームもあり、アウトドア・車中泊に使えそうなアイテムもかなり増えてきています。

そこで今回の記事では、私が実際に100円ショップで購入して使用しているアイテムの中から、特に車中泊におすすめのアイテムを厳選して6つご紹介していきます。

日ごろから100円ショップで車中泊アイテムを探しているという方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

車中泊におすすめの100均アイテム1.車内に最適な大きさ&好みのカラーを選べる!「フロアマット」

フロアマット

最初にご紹介するのは、車内出入り口(エントランス)やキッチンの足元などに敷くことができる、小さめの「フロアマット」。

ダイソーで200円(税込220円)でした!

カラーや大きさも豊富に揃っており、自身のキャンピングカーに合わせて最適なものを選ぶことが可能です。

フロアマット

筆者も後部スライドドアをあけてすぐの出入り口付近に小さめのフロアマットを敷いています。

裏面がすべりにくい素材が使われていることもあり、車内でツルツルとすべらず、出入りもしやすくなりました。

またドアを開けてくつろぐ際にも、フロアマット上に座ることでお尻が痛くなりません。

さまざまな場面で心地よく使うことができており、お値段も安価。

大きさや色柄を変えれば、気軽に模様替えも楽しめそうです。

スルガ銀行キャンピングカーローン

車中泊におすすめの100均アイテム2.ポケットたくさんでたっぷり入る「ピクニックバッグ」

ピクニックバック

大きめサイズ&大容量の布製「ピクニックバッグ」。

ダイソーで400円(税込440円)で購入しました。

お値段は100円ではないのですが、その分サイズは39×23×13cmとかなり大きめ。たっぷり量の荷物を入れられる点が魅力です。

さらに表側にポケットが3箇所あり、細々としたものの収納にも役立ちます。

ベッドスペース

奥行きが13cmあるのでしっかりと自立します。筆者は車中泊の際、毎回夫婦2人分の着替えをいれて、ベッドの上に置いておくようにしています。

その他にも、車中飯用の食器や調理道具などを入れたり、レトルトや缶詰など汁漏れの心配がない、長期保存可能な食材を入れておくのにも最適です。

車内の整理整頓にも役立てることができますので、車内が散らかりやすいという方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

次のページ▷ 車中泊におすすめの100均アイテム