ライトキャンパーでの車中泊、快適に過ごすための便利なアイテムとは



初めてキャンピングカーを購入する際に、ビルダーのオプションやアイテムがたくさんありどれを付けたらよいのか迷う方も多いのではないでしょうか

納車から半年が経ち、車中泊の旅を満喫中の私達夫婦。

愛車はミニバンタイプのキャンピングカーで、限られたスペースでも就寝や収納方法も工夫しながら徐々に快適に過ごせるようになってきました。

そこで今回は、わが家がキャンピングカーを購入する時に付けるか悩んだオプションと新たに追加すると便利だろうなと検討中&新たに購入したアイテムを紹介します。

ソーラーパネル

わが家の車にはサブバッテリーが搭載されているので、充電方法としては走行充電、外部充電の2つです。

ソーラーパネルを付けると太陽光発電により充電が可能ということになり、3つの方法で充電が可能になります。

購入時に付けようか一番悩んだ装備がソーラーパネルです。

キャンピングカー初心者のわが家は、購入時点ではどのくらい電化製品を使うのか、またどのくらい電力を消費するのかがわからなかったため、車を購入したビルダーでは後付けができるということを確認し、まずはソーラーパネルを付けないことにしました。

わが家のキャンピングカーでの主な使用機器は電子レンジ、冷蔵庫、パソコン、スマートフォンの充電、照明、FFヒーターなどです。

RVパークやキャンプ場で外部充電ができる場合は問題ないのですが、冷蔵庫、電子レンジなど電化製品を使用した時に外部電源からの充電ができない場所での数日間の滞在は難しいと感じたことがありました。

サブバッテリーは減った状態のままにしおくと、バッテリーが劣化してしまい寿命が縮まりやすいので、満充電にしておくと良いとビルダーの方から言われたのですが、わが家はマンションのためサブバッテリーが減っていても家では外部充電ができないのです。

以下が、私達が考えているソーラーパネルを取り付けたい理由と悩んでいる理由です。

取り付けたい理由

・外部電源がない場所の連泊でも、気にせず電化製品が使える
・サブバッテリーの空の状態を避け保護ができ、寿命の長持ちにつながる
・災害時にも電源確保ができる

悩んでいる理由

・高額なこと
・季節によっては充電されにくいなど、天候によって左右されやすい

ソーラーパネルで気になる点は、雨の日や曇天は当然ながら発電効率が落ち、さらに夏の炎天下では温度が高すぎて充電しづらいこともあると聞き、限られた季節にしか使えない可能性がある点が購入をためらっています。

ビルダーの方が1年間使ってみて、どのくらいサブバッテリーの容量を使用するのかをみてからでも良いのではとアドバイスをいただいたので、まずはポータブル電源などを併用しながら試してみようと思っています。

スルガ銀行キャンピングカーローン

防虫ネット

車中泊やキャンプ時の虫対策や換気のために重要なアイテムの防虫ネット。

特に夏の車中泊ではエアコンが搭載されていない車内でくつろいだり、寝たりする場合は窓を開ける必要があるため虫対策はしっかりしていないと、車内が虫だらけなんてことも……。

虫を気にせず、快適に過ごすためにも防虫ネットは無いと困るアイテム、以下の2つを候補として検討しました。

ホワイトハウスキャンパーのスライド&リヤゲートネット

ホワイトハウスの防虫ネット

ホワイトハウスキャンパーの防虫ネット

わが家の車を購入したビルダー、ホワイトハウスキャンパーの防虫ネットは車種専用に製造されているのでサイズが合わないという心配がない点と、スライド&リヤゲートとともにロールアップ可能で出入りや荷物の出し入れも楽々。

取り付けたままドアを閉めることもでき、脱着もファスナー式で簡単なところが便利な点です。

キャンピングカー購入時に付けるか迷ったのですが、ホワイトハウスキャンパーでは後付け可能なので他メーカーの商品と比較することにしました。

ロータス・RVパーツセンター 防虫ネット

キャンピングカーのパーツを販売しているお店で、オンラインショップで購入が可能です。

こちらのお店でも、様々な車種に対応した防虫ネットを取り扱っており、取り付けを自分で行う必要はありますが、単品で購入可能なのでリアゲートの防虫ネットだけ購入したいなど選べる点は嬉しいです。

いろいろ探し比較した結果以下の3点が決め手となり、わが家の車にはホワイトハウスキャンパーの防虫ネットが一番使い勝手もよさそうとなり、購入しました。

・ファスナー式で簡単に脱着できる
・シンクが後ろに設置されているので、リアゲートの防虫ネットをロールアップすることでシンクを使う時に不便を感じない
・スライド&リアゲートともに、付けたままドアを閉めることができる

次のページ▷ 快適アイテムをご紹介します!