夫婦で車の上で記念撮影

ガンダム世代がハイエースを本気でDIY!!車旅を楽しむオーナーインタビュー



ハイエースを自分に合ったカスタマイズ・DIYをし、自分仕様の車中泊仕様車を作り上げていく。

使ってみて、改善点を見つけ、さらに使いやすいようにDIYをする。

そんなDIYの魅力を伺いました。

【プロフィール】
名前:なりくんのパパ(54歳)拠点エリア:東京
愛車:TOYOTAハイエース I型スーパーGL
車旅歴:現愛車では約1年
車旅メンバー:奥様

車旅を満喫した末に、自作DIY車を極める!

−車旅歴はどのくらいですか?

子どもと一緒に車旅をしていた頃から、現在車旅を再開するまでにはちょっとブランクがありますが、車で旅をするようになってかれこれ約25年になります。

はじめての家族キャンプはルーフキャリアを積んだHONDA CIVIC(フェリオ EK4)、そしてキャンピングカー仕様のマツダ ボンゴフレンディー、さらにポップアップルーフのキャンピングカーでは家族全員で北海道旅行、車中泊旅をたくさんしました。

そして、現在の愛車のハイエースへ乗り換えた理由は、ボンゴが東京都の排ガス規制で車検不可となったからです。

DIY

それをきっかけに、しばらくお休みしていた車中泊旅を子どもが巣立った2年前から復活しました。

現在はハイエースを少しずつ“DIYし、出かけて使ってみて改善”を繰り返しています。

−車中泊仕様にしたきっかけを教えてください。

ハイエースに乗る前は結構本格的なキャンピングカー、それに準ずる車両でした。

なので同じように車旅することを前提に、ハイエースになってからはベットキットを購入することにしました。

最初の車内装備はそれだけで、徐々にDIYを進めて現在にいたります。

スルガ銀行キャンピングカーローン

“車内別居”がミソ!快適空間で夫婦仲良し

−車内環境はいかがでしょうか

車内は家庭内別居状態です(笑)

私とかみさんふたりともリモートワークスタイルなので、作業テーブルを別々にしています。

セカンドシート

私は運転席・助手席の後ろにテーブルを作成しセカンドシートに座って作業、かみさんはセカンドシート後方の市販のベットキットに作業用テーブルを設置しています。

私は身長170cm、かみさんは150cmで、ベットキットの高さはセカンドシートの座面より高いので私が使うと窮屈ですが、かみさんだと全く問題ありません。

寝るときは、セカンドシートを倒してスペースを確保します。

セカンドシートは純正品から分割式へ変更し、座席の片側だけを倒してかみさんの寝るスペースを確保しています。

また、セカンドシートは私の作業スペースも兼ねているので、この仕組みが一番ありがたいですね。

次のページ⇨ DIYのポイントを紹介します!