アイキャッチ

アウトドア苦手パパが感じた車中泊キャンプの魅力と本音



キャンピングカーの用途は各家庭によってことなりますが、使い方の代表としてはやはり『キャンプ』や『車中泊』ではないでしょうか?

実際にわが家も、キャンピングカーを購入するまではアウトドアが苦手だった主人でも、今や乳幼児を連れて月に1回は車中泊やキャンプを楽しんでいます。

そこで今回は、そんな主人が感じたキャンピングカーでの車中泊キャンプの魅力と、良い面だけではなく、実は大変に思っているや困っていることなどの本音をお伝えしていこうと思います。

そもそも何故キャンピングカーを買おうと思った?

キャンピングカーと風景

アウトドアが苦手な主人がキャンピングカーを購入しようと思った理由。

それは『秘密基地みたいでカッコいい。憧れる!』と最初の頃は単純なことがきっかけでした。

 

犬と散歩

もちろんそれだけで購入したわけではなく、愛犬3匹を連れた遠出や旅行が難しく、お金もかかること、そして長男の妊娠や筆者である私自身はもともと車中泊を自家用車で頻繁に行っていたことも購入するきっかけでした。

スルガ銀行キャンピングカーローン

キャンプを始めたのはキャンピングカーを購入してから

キャンプ風景

もともと虫や暑いのが苦手な主人。

しかしキャンピングカーを購入してからは『せっかくキャンピングカーを買ったならアウトドアも楽しみたい!』とのことで、長男が産まれてからはさまざまな場所に旅行をして車中泊をしたり、キャンプを楽しむようになりました。

キャンピングカー車中泊キャンプの魅力

子と親

キャンピングカーを購入し、キャンプや車中泊を始めてから3年。

ここでは主人が感じたキャンピングカーでの車中泊キャンプの魅力についてご紹介していきます。

装備が充実した動く秘密基地

キャンピングカーとランタン

わが家のキャンピングカーにはテレビや冷蔵庫、電子レンジ以外にも室内エアコンやソーラーパネルなどの装備が一通り揃ったタイプのキャンピングカーです。

つまり夫のようなインドア派な方でもアウトドアを気軽に楽しめる装備が完備されており、内装も自分好みに雰囲気を変えることも可能

主人にとっては昔から憧れていた最高装備を備えた秘密基地そのもの。

私たち夫婦は出会って6年目。

未だに喧嘩らしいことはしていませんが、「いつか夫婦喧嘩した時はキャンピングカーにこもっとくね!」と子供のように目をキラキラさせて事前宣言されるほど、キャンピングカーは夫にとって特別な空間になっているようです。

キャンプ初心者でも気軽に始められる

アウトドア用品

初心者キャンパーにとっては、アウトドア用品を揃えていくのもテントを建てるのも一苦労。

そのため、興味があっても簡単には始めにくい方もいるかと思います。

キャンプ用品

しかしキャンピングカーにはキャンプを楽しむための装備が揃っているので、タープやテーブル、チェアなどの最低限のアイテムさえ揃えば初心者の方でも手軽にキャンプを始めることができます

設営時間が少なくて済む

サイドオーニング

車中泊キャンプは子供と一緒に寝られる大型テントは不要です。

特に目を離せない時期の子供がいるとスムーズにテントを設営するのも難しく、1泊2日程度のキャンプであれば「キャンプ場でゆっくりする暇もなかった…。」というような事態に陥ることもしばしば。

ペットと親子

その分車中泊キャンプは設営・撤収の時間が短いため、その分空いた時間で貴重なキャンプの時間をのんびり過ごしたり、料理をしたり、キャンプ場を散策するなどに使えます。

家族全員と密なコミュニケーションがとれる

エントランス

空間が限られているキャンピングカーは家族との物理的距離が近くなるため、密なコミュニケーションを図りやすくなります。

特にわが家の2歳の長男は「見てー!ママ!パパー!」と自分が行ったことなどを私たち夫婦に一緒に見てほしいと思うお年頃。

普段はよく言いがちな「ちょっと待っててねー」や「後でねー」も車中泊中であればすぐに見てあげることもでき、子供の成長をそばで感じることができ、親にとっても子供にとっても貴重な時間を過ごせています。

天候を気にせずにキャンプを楽しめる

車内風景

キャンプ場での急な雨や落雷、強風に晒された時でもキャンピングカーでの車中泊は安心して過ごせるのも大きな魅力の一つ。

例え強風に耐えられるテントだとしても、雨風が強い中での設営は困難を極めるため、ベテランキャンパーの方でも車中泊キャンプに切り替えて楽しんでいる方も多いです。

ちょっとでもソロキャンプ気分を味わいたいときは隣でテント泊もできる

キャンピングカーリア

日中は仕事をして、帰宅後や休日は育児に翻弄されるパパも1人になれる時間や空間が欲しいもの。

そんな時は私や子供達は車中泊キャンプを楽しみ、主人は隣にテントを設営し過ごしています。

日中の明るい時間は子供達と遊んだり、ご飯を一緒に食べたりして過ごし、夜になったら主人はちょっとしたソロキャンプ気分。

ソロキャンプをしてみたいけど家族を家に残してやるのは気がひける方にもオススメな楽しみ方ですよ。

赤ちゃんを『外で寝かせる』心配が減る

車中泊

わが家の子供達は0歳のときからキャンプデビューしていますが、主人としては外で寝かせることに不安があるとのこと。

その点キャンピングカーはある程度室温を調整しやすく、害虫や野生動物からも赤ちゃんを守ってくれます。

また防音効果にも優れているので、子供達の泣き声で他のキャンパーに迷惑をかけずに済むのも親としては安心できます。

次のページ⇨ 赤ちゃん連れ車中泊キャンプで大変なことや困ってしまうことを紹介します!