伊勢志摩

ハイエースよりも短いキャブコン!! ダイレクトカーズ「伊勢志摩(いせしま) ISE-SHIMA」



今回は、ジャパンキャンピングカーショー2021でお披露目となった、ダイレクトカーズのキャブコン「伊勢志摩(いせしま) ISE-SHIMA」を紹介します。

今年4月に発表された、ダイレクトカーズの「伊勢志摩(いせしま) ISE-SHIMA」は、全長4,990mmと、国内の道路事情にフィットしたサイズ感が特徴のライトキャブコンです。

車内のシートやベッドマットなどには、ダイレクトカーズが本社を構える三重県の伝統の布「伊勢木綿(いせもめん)」(オプション設定)がアクセントとなり、明るく爽やかな雰囲気を演出しています。

「地元の伝統工芸を盛り上げていきたい」そんな想いも感じるダイレクトカーズ 「伊勢志摩(いせしま) ISE-SHIMA」のこだわりを詳しく見ていきましょう!

伊勢志摩(いせしま) ISE-SHIMA
ビルダー:ダイレクトカーズ
タイプ:ライトキャブコン
ベース車両:トヨタ カムロード
乗車定員:6名
就寝定員:6名~
全長:4,990mm
全幅:2,150mm
全高:2,830mm
価格:6,760,000円(税込)~
公式サイト
http://custom.cars-drt.com/iseshima/

「伊勢志摩ISE-SHIMA」の外装

isesima外観

ボディサイズは全長4990mm×全幅2130mmで、ハイエース(スーパーロング)よりも全長が短く取り回しの良い車となっています。

isesima外装2

外装デザインには青いラインをあしらっており、スタイリッシュな印象を受けます。

リアドア

リアドアにはバグネット(網戸)を標準装備。

虫の侵入を防ぎながら風を取り込むことができるため、夏場の換気や、高原などでのキャンプやペットと出掛けるキャンプの際も快適です。

エントランスステップ

乗り降りしやすい、折り畳み式エントランスステップや、

ウェルカムライト

足元を照らすウェルカムライトも標準装備しており、夜間での乗り込みもしやすいです。

外部収納

外部収納としては、青いラインの下に長細い収納スペースがついており、アウトドアチェアなどを収納できるようになっています。

バックカメラ

コンパクトなサイズとはいえ、ボディの後部が大幅に架装されているキャブコンのため、後方の視界は良くないです。

そのため、安全性を考慮し、伊勢志摩にはバックカメラが標準装備されています。

バックで駐車するときはもちろん、後方視界に入りにくい子どもや障害物なども確認できるため安心です。

スルガ銀行キャンピングカーローン

「伊勢志摩ISE-SHIMA」の内装

内装

全長はキャブコンとしては短めながら、天井が高く、車内の動線もしっかり確保されているため、窮屈な感じは全くしません。

また、乗車人数が増えると荷物の積載も気になります。

伊勢志摩では、スペースを左右上部のオーバーヘッド収納やベッド下収納などに加え、画像中央に見える扉を開けると収納庫としても活用可能なマルチルームになっいます。

これだけスペースが確保されていたら、家族全員の荷物もすっきり収納できそうです。

ダイネット

エントランスから車内に入ると正面がダイネット(リビング)。

キッチン

エントランスドア右手には、キッチン。

リアには常設2段ベッドが設置されています。

ダイネット

ダイネットL字型ソファ

伊勢志摩のいちばんの特長と言えるのがダイネットのレイアウト。

大きなL字型ソファを配置し、ゆったりとくつろいだり食事をしたりできるようになっています。

テーブルベッド

中央にあるリビングテーブルは上下に伸縮が可能で、中央の土台のハンドルを回すことでベッドの土台になり、クッションを敷くことで大人2人でもゆったりと就寝可能な幅1900mm×長さ最大1880mmのベッドスペースに展開できます。

ギャレー

丸型シンク

ギャレー中央にはガラス蓋付きの丸型のシンクをビルドイン。

シンクの左右にしっかり作業スペースが確保されているので、車内でもストレスフリーに調理できそうです。

シンクのガラス蓋をすれば、停車中、フラットなカウンターとしても活用できます。

85L冷凍冷蔵庫

ギャレーコンソール左側には、85Lの冷凍冷蔵庫がスッキリ格納されています。

IHコンロや炊飯器など、キッチン周りで使用する電化製品は意外と多いですが、冷蔵庫上にはAC100Vコンセントを2つ用意されているので使い勝手も良さそうです。

オーバーヘッド収納棚

ダイネット横の窓の上とギャレーの上にはオーバーヘッド収納棚があり、キッチン用具やキャンプ用品を収納可能です。

キッチン下収納スペース

キッチンの天板の下には収納スペースがあり、10Lの給水タンクと排水タンクも完備。

このように、コンパクトな車体を最大限に生かし、さまざまな収納スペースを確保しています。

少しでも本体価格を抑えるため、「キャンピングカーで火を使う割合が低い」などといった最近のキャンピングカーの使い方のトレンドに沿い、基本装備を取捨選択しています。

次のページ⇨  ベッドとマルチルームを紹介していきます!