【メティオ 】Rakuneru(ラクネル)」

【メティオ 】Rakuneru(ラクネル)」



メティオ「Rakuneru(ラクネル)」

メティオ ラクネル

メティオは軽キャンパーの製造・販売だけでなく、ベッドキットから車中泊車製作まで幅広く手がけるビルダーだ。

そんなメティオのオリジナルキャンパー「Rakuneru(ラクネル)」には車中泊専用、ラクネルレスト、ポップアップモデルなど様々なシリーズが出ているが上の写真は車中泊専用モデル。

それぞれの使用用途によって内装や機能に少しづつ変更を加えているが、ラクネルはベース車内にアルミフレームを設置することで、ベッドやダイネットを架装している。ベース車本体に加工を加えていないので、普通車に戻したくなればいつでも元に戻すことができる。

これが他のキャンピングカーとの大きな違いだろう。家具なども必要がなくなれば取り外すことができ、逆に必要になればいつでも取り付けることが可能だ。

ベース車込みの販売はもちろんクルマを持ち込んで架装のみのオーダーもできる。また、材料だけ配送してもらい自分で車に架装することもできる。DIYで架装する場合でも、マニュアルがしっかり用意されており安心だ。

Rakuneru(ラクネル)
ビルダー:メティオ
タイプ:軽キャン
ベース車両:スズキ・エブリイ、アトレーワゴンなど
価格:¥2,074,680〜(架装価格¥670,680〜)
乗車人数:4名
就寝人数:2名
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,875mm

外装

普段使いがしやすいキャンピングカー

メティオ ラクネル サイド

ラクネルはベース車両の内装部分に架装キットを装着する為、車を持ち込み改装しても外見は変わらない。販売しているベース車についても、アトレーワゴンやエヴリイバン、ハイゼットカーゴなどスタンダードなものが多いので外観からは一見キャンピングカーという感じがなく、日常の買い物や通勤にも十分に使うことができそうだ。ちなみに車の持ち込みは軽ワゴンに限らずミニバンなどにも対応している。

内装

ダイネット

ラクネル ダイネット

ラクネルシリーズは内装のレイアウトを乗車人数や就寝人数に応じて変えることができる。全部で九つのバリエーションが用意されており、上写真のように4名対座敷のダイネットにしても良いし、ダイネット1名着座・1名ベッドにするなど様々なタイプの選択が可能だ。趣味や旅行など、オーナーの希望や用途に応じて対応でき自由度も高い。

ラクネル  ダイネット2

ベースモデルと標準タイプがあるが、どちらにもフルフラットベッドとテーブルは標準装備さていれる。標準タイプはベースモデルに照明、サブバッテリー、走行充電システム、後上部の収納が追加される。また、オプションとはなるが外部充電システムを搭載できるので、キャンプ場やRVパークなどの電源サイトや自宅の電源を引き込むことでAC100Vによるサブバッテリー充電も可能だ。

キッチン

車中泊専用タイプでは14L冷蔵庫と230Wソーラーパネルとインバーター(正弦波 1500W)を標準搭載している。だがその代わりにシンクは未搭載だ。オプションで電子レンジをつけることも可能。ラクネルレストには標準でシンクがついている。キッチン周りが変わってくるので、オプションで補うのかどうかなど自分のスタイルに合わせて選ぼう。

ベッド

ラクネル ベッド

出典:メティオ

ラクネルという名前だけあってベッドは快適な作りになっている。ダイネットをベッド展開する際には、固定ボルトをはずしてテーブルを分解する必要があり若干手間はかかってしまうが、軽自動車という限られた空間の中でも完全フルフラット大人2名が楽に寝られる広さのベッドを展開することができるのは魅力だ。アルミフレームのしっかりとしたベッドで安定性も良い。

収納

ラクネル リア収納

収納力が多いかつ広く、キャンプ道具や生活用品なども大容量に積載可能。リア部分の上部にはしっかりとした作りの大きめの棚があり、比較的重いものでも収納可能だという。

また、キャンプボックスと言う名のキャビネットと収納棚がセカンドシートの横まで伸びている。これらは内部が区切られていないので、大きいものを収納する時に便利だ。

他にも生活空間と荷物置き場を別々にできるような工夫がされている。フレームのおかげで15㎝高くされたフロア下は全て床下収納になっている。椅子の下が収納になっているのが面倒で苦手な人も、これならストレスなく荷物の出し入れができるだろう。

まとめ

「Rakuneru」シリーズは、今使っている自家用車でも簡単にキャンピングカーに変えられる手軽さと、多様なタイプから自分にちょうど良いものを選べるところが魅力的だ。また、自分で組み立てれば、DIYでキャンピングカーを作るという普通ではなかなかできない貴重な体験を味わうこともできる。

キャンピングカー好きはもちろん、キャンピングカーを購入するまでではないが、車中泊をよくするので車内を快適にしたいという人にも手頃な価格で快適な空間が手に入るのでおすすめだ。

メティオでは、細かい要望にも対応してくれるのでまずは店頭に行ってみたり電話で相談してみてはいかがだろうか。きっと自分の用途や好みに合った素敵なキャンピングカーが手に入るのではないだろうか。

関連記事一覧