【Funluce 】最新・最高より最適を!ハイエースの定番キャブコン「 Patagonia(パタゴニア)」

funluce Patagonia キャンピングカー紹介

Funluce 「Patagonia(パタゴニア)」

Funluce 「 Patagonia」Funluce(ファンルーチェ)が販売する「Patagonia(パタゴニア)」はこれまでも長く、キャンピングカーファンから愛されてきた定番のキャブコンだ。同社のキャブコンでよく比較されるものに「Serengeti(セレンゲティ)」があるが、そちらは全長が5m未満であるのに対し、パタゴニアは5mを超えており、より広い空間が実現されている。

Funluceは「最新・最高よりも最適を」をコンセプトに、ハイエースをカットしたキャブコンの設計・製造を手がけるビルダーだ。最新・最高も良いけれど、それよりもオーナーの望む物を望む価格で提供していくことを目指している。価格・性能・デザインの面で使用者にあったものを提供するため、製造に関わる総ての工程を自社工場内で行なっている。今回はそんなFunluceこだわりのキャンピングカー「Patagonia(パタゴニア)」を紹介する。

Patagonia(パタゴニア)
ビルダー:Funluce
タイプ:キャブコン
ベース車両:TOYOTA ハイエース ロングワゴン
価格:¥7,280,000〜
乗車人数:6名
就寝人数:4名(OP補助マット使用時5名)
全長:5,250mm
全幅:2,100mm
全高:2,840mm

外装

安心・安全な剛製スペースフレーム入り

Funluce 「 Patagonia」見た目はTHE・キャブコンといった感じのキャンピングカーらしいキャンピングカーだ。人気のリアエントランスで車内を広々と使うことができる。また、ボディ剛性・バランス・軽量化を追究した空力抵抗を抑えたフォルムになっていて、シェルには剛製スペースフレーム入り多層断熱FRPシェルが採用され、過酷な気象条件にも適応できる断面構造は断熱・防音の面でも優れている

また、アクリル2重窓が6ヶ所もついており、外から多くの光を取り組むことができるようになっている。もちろん全てシェードと防虫ネット付き。日中は空気の入れ替えもでき、夜はしっかりとプライバシーが守られる。

電装系については標準で115Ahのサブバッテリーが2個搭載されており、走行自動充電、外部100V電源からの充電も標準装備だ。

Funluce 「 Patagonia」窓

内装

広々としたダイネット

Funluce 「 Patagonia」ダイネット

出典:Funluce

リアエントラス構造により、車内はダイネットが広めに作られている。エントランスを入ってすぐのところにはギャレーと給水・排水タンクの設置スペースがあり、重たい水の出し入れも楽にできるようになっている。大きなシューズボックスに加え、エントランスドアにはスリッパなどを収納できるボックスもある。

Funluce Patagonia 内装

出典:Funluce

車内に使われている照明は明かりが強すぎることがなく、温かみがあり優しい光になっている。全体的に明るい色で清潔感のある印象だ。

Funluce Patagonia 内装

出典:Funluce

ダイネットは対面式のテーブル席とL字型のソファの組み合わせになっており、家のリビングのような空間を思わせる。また頭上の収納はもちろん、ソファー下にも収納スペースがあったりと至る所に収納があるので細々とした物も片付けやすく、更に車内を広く使うことができるだろう。

ギャレー

Funluce Patagonia ギャレー

出典:Funluce

ギャレーはガラス蓋付きのステンレスシンクになっている。シンクを使わないときは蓋を閉めて調理台やテーブルとして使うことができるなど汎用性が高い。また、折りたたみ式のサイドテーブルを広げれば小さめの家庭用キッチンと同じくらいの広さになる。カセットコンロを置いたまま食材を切ったりと、調理スペースもしっかりと確保できるだろう。

65Lの冷凍冷蔵庫が標準装備されているギャレーには、頭上に大きめの収納があり、調味料ラックもある。換気もしっかりとついているので臭いがこもることもない。調理台下にも収納があり、食器や缶詰などもたくさん入りそうだ。収納の下にコンセントまであるからケトルやミキサーのような電気系も使える。ここまで揃っていたら車中泊旅でも十分な手料理が作れそうだ。

ベッド

Funluce 「 Patagonia」ベッド

出典:Funluce

ベッドは常設ベッドがないのでダイネットソファーを展開してベッドにすることになる。1,870mm×900mmと大人2人が就寝できる大きさだ。また、オプションの補助マットを使えば、1,870mm×1,900mmとあと一人追加できる。

Funluce 「 Patagonia」ベッド

出典:Funluce

他にも運転席上部がバングベッドになっていて、1,900mm×1,900mmものサイズがあるので大人2人が余裕で寝られる。最大で5名の就寝が可能なのでファミリーでもゆったりと眠ることができるだろう。

収納

Funluce Patagonia 収納

出典:Funluce

ギャレーの頭上や調理台下、ダイネットの頭上収納棚やソファー下など、欲しいところにちゃんと収納スペースがある。冷蔵庫の上には洋服などをかけられるクローゼットまで設置されている。

他にもフリールームもあるので大きい荷物、例えばサーフボードなどの収納にも使える。フリールームへは外部アクセス扉からのアクセスもできるため外からの荷物の出し入れも簡単だ。フリールームの天井には自然換気タイプのベンチレーターがついているのでトイレスペースとして利用することも可能だ。

まとめ

性能・デザインともに必要な物が過不足なく揃っている「Patagonia」はやはりキャンピングカー好きや憧れのある方なら一度は手に入れたいものではないだろうか。

ハイエースワイドロングワゴンがベースなので動力性能も優れているし、この大きさと広さを保ちながら運転面でも頼れるのなら申し分ないだろう。やはり定番になるにはそれなりの理由がある。二人でもファミリーでも快適に過ごせる安心のキャンピングカーになるだろう。