ボーダーバンクスtypet アイキャッチ

ナッツRVのハイエンドモデルキャンピングカー「ボーダーバンクス」がモデルチェンジ!豪華絢爛「BORDER BANKS TYPE T」



【ナッツRV】BORDER BANKS TYPE T(ボーダーバンクス タイプT)

ボーダーバンクスtypet

今回はナッツRV社の『BORDER BANKS TYPE T(ボーダーバンクス タイプT』を紹介します。

ナッツRV社が2001年に設立されて以来、ドイツをはじめとするキャンピングカーの本場ヨーロッパでの修学を何回も重ねてきました。

ボーダーバンクスは、品質の高いヨーロッパの部品を使って日本人が使いやすいようにと10年以上の月日をかけて研究開発されたキャンピングカーです。

2007年のジャパンキャンピングカーショーでお披露目されてからは「いつか乗りたいキャンピングカーNO.1」を獲得し、憧れの高級キャンピングカーとしての地位を確立してきました。

そして、そのボーダーバンクスがベース車両であるTOYOTAコースターの24年ぶりのフルモデルチェンジに伴って、新たにダブルベッドとラウンジダイネットのType L、ダブルベッドと対座ダイネットのType D、そしてツインベッドと対座ダイネットのType Tの3種類が開発されました。

今回はその中でもツインベッドが特徴のType Tについて見ていきたいと思います。

BORDER BANKS TYPE T
ビルダー:ナッツRV
タイプ:セミフルコン
ベース車両:TOYOTA コースター ビックバン ハイルーフ標準ボディ
乗車定員:6名
就寝定員:6名
全長:6,255mm
全幅:2,150mm
全高:3,020mm
公式サイトはこちら

スルガ銀行キャンピングカーローン

外装

ボーダーバンクスtypet 外装

ベース車にはTOYOTAのコースター ビッグバンLXハイルーフ 標準ボディを採用。

シェル部分にはナッツRVオリジナルのアルミコンポジットパネルが使用されています。

このコンポジットパネルの中にはアルミの補強材や断熱材がプレスされており、軽量でありながら断熱性能は抜群。夏のエアコン、冬のFFヒーターの効き具合も非常に良く、電力消費の削減にも一役買っています。

また、エントランスドアには防音と断熱性能が高い重厚感のあるハータル社製の最上級グレード「ハータラックス」、窓には車体と窓に凹凸が少なく断熱性能にも優れるボディーフィットタイプのDOMETIC社製アクリル二重窓「S7P」が使われていたりと、見た目と使い勝手どちらにもこだわった最上級グレードのエクステリアが採用されています。

内装

レイアウト

ボーダーバンクスtypet レイアウト

ボーダーバンクスTYPE Tは居住部分前方には対面式ダイネットとキッチンスペース、バンクベッドが配置され、中央にはユーティリティールーム、そしてリア部分にはベッドルームといったレイアウトをとっています。

また、リアのベッドルーム手前には国産のキャンピングカーでは珍しく階段があり、そこを登ると間接照明の美しいツインのベッドルームが広がるなんとも贅沢な内装となっています。

ダイネット

ボーダーバンクスtypet ダイネット

ダイネットには4名が着席可能で、テーブルも大きいので4人がゆったりと食事をとることができそうです。

少し手を伸ばせば、ギャレーの電子レンジが使えるような位置にあるので、ちょっと何かを温めたいというときにも便利な仕様となっています。

TVに関しても4人全員が見やすいようにギャレー上部に設置されているので、テレビを見ながら食事をするといった家さながらの使い方もできます。

また、このダイネット部分はゲスト用ベッドとしても展開可能。サイズも1,800mm x900mmと大人1人が寝るのには十分なスペースです。

ギャレー

ボーダーバンクスtypet ギャレー

ギャレーには円形のシンク、2口コンロが設置されています。シンクとコンロはガラス蓋が付いているので、衛生面もばっちり

シンクとコンロはキッチンカウンターの両端に配置されており、中央には作業スペースをしっかり確保。

さらに、エントランス側に設置されたギャレーに繋がる跳ね上げ式の作業台でキッチンスペースを拡張すれば、カットした食材をちょっと置いておくスペースとしても使えそうです。

ギャレー下には引き出し収納の他、中央には電子レンジ、右側には冷蔵庫(90L)がすっきりと格納され、ダイネットからも手が届きやすく、作業中も取り出しやすい位置で使い勝手も抜群。

本格的な料理ができるだけの設備と機能を備えたギャレーと言えそうです。

バンクベッド

ボーダーバンクスtypet バンクベッド

運転席上部のバンクベッドは展開すると1,900mm×1,700mmのベッドとなり、家庭用のダブルベッドサイズに近い広さの就寝スペースとなります。

人数的にここをベッドスペースとして使用しなくてもいい場合は、大型の収納としても使えるので何かと便利です。

ユーティリティールーム

車内中央のユーティリティールームはオプションでカセットトイレやシャワーを装備しサニタリールームとして使用することが可能です。

ミラーキャビネットや専用手洗いをつけることができるので、パウダールームとして使用するのも良いでしょう。

また、FFヒーターの吹き出し口がこのスペースにくるように設計されているので、スキーや釣りなどで衣服が濡れてしまった場合は乾燥室としても使えます。

オーナーによってマルチな使い方ができるスペースです。

ベッドルーム

ボーダーバンクスtypet ベッド

ボーダーバンクスTYPE Tの最大の特徴とも言えるのが、ヨーロッパではスタンダードなツインベッドルームです。

日本人夫妻の体系を考慮し、ベッドサイズは1,900mmx800mmと1,800mmx800mmで、どちらもウッドスプリング仕様となっています。

また、就寝人数が予定よりも増えてしまった場合には、ベッド間の隙間をマットで埋めることによって幅2,000mmのキングサイズベッドに展開可能。

ベッドの足元だけライトを点けることができる仕様になっているなど、見た目と実用性どちらもハイクオリティなベッドルームとなっています。

電装系

100Ahのディープサイクルバッテリーが4個装備されているほか、ナッツRV社独自の技術である走行充電と急速充電システムを融合させた「EVOLUTIONシステム」が標準装備されています。

このシステムのおかげで、効率的な走行充電が可能。使用環境にもよりますが、バッテリーの残量が少なくなっても、3〜6時間ほどの走行でフル充電できると言われています。

そのほか、1500WインバーターやドイツのEberspaecher社製FFヒーター家庭用のセパレートエアコンなどが標準装備されているので、快適な車旅を満喫することができそうです。

まとめ

今回はナッツRV社の「BORDER BANKS TYPE T(ボーダーバンクス タイプ T)」についてご紹介しました。

「いつか乗ってみたいキャンピングカーNO.1」に選ばれた実績があるだけあって、インテリアやエクステリア、電装系統どこをとってもハイクオリティな一台となっています。

洗練されたデザインやインテリアはヨーロッパの高級キャンピングカーのようですが、ボディサイズや足回りは日本の道路事情を考慮して作られているので安心感がある点もいいですね。

お値段は¥14,894,000〜(税込)と高額ではありますがその値段に見合ったプレミアムなキャンピングカーと言えるでしょう。