NV200バネットベースのキャンピングカーまとめ

普段も遊びもマルチに使える!「NV200バネット」ベースのキャンピングカー7選



日産のミニバン「NV200バネット」は、普段使いしやすいコンパクトなサイズ感ながら、広くて使いやすい荷室や高い走行性能が魅力です。

そんなNV200バネットの魅力は、車中泊仕様車やキャンピングカーのベース車両としても相性◎。

先日幕張で行われた「ジャパンキャンピングカーショー2021」でも、NV200バネットをベース車両にした車中泊仕様車やキャンピングカーが発表されていました。

そこで当記事では、NV200バネットをベースにしたキャンピングカーを新型モデルも含めて7つご紹介!

アウトドアはもちろん、普段使いもできるキャンピングカーを探している方は必見です。

「NV200バネット」その魅力とは?

NV200バネット

出典:NISSAN

NV200バネットの魅力といえばやはり、その広くて使いやすい荷室が挙げられるでしょう。後部座席シートを畳めば、広大な収納スペースが出来上がります。最大積載量は600kgとなっているので、重量のある荷物もある程度運ぶことが可能です。

また、2018年に4WD車が追加されてからは、その走行性能も大幅にアップ。コンパクトな車体の4WD車は、狭くて舗装されていない山道など、アウトドア時にも大活躍してくれます。

さらに、その高い走行性能と収納力にもかかわらず、街中でもスイスイと走ることができる普段使いしやすいコンパクトなサイズ感も、人気を集めている理由の一つです。

その他にも、日産のキャラバンやトヨタのハイエースをベースにしたキャンピングカーに比べて比較的安価であることや、2020年から先進安全装備装着車が登場したことも注目すべき点と言えます。

このように、魅力たっぷりのNV200バネットベースのキャンピングカー。ここからはおすすめモデルを一つずつ紹介していきます。

スルガ銀行キャンピングカーローン

ダイレクトカーズ 「RETREAT NV POP(リトリート エヌブイ ポップ)」

RETREAT NV POP 外装

ダイレクトカーズの新型モデル「RETREAT NV POP(リトリート エヌブイ ポップ)」です。

「アメリカンバンライフ」を日本でいち早く取り入れたことでも注目を集める「RETREAT(リトリート)」から、シリーズ5番目のモデルとなります。

「ペットと一緒にクルマ旅を楽しんでほしい」というコンセプトのもと製作されており、細かい心遣いのきいた実用的な装備は、まさに犬や猫を飼っている人におすすめの一台です。

RETREAT NV POP 内装

これまでのRETREATシリーズと同様、車内の家具やサイドパネル、ルーフ、リアハッチゲートにはリアルウッドを採用。車内はナチュラルで暖かみのある居心地の良い空間が広がっています。

RETREAT NV POP エアコン

夏場は車内が高温になるので、人間に限らずペットの熱中症が気になるところ。特に、外食時やお風呂に入りにいく時など、ペットを車内に留守番させなければならないときは心配ですよね。

この問題を解決するために、こちらのモデルにはDCクーラーとリチウムイオンバッテリー2個(200Ah)が標準装備されています。

ペットがいるいないにかかわらず、エアコン標準装備のキャンピングカーを探している方にとっても、このモデルは有力候補になりそうですね。

RETREAT NV POP 冷蔵庫

他にも、18リットルDC冷蔵庫が標準装備されています。

前述の通り、リチウムイオンバッテリー2個が標準装備されているので、DCクーラーとの同時使用も可能。

ルーフトップにソーラーパネルの取り付けも可能(オプション)となっているので、そちらと合わせればより心強いですね。

RETREAT NV POP リードフック

助手席側のスライドドアにはリードフックが備わっています。ケージ固定用フックは6つ装備されており、前後の好きな位置にケージを固定することができます。

また、後部座席のスペースはペットの膝への負担を軽減するため、スキップフロア構造を採用するなど、大切なペットをしっかり守ることができる造りとなっています。

RETREAT NV POP ベッド

ベッドマット3枚を後部スペースにセットすれば、長さ1810mm × 幅670mmのベッドが出来上がり、大人1人が寝られるスペースを確保。

他にも、ポップアップルーフが標準装備されており、中は大人2人が手足を伸ばして寝られるほどの大きさとなっています。

RETREAT NV POP(リトリート エヌブイ ポップ)
ビルダー:ダイレクトカーズ
タイプ:バンコン
価格:¥5,050,000(税込)~
乗車定員:2名
就寝定員:2〜3名
全長:4,410mm
全幅:1,690mm
全高:2,000mm
公式サイトはこちら

ドリームドライブ「Kago(カゴ)」

ドリームドライブ「Kago(カゴ)」

出典:DREAM DRIVE

次に紹介するのは、東京都狛江市にあるキャンピングカーレンタル会社・DREAM DRIVE(ドリームドライブ)が、2021年4月に発売したばかりの新型モデル「Kago(カゴ)」。

同社がレンタルキャンピングカー事業を通じて得た、多くのユーザーの声を反映したモデルです。

Kago 車内

出典:DREAM DRIVE

Kagoはカップルや二人旅を想定したつくりとなっており、乗車定員は2名。

最初からリヤシートは取り除いており、ほとんどのスペースをベッドとして使うので、NV200ベースの車中泊仕様車の中ではかなり広めの就寝スペースを確保できています。

ベッドの天板から天井までの高さは930mmあるので、ベッドに座った状態でもよほど大柄な人でない限り、頭の上にはまだ余裕があるはずです。

また、リヤシートがない分ベッド下には広々とした収納スペースを用意。車両の最後部のベッド下には、引き出し式の小型シャワー(10L)、コンロ、冷蔵庫が格納されています。

kago ベッド下収納

出典:DREAM DRIVE

電装類はベッド下に集約。1000Wクラスのインバーターとリチウムイオンバッテリーを
組み合わせたサブバッテリーシステムを搭載しています。

走行充電機能付きなので、目的地に着いたけどサブバッテリーが電池切れなどという心配もありません。

さらに、外部充電口から車内に電気を取り込めば、RVパークや自宅でサブバッテリーへ充電することもできます。

屋根にはMaxfan社製の小型換気扇を搭載。換気扇のふちの部分は車内用ライトになっています。

ルーフキャリアは標準装備。
ルーフテントやサイドオーニングなどがオプションで装着できます。
ほかにオプション装備としては、キャンピングカーの暖房機器の代名詞といえるべバスト社のFFヒーターも用意されています。

Kago(カゴ)
ビルダー:ドリームドライブ
タイプ:バンコン
価格:¥4,070,000~
乗車定員:2名
就寝定員:2名
全長:4,400mm
全幅:1,695mm
全高:1,855mm
公式サイトはこちら

ANNEX 「RIW(リュウ)200」

RIW200

出典:ANNEX

徳島県に本社と工場を置くANNEX(アネックス)は、カムロード(トラック)ベースのキャブコンやハイエースベースのバンコンなど、オリジナルキャンピングカーをいくつもラインアップしている老舗ビルダーですが、NV200ベースのキャンピングカーも「RIW(リュウ)」シリーズのひとつとして製造・販売しています。

「RIW200」はNV200のコンパクトさを活かしたバンコンで、コンセプトは「RAMBLE in WILDERNESS」。荒野を好きなようにぶらぶらする、といった意味でしょうか。

アウトドアレジャーを気ままにおしゃれに楽しむため、ラフに使える内装、おしゃれなデザイン、キャンプに適した装備が揃えられています。

RIW200 ダイネット

出典:ANNEX

まず注目したいのはそのインテリア。ベース車のNV200の室内はコンパクトですが、RIW200はフロントシートを回転させて後ろ向きにできるので、セカンドシートが前向きの場合、4名が対面で座れます。

セカンドシートは、幅900mmのREVOシートを採用。REVOシートはフルフラットにも後ろ向きにも簡単に変えられるので、車内のレイアウトの自由度が増しています。

RIW200 車内

出典:ANNEX

テーブルやキッチンカウンターには木材をふんだんに使用。キャンプ場などのアウトドアシーンの中にすっと溶け込むウッディな雰囲気となっています。

床面は、ラフな使用にも耐えられるように、土足で上がれる縞鋼板風デザインのクッションフロア仕上げとしています。

さらに、フロアにはロングスライディングレールを施工。
セカンドシートをめいっぱいフロントシート側にずらせば、リヤに広々としたカーゴスペースが現れます。サーフボードや自転車くらいならラクラク積載可能です。

RIW200 外装

出典:ANNEX

また、RIW200に装備されているテーブルやベッドは、車外に持ち出してアウトドアテーブルとベンチとしても使えます。
外用のテーブルやいすを用意しなくていいのでとても便利ですね。

マイナーチェンジを機に4WD(四輪駆動)モデルも選べるようになっているので、まさに、山でも海でも怖いものなしの1台です。

就寝定員はノーマルルーフだと大人1人+子ども1人ですが、エレベーティングルーフ(ポップアップルーフ)モデルを選べば、大人2人+子ども2人での就寝も可能になります。

RIW200
ビルダー: ANNEX
タイプ:バンコン
価格:¥3,795,000(税込)~ ※ノーマルルーフ2WDの場合
乗車定員:4名
就寝定員:大人1名+子ども1名(ノーマルルーフ)
全長:4,400mm
全幅:1,695mm
全高:1,850mm(ノーマルルーフ)
公式サイトはこちら

GORDON MILLER 「GMLVAN C-01」

GMLVAN C-01 

出典:GORDON MILLER

カー用品・サービスのショップでおなじみのオートバックスを運営している「オートバックスセブン」が展開するカーライフブランド「GORDON MILLER(ゴードンミラー)」。

同ブランドでは、ガレージユースやカーライフを前提とした、機能的なデザインのガレージウェアやファニチャー、アウトドアギア、ツール、カーインテリア、カーウォッシュなどのさまざまな製品を発売していますが、GORDON MILLER MOTORS(ゴードン ミラー モータース)として、車中泊仕様車も出しています。

GORDON MILLERの車中泊仕様車には、ハイエースベースの「GMLVA V-01」もありますが、
こちらは日産バネットNV200がベースの「GMLVAN C-01」。

GMLVAN C-01 車内

出典:GORDON MILLER

室内の天井と側面は天然木で覆い、ライトは暖色のLEDを採用。内装の天然木はアカシアで、ライティングと相まってログハウスのような雰囲気を醸し出しています。

GMLVAN C-01 内装2

出典:GORDON MILLER

車中泊時のベッドモードでは奥行き1,840mmの就寝スペースを確保。フロアボードのうちの1枚はテーブルとしても使用可能で、用途に合わせてフレキシブルにレイアウト変更ができます。

床面はウッド調ですが、あえて木材ではなく床用の塩ビシートを使用。最長1,800mmの床面には、サーフボード(ショート)やスノーボードなど、濡れたままの荷物も気兼ねなく積めます

GMLVAN C-01 オリーブ

出典:GORDON MILLER

ボディカラーは、オリーブドラブ(緑系)、コヨーテ(ベージュ系)という専用カラーの2色展開。なんとこの車体色は、日産の純正モデルと同じ工場で塗装されている特別色なんです。色だけでなく塗装工程も特別ってすごいですね。

GMLVAN C-01
ビルダー: GORDON MILLER
タイプ:バンコン
価格:¥3,740,000(税込)~
乗車定員:5名
就寝定員: 2名
全長:4,400mm
全幅:1,695mm
全高:1,855mm
公式サイトはこちら