シンプルだから自由度高め!軽キャン「VanBaseエブリイ」レビュー



キャンピングカーや車中泊仕様車の中でも、最近特に人気が高まっているのが「軽キャン」と呼ばれる軽自動車ベースのキャンピングカー。

その人気の理由は、購入価格や維持費の安さなどお金に関する部分や、用途や内装面での自由度が高い点、コンパクトながら車内の居心地が良いことなどがあげられます。

軽自動車ベースのため従来の大きなキャンピングカーに比べると運転もしやすく、狭い道もスイスイ。

思い立ったらいつでも気軽に「車中泊」や「キャンプ」に出かけられるというのが、最大の魅力ではないでしょうか。

現在はその人気の高さを受け、さまざまなメーカーから魅力ある軽キャンが多数発売されていますが、この10月にナイルから発売された「VanBaseエブリイ」もそのひとつ。

「VanBaseエブリイ」は、従来のキャンピングカーとは異なるシンプルな作りが最大の魅力となっており、用途や内装の自由度はかなり高め。

キャンピングカーとしてはもちろん、普段使いにも最適で、仕事からプライベートまで毎日の生活をより充実させるのに役立ちます。

今回VanBaseエブリイの試乗をさせていただき、実際の乗り心地や内装の広さ、特徴となる部分など隅々までチェックをしてきました。

軽キャンに興味のある方は、ぜひご一読ください!

新型軽キャン「VanBaseエブリイ」

VanBaseエブリイ

今回発売された「VanBaseエブリイ」は、スズキの軽自動車「エブリイ」をベース作られたキャンピングカー。

四角いデザインなのですこし大きめに感じますが、他の軽自動車と変わらずコンパクトで小回りがきき、運転がしやすいのが特徴です。

もちろん車中泊だけではなく、通勤や買い物・お子さまの送り迎えなど、4人乗りの軽自動車として普段使いもできますよ。

スルガ銀行キャンピングカーローン

NASAのスペースシャトルにも使用!断熱塗料「GAINA」使用

車内

「VanBaseエブリイ」は天井〜側面上部にNASAのスペースシャトルにも使用している断熱塗料「GAINA(ガイナ)」を使用しています。

「GAINA(ガイナ)」は、特殊セラミックを適正配合した断熱塗料で、塗るだけで断熱・防菌・防音・遮音・結露防止などのさまざまな効果が期待できるんですよ。

さらにオプションで、赤外線99%カット、紫外線カット率は驚異の100%を誇る特許申請フィルム「ahead-TSM90C」も用意されています。

フィルムを装着することにより高い断熱性と遮熱性を実現し、車内で過ごす時間をより快適なものにしてくれます。

次のページ▷ ベッド展開はどう?!