フルハウス

174cmのボディ幅!日本道路事情に適したキャブコン「PuppyFullhouse」



今回紹介するのは、株式会社キャンパー厚木から発売された「Puppy Fullhouse」です。

昨年紹介した「Puppy480」の後継モデルで、コンパクトなサイズ感はそのままに新たなレイアウトを実装。二人旅に特化したモデルとなっています。

夫婦や親子、友人同士で楽しい旅のお供になること間違いなしのPuppy Fullhouseの魅力を紹介します。

概要

キャンパー厚木(旧社名:バンテック厚木)は、ZILシリーズなどでお馴染みのキャンピングカー製造・販売を手掛けるVANTECH株式会社の直営店として運営したのちに独立。

オリジナル開発モデルととして、Puppy480とPuppyFullhouseをリリースしています。

Puppy Fullhouseは、Puppy480と同じ全幅174cmのコンパクトなボディ。

街乗りでの不安や、駐車場での不安を軽減するサイズです。

さらに、このコンパクトなサイズにもかかわらず、室内高、バンクベッドの長さ、ダイネットの長さともに190cmを確保。

広々とした空間を実現しています。

長年キャンピングカーに関わる中で培ったノウハウを生かし、「使う人目線」を突き詰めた1台です。

スルガ銀行キャンピングカーローン

外観

外観1

なんといっても1番の特徴は、車体のコンパクトさ。

外観2

全幅は174cm、全長は485cm。

全高も275cmと一般的なキャブコンと比べて小さめ。

ちなみにハイエースバンのワイドミドルルーフの場合、全長は484cm、全幅は188cmなので、キャブコンとしてはかなりコンパクトで運転しやすいサイズ感といえます。

外観3

車幅が狭いので、住宅地の駐車場にも停めやすく、キャンピングカーに初めて乗る人でも乗用車感覚でラクに運転することができるでしょう。

また、モデルチェンジしたばかりの新型カムロードをベース車にしていることで、ABS、横滑り抑制・衝突軽減・車線逸脱警報・踏み間違えサポートなどといった安全性能が向上。

さらに後輪がダブルタイヤ化しているため、Puppy480からさらに安定性が増しています。

Puppy Fullhouse
ビルダー:株式会社キャンパー厚木
タイプ:キャブコン
ベース車両:新型カムロード
価格:ガソリン 2WD 788万円~
ディーゼル 4WD 880万円~
乗車人数:6名
就寝人数:3名
全長:4850mm
全幅:1740mm
全高:2750mm

外装

外観5

キャンパー厚木の竹内社長は、取材の際とにかくユーザー目線での製作にこだわり「使ってもらいやすいキャブコンを」と繰り返し発言していました。

その思いが今回のPuppyf ullhouseにも反映されています。

Puppy480と同じく、デザインをスッキリと見せるために、黒のラインをボディの前後にデザインして配置。

スタイリッシュさを演出しています。

ソーラーパネル

屋根の高さを少しでも低くするために、ルーフベントはくぼませて設置。

ルーフの上の突起物を排除して平らにして大型のソーラーパネルを実装可能にしました。(オプション)

リア周辺

リア 室外機

右側後方には、エアコンの室外機。

収納庫

左側リアの収納庫は車内のベンチ下とダイレクトにつながっており、外部からも室内からもアクセスできる構造。

外部収納

その下には汚れ物などを入れておける外部収納庫があります。

外観4

また、キャンピングカー後方からも同じくベッド下にアクセスできるようになっており、外からの使い勝手が良い仕様になっています。

排水タンク

給水タンクは助手席後方に設置しており外部からアクセスができ、ワンタッチでホースが外れる使い勝手の良い仕様になっています。

ちなみに排水タンクは43Lのものを装備。

大容量の排水タンクにすることで、処理の頻度を下げています。

次のページ⇨ 気になる内装を紹介して行きます!