Stela Vita electric RVの車両画像

世界初?車中泊も電気自動車の時代が来た?!完全太陽光で走るキャンパーバン! Stela Vita electric RV



世界中で増えてきている電気自動車

排ガス規制も年々厳しくなっているヨーロッパではガソリン代も高騰する中、環境への配慮やガソリン代を節約する観点でも電気自動車の需要は高まっていて、日本以上に街中で充電出来る場所も日々増えています。

そんな中、レジャー旅行などに使う自動車であるRVでも電気自動車の波は広がっているようで、ついに太陽光だけで走行可能なキャンパーバンが開発されたようです。

それがStela Vita electric RV

どんなものか、くわしく見てみましょう。

完全オフグリッドを実現したStela Vita electric RVとは?

オランダの大学生22名のエンジニアチームが開発したStela Vita electric RV

アイントホーフェン工科大学の工学部学生チーム「Solar Team Eindhoven」がデザインした電気RV車です。

見た目もかなり近代的なこちらの車は、車体上面全体、そしてポップアップルーフにも設置されたソーラーパネルで充電したバッテリーで走行可能。

そして世界初!ソーラーパネルで充電した電力だけで長距離走行を実現したキャンパーバンです。

ポップアップルーフのソーラーパネルは折りたたみ式(引き出し式)になっています。

外部電源を使わず、自車発電の電気だけでの長距離走行に成功したことで話題となりました。

Stella Vita ヨーロッパ横断の旅へ

2021年10月。

大学生チームは地元のアイントホーフェンから南スペインのタリファまで、総走行距離約3000㎞の旅をStella Vitaでテスト走行を実行しました。

途中車両トラブルが発生して1000㎞ほどはトラックで運ばれたそうですが、最終的にはまた走れるようになり、約2000㎞は自力で走りきったそうです。

当初、今回のテスト中はStella Vitaに搭載されたソーラーパネルのみでの走行を予定していたようですが、フランスで悪天候に見舞われ太陽に恵まれず、2度ほど充電をすることになってしまったようです。

しかし、それ以外はすべて自車発電走行!

車に搭載されたソーラーパネルで発電した電力だけでの長距離走行に成功したのでした。

ちなみに「Stella Vita」という名前は、この車が太陽から命を得ることから名付けられたそうです。

スルガ銀行キャンピングカーローン

小さなバッテリーで長距離走行・大きなソーラーパネル

Stella Vitaは60kwhのリチウムイオンバッテリーを搭載。

上の写真のように、車上全面に設置されたソーラーパネルから充電されます。

冒頭でも触れましたが、車上全面に設置されたソーラーパネルは停車時にポップアップルーフを上げると、折りたたみ式(引き出し式)のソーラーパネルを広げることが出来ます。

ソーラーパネルは折りたたみ時で2kw、広げた状態だと最大4kwの発電が可能だそうです。

一度のフル充電で通常の走行可能距離は約600㎞

これなら、燃費がリッター当たり10kmのガソリン車で、60Lタンクを満タンにしてから走るのと同じ。

充電設備さえあちこちに普及すれば、日常的にどこへでも出かけられる航続距離と言えます。

インフォテインメント システム

車内でのエネルギーの無駄遣いを防ぐには、エネルギー消費量を正しく把握することが大切です。

Stella Vitaのインフォテインメントシステムは、車内で使う家電製品の電力消費量を把握するのに役立ちます。

電気を車内の家電に使うのか?運転に使うのか?をインフォテインメントシステムで判断し、効率よくエネルギーを使えるようになります。

次のページ▷ デザインや特徴についてもご紹介します