オフタイムトラベラー

軽キャンパーでここまで広々した就寝スペース!スマイルファクトリー「OFFTIMETRAVELER2」



今回は、軽自動車をベースにしながら広い空間を実現した軽キャンピングカースマイルファクトリーの「OFFTIMETRAVELER2」(オフタイム・トラベラー2)」を紹介します。

標準装備の車両価格は160万円代とかなり安価。

「予算を抑えて車中泊デビューしたい」
「セカンドカーとして車中泊できる車が欲しい」
「普段使いもできる車中泊仕様車を探している」

という需要に応えた軽キャンパーです。

OFFTIMETRAVELER2
ビルダー:スマイルファクトリー
タイプ:軽キャン
ベース車両:スズキ エブリイ
乗車定員:4名
就寝定員:2名~
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,895mm
価格:1,639,000円(税込)~
公式サイト
https://www.smilefactory.biz/originalcamper.html#TRAVELER2

「OFFTIMETRAVELER2」の外装

外装

ボディサイズは全長:3,935mm×全幅:1,475mmで、ベース車であるエブリイと同じ。

外装に変化はないので、パッと見これが車中泊仕様車だとはわからないでしょう。

普段使いしたいけど目立つのはNGという人にはうってつけだと思います。

ポップアップルーフ

ポップアップルーフがオプションで装備可能。

軽自動車としていは広々している居住空間をさらに拡げることができます。

スルガ銀行キャンピングカーローン

「OFFTIMETRAVELER2」の内装

内装

OFFTIMETRAVELER2は冷蔵庫やシンクなどの装備は省き、広くゆったりと眠ることに特化したシンプルなレイアウト。

基本的にはフルフラットのマットと取り外しできるテーブル、車両後部左右の細いサイドテーブルのみ。

全長は軽自動車と変わりませんが、装備を必要最低限まで削ることで居住空間はかなり広々としています。

見えない部分もしっかり施工。

内装は断熱材仕上げで、窓には冷気を防ぎつつ小物類の収納ができるサイドポケットも。

冬場でも寒さを気にせず旅ができるような工夫が凝らされています。

リアゲート テーブル

また、室内とリアゲートで利用できるテーブルが付いていて、パソコン作業や食事などに使うことができます。

リア上部

リアの上部には収納棚、キッチン用具やキャンプ用品を収納可能です。

特に左右には蓋つきの棚が装備されているので、小物類が落下する心配もありません。

ベッド下収納スペース

ベッド下の部分にも、収納スペースがあります。

居住空間を確保しつつ、必要十分な収納スペースも設けています。

マガジンラック

また、リアのサイドテーブル下部にはマガジンラックがあり、小物類を入れておくのに便利です。

リアゲートにはフックを完備。

ハンガーを掛けたり、小物を吊り下げ式の網戸などを装備したりして夏場の換気にも利用できます。

ベッドスペース

OFFTIMETRAVELER2の最大の特徴であるベッドスペースは、オプションマットを使用した際は幅2000mm×奥行1200mmと非常に大きなスペースを確保。

オプションマットがない標準のサイズでも幅1800mm×奥行1200mmと大人1人が広々と利用できます。

ポップアップルーフ2

オプションのポップアップルーフを装備すれば、上下1人ずつで広々と使うことができ、快適な就寝環境を整えることも可能です。

1人旅ならリアのベッドスペースを生活スペース+大規模な収納として利用し、ポップアップルーフで就寝するという使い方も便利だと思います。(ルーフ部分のスペースは長さ1,800mm×幅1,070mm)

また、1人用の使い方として、片側のセカンドシートはそのままに、ベッドも片側だけの展開ができます。

寝るスペースと、座るスペースを同時に確保できるくつろぎスペースとして利用可能です。

次のページ⇨ 電装類について紹介していきます!