Nシリーズ

新車で買えるホンダの軽自動車・Nシリーズ4車種一覧【2022年最新情報】



日本で一番売れてる軽「Nシリーズ」

Nシリーズ

ホンダNシリーズの乗用車は「N-BOX」「N-WGN」「N-ONE」の3モデル。660cc・4人乗りという軽自動車の規格内であっても、それぞれ異なる個性を持っているため、どんなカーライフを送りたいかを考えながら選ぶのがおすすめです。

商用バンの「N-VAN」も含め、Nシリーズ全4モデルの特徴を以下表にて掲載します。

車名新車価格WLTCモード燃費おすすめ乗員特徴
N-BOX1,448,700~
2,252,800円
20.2~
21.2km/L
2~4人小さな子供がいるファミリー向け
乗用車では唯一スライドドア付き
N-WGN1,298,000~
1,827,100円
20.0~
23.2km/L
2~4人シングルユースにもおすすめ
ACCに渋滞追従機能付き
N-ONE1,599,400~
2,022,900円
21.0~
23.0km/L
2人セカンドカーにもおすすめ
ACCに渋滞追従機能付
乗用車では唯一MTがある
N-VAN1,276,000~
1,872,200円
17.0~
19.8km/L
2人ビジネス向け
MTがある
アウトドア派にもおすすめ

 

スルガ銀行キャンピングカーローン

N-BOX|子供が小さいファミリー向け

N-BOX
N-BOXは、直近5年連続で軽自動車の新車販売台数1位を獲得している超売れ筋のスーパーハイトワゴンです。2019年に2代目となったことで、さらなる商品力アップを遂げました。

モデルチェンジを経て、上質な室内装備と、新開発されたエンジンによる走行性能の向上、さらには拡大された室内空間など、目で見て確かめられる大きな変化がユーザーの心をしっかりと掴んでいます。

さらに、2021年12月の一部改良では電動パーキングブレーキの採用や安全機能の追加などが施されました。

圧倒的に広い車内+スライドドアはファミリーにおすすめ

内装
先代からボディサイズに変わりはありませんが、エンジンの小型化やテールゲートの見直しによって室内空間を拡大しています。

後席に座って足を伸ばしても、前席まで足が届かないほどの広さを誇ります。

シートの仕様は「ベンチシート」「スーパースライドシート」「スロープ」の3種類。

スーパースライドシート仕様では助手席のスライド幅が通常240mmから570mmとなり、後方にスライドすれば足元の空間を拡大できます。

室内高も1,400mmと高く、小さな子どもの着替えも楽々。後席を倒せばラゲッジルームが拡大し、大人用の自転車も積載可能。

両側パワースライドドア搭載グレードを選べば、小さな子供を乗せてのお出かけが多いファミリーの強い味方となります。

リセールバリューが高いので、残価設定型ローンも検討

家族構成が両親+ベビーカーの必要な子供の3人であれば、N-BOXでじゅうぶんでしょう。

しかし、子供が大きくなったり家族が増えたりといった将来を見通すなら、N-BOXを3~5年の残価設定型ローンで購入し、7~8人乗りのミニバンに乗り換えるといったカーライフ設計もおすすめです。

N-BOXは軽自動車の中でも人気が高いモデル。N-BOXに限らず、軽自動車は中古車市場で人気が高く、10年落ちでもある程度の価値が残ります。

人気No.1モデルのN-BOXなら、さらに高額リセールが期待できます。

N-BOXのタイプ&価格一覧

価格表

次のページ▷ N-WGNを見ていきます!