給水タンク

快適な旅のために!キャンピングカーならではの定期チェック



安全で快適な走行のためには日頃のメンテナンスが大事、というのは普通車でもキャンピングカーでも共通する鉄則です。

さらにキャンピングカーの場合、専用の冷暖房や電源設備など生活のための各種機能があるために、追加で気を配るべき事項が存在します。

どれもついつい忘れがちなのですが、メンテナンスを怠ると「いざというときに使えない」という事態に。

なかにはサブバッテリーのように、一度機能が失われると戻らないものもあります。

高価な装備なのに、ちょっとした気の緩みで無駄になる、という失敗は避けたいものです。

今回は私が定期的に行っているチェックをお伝えします。

FFヒーターの定期稼働

ベバスト

愛用者には広く知られているかと思いますが、FFヒーターの代表製品「ベバスト」では、月1回のメンテナンス稼働が必要です。

取扱説明書にも「ご使用にならない時期(夏季など)でも、ヒーターの作動を1ヶ月に一度、10分程度行ってください」とあります。

その際は「最大温度35°Cに設定」とあり、最大パワーで燃焼させる必要があります。

大きな燃焼音が出ますし、外気温が高い時期にはちょっと気の重い作業ですね。

しかも、夏場にはすっかり忘れてしまう工程でもあります。

スマートフォンのリマインダー機能

私はスマートフォンのカレンダーやリマインダー機能を使って、月1回のメンテナンス日を忘れないようにしています。

後述するルーフベントのチェックも同時に行っています。

余談ですが、私は「いざというときにFFヒーターが点かない!」という経験が何度かあります。

原因はいずれも電圧不足

原理については門外漢ですが、FFヒーターは点火と消火(温度を下げる)に大きな電力を使うのだそうです。

照明などほかの電気機器が使えている状態でも、FFヒーターが点火しないという事態は十分に起こりうる。

過去に乗っていたキャンピングカーでは、サブバッテリーの交換という結末になりました。

いまのキャンピングカーでは、単純に充電不足だったので、翌日に外部充電することでことなきを得ました。

しかしFFヒーターを使いたい場面というのは、たいがい冷え込みの強くなる就寝時や明け方。

私は市街地での車中泊がほとんどなので、過ぎてしまえば笑い話ですが、寒くて眠れないというのはなかなかに危機的な状況です。

サバイバルシートや使い捨てカイロなど、FFヒーターが使えない場合の非常手段を用意しておくことをお勧めします。

調整ダイヤル式スイッチ

スイッチの種類によりますが、調整ダイヤル式の場合はエラーが生じるとダイヤル部分のランプが点滅します。

点滅のパターンから原因が推察できるので、動画撮影やメモをしてビルダーに伝えたり、インターネット上でマニュアルを閲覧したりするとよいでしょう。

スルガ銀行キャンピングカーローン

ルーフベントの開閉

ルーフベントのリモコン

車内の空気を入れ替えるのに役に立つルーフベント(換気扇)。

使用時には上ぶたが開き、外に向かって開口部ができます。

私が使っているのはリモコンで上ぶたが自動開閉するタイプ。

この症状が私の愛車だけなのか、あるいは一般的なのかはわからないのですが、上ぶたのパッキンが貼りついてしまい、開かなくなることがよくあるのです。

リモコンのスイッチを入れても開閉機構がキュルルルと空回りし、いまにも壊れそうでヒヤヒヤする事態に!

外側から物理的にパッキンをはがすしかない、という状況になります。

もっとも直射日光を浴びるところですから、夏の高温や雨など気候の要素があるのだと思います。

予防として思いつくのは「こまめに開閉すること」

というわけで、ベバストの稼働とともにルーフベントの開閉テストを心がけています。

次のページ⇨ 外部充電のメンテナンスについて解説します。