タイヤ バースト

タイヤのバーストはなぜ起きる?原因やバーストしたときの対処法



タイヤバーストとはどんな現象?

タイヤ

©batuhantoker/stock.adobe.com

タイヤバーストとは、タイヤが破裂する現象を指します。

「バンッ」という音と共にタイヤが破裂し、走行不可能になってしまう極めて危険な状態です。

主に高速道路走行中に発生することが多く、事故につながりやすい故障です。

パンクとの違い

バーストとパンクは根本的に違います。

パンクは、タイヤの一部に穴が開きそこから空気が漏れる現象のことですが、バーストは広い範囲でゴムが裂け一瞬で走行できなくなります。

場所にもよりますがパンクの場合は簡易的な修理をして、そのままのタイヤで走行することがほとんどです。

しかし、バーストするとそのタイヤは使うことができず、タイヤを交換するしかありません。

スルガ銀行キャンピングカーローン

タイヤがバーストするとどうなる?

事故

©Dimco/stock.adobe.com

ハンドルを取られ事故につながる

前輪のタイヤがバーストしてしまった場合、ハンドル操作ができなくなります。

そして、バーストしたタイヤの方向に車が向かっていきます。

もし、となり車線を車が走っていた場合、ハンドル操作ができないため車を避けることはまず不可能です。そのままぶつかってしまいます。

破損したパーツが散らばることで二次災害につながることも

タイヤが破裂した衝撃で車のパーツが損傷する場合もあります。

損傷したパーツが道路に散らばることで、後続を走る車を巻き込むなどの二次災害につながることもあります。

飛び散ったパーツが後続を走る車のボディにあたり傷を付けてしまう可能性も十分にあるでしょう。

たとえ大きな事故にならなくとも、高速道路でのパーツの飛散は危険です。

次のページ▷ バーストの原因をご紹介します!