車中泊中の大雨&大雪!「急な天候悪化」にはどう対応する?



筆者は1年を通して車中泊にでかけています。

車中泊の際は毎回必ず天気予報を確認するようにしていますが、旅の最中で急な天候の変化に見舞われ、仕方なく予定変更をしたことが何度かありました。

大雨や台風・大雪などは事前にある程度把握し、中止などの判断をすることができます。

しかし大丈夫と思ってでかけても、予報よりも雨量が多かったり、想定していたよりも大雪になってしまうことがあるんですよね。

天候が悪化してしまえば当然「身の安全を守ること」が優先されるため、車中泊どころではありません。

実際に突然の大雨や大雪に見舞われた場合には、いったいどんな風に対応したらよいのでしょうか。

そこで今回の記事では、車中泊の途中で大雨や大雪、台風など急な天候の変化に見舞われてしまった場合の対処・対応方法についてお話をしていきたいと思います。

筆者のように1年を通して日常的に車中泊を楽しんでいる方、「バンライフ」など車で生活しながらの長期旅を予定している方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

車中泊時の突然の天候悪化!そのとき、どう対応するのが正解か

車内の写真

車中泊旅の途中で台風の進路変更があったり、突然の大雨、大雪に見舞われてしまった場合、みなさんはどういった対応をされているのでしょうか。

筆者は何度か急な天候の変化に見舞われた後、夫婦でそういった場合どういう行動をとるのかをしっかりと話し合いました。

現在は話し合いにより決めたいくつかの方法で、毎回対処するようにしています。

「どうしよう」と不安になったりパニック状態になってしまうと、何をしたら良いのかパッと思い浮かばず対処に困ってしまいます。

緊急時に身を守るためどういった行動を取ればよいのか、筆者が夫婦で話し合い決めていることを以下にまとめてみました。

他の方法や手段もたくさんあるのですが、とりあえず以下の内容を頭にいれておくだけでも、天候悪化の際のヒントになると思います。

車中泊やバンライフに出発する前に、ひととおり目を通してみてください。

スルガ銀行キャンピングカーローン

天候悪化の際の対応方法1.水辺の近くでの車中泊は即中止する

水辺

海や川など水辺近くでの車中泊はとても清々しく、気持ちがよいですよね。

筆者も車の窓から海や川が見える場所に滞在するのが大好きで、車中泊場所としてよく利用しています。

水辺近くに滞在する場合は、スマートフォンで天気予報を確認するなどし、こまめに天候をチェック!

急な天候の変化があった場合は車中泊を中止し、安全な場所に移動したり、帰宅を早めるようにしています。

もしかしたら数時間で天候が改善するかもしれません。

しかしその間の安全が確保できるか不安がある場合は、迷わず撤収する勇気が必要です。

移動・帰宅すると決めたら、できるだけ早めに行動を起こすことがとても大切。

雨や風が強くなりすぎると、車高の高いキャンピングカーは強風に煽られやすく、移動が困難になってしまうからです。

雨風が強くなってから移動を開始する場合は、できるだけ近隣で安全が確保できる場所をネットなどで焦らずに探してみましょう。

しっかりと目的地までの経路を確認し、スピードを出しすぎず、安全運転で移動をしてください。

次のページ▷天候悪化の際の対応方法をご紹介