駐車場に駐車中

車中泊で日本一周中!90日以上連泊してわかった車中泊のここがNG!



DIYした車中泊用ライトエースで車中泊しながら日本一周中です。

これまでに7都道府県を巡って計90日以上連泊しました。

もちろん楽しいことおもしろいことがたくさんあったので今まで続けてこられたと思っています。

しかし、いつもいつも快適でラクラクな車旅かと問われれば、答えはNOです。

本記事では、車中泊を続けていてこれは困った、イヤだったという事柄について、具体的な経験を紹介しながら、どうイヤだったか、解決方法や対処方法としてどういう行動を取ったかをお話したいと思います。

【車中泊で日本一周】私の4大NGは悪天候・車中飯・駐車場・トイレ!

私の場合、「悪天候」「車中飯」「駐車場」「トイレ」が4大NG事項です。

人には得手・不得手があるので全ての人にとってNGとは限らないですが、もし共感できる部分があればうれしく思います。

車中泊旅は不便とどう付き合っていくかがポイント。

NGがいくつかあるから車中泊を続けられないなんてことはありませんが、少しでも上手にイヤなことや困ることと付き合っていければ、それに越したことはないですよね。

それでは、私の4大NG事項について、つきあい方や対処方法を紹介していきましょう。

スルガ銀行キャンピングカーローン

【車中泊で日本一周】NGその① 悪天候との付き合い方!

雨の日の駐車場

私は今年の6月中旬から3カ月ほど車中泊をしてきました。

その中で最も困ったのは強い雨の日です。

確か山形の寒河江での夜だったと思います。

その日の夜、天気予報の気温は24℃、車内の温度計は27℃を指していました。

私は外の予想気温が22℃以上で無風の場合、リアハッチにマグネット式の虫除けバグネットを貼り、ハッチが半開きで止まるようにボーンバー(リアゲートにあるフックに引っ掛けてバックドアを少し開けたままにする金具)を使います。

両サイドのスライドドアには網戸を装着しているので、リアハッチを含め三方向から風が通るようになります。

この状態で小型の首振り扇風機を使用すれば快適に眠れます

その日は23:00頃に就寝。

夜明け前のまだ薄暗い時にザッーという音で目覚めると、リアハッチに装着したバグネット(虫よけネット)がびしゃびしゃになっているのに気づきました。

どうやらゲリラ豪雨のようです。

慌ててボーンバーとバグネットを外して、車内に戻りましたが服は濡れて、頭から足までずぶ濡れ。

洗濯を干している様子

また車内の場合、濡れた衣服と拭いたタオル、それに濡れたバグネットを十分に干せません。

しかもリアハッチを閉めて、網戸は雨が入らないように2〜3cmだけ開けた状態にすると車内の空気がよどんで、外気温が22℃前後でも暑くて寝苦しいです。

湿度計を見ると湿度92%を指していました。

結局、雨音と蒸し暑さでイライラしながら朝を迎えることになり、少々不機嫌な1日の始まりとなったのを覚えています。

その後、同じ山形県の三川町というところでの車中泊でも似たようなことが起こり、それを境に雨を警戒するようになりました。

日常生活ではたまの雨は風情があっていいねと言える年代になりましたが、私の車中泊旅においてはネガティブな面しかありません。

衣服やバグネットが濡れたり、車内が蒸し暑かったりするだけでなく、就寝時に雨が車の屋根にに当たるとうるさいですし、トイレや買い出しに外に出るのも億劫になります。

雨が降るのを止めることはできないので、避けるのであれば雨が降ってない場所に行くのが一番の解決方法です。

私はこの山形の経験から、毎朝天気予報を確認するようになりました。

おかげで北海道に渡ってからは、丸一日雨に見舞われたのは2カ月滞在中2日間のみ。

四国や沖縄のように狭い地域では雨の降っていない所を選ぶといっても難しいかもしれませんが、北海道、本州、九州なら可能だと思います。

また、天気予報は1つのサイトではなく、複数のサイトを見て行き先を検討します。

今まで幾つかのサイトを利用しましたが、現在はYahoo天気とウェザーニュースを見ることが多いです。

次のページ▷ 車中泊でNGなポイント車中飯について